• HCCnichigo

2020年12月25日ディボーション

列王記 第一 3章  「主のみこころにかなった願い」とは?


「あなたに何を与えようか。願え。」(5節)

 主は突然、夜の夢の中でソロモンに現れて、こう言われた。


 そんなことを、突然、神様が夢の中で現れて問うてこられたら、私たちはどんな願いが出てくるだろうか?個人的なこと、自分自身に関わること…を真っ先に思い浮かべるのが、正直、私たち人間の性かもしれない。


 しかし、この時、偉大な父であり王様であったダビデから王位を継承した新しい王様ソロモンは、神様の問い(招き)にこのように応えたのだ。


「善悪を判断してあなたの民をさばくために、聞き分ける心をしもべに与えてください。」(9節)


 神様の民を、王として正しく治めていくために、ソロモンは「聞き分ける心」を願い求めた。


 その応えに、神はソロモンに仰せられた。

「あなたがこのことを願い、自分のために長寿を願わず、自分のために富を願わず、あなたの敵のいのちさえ願わず、むしろ、自分のために正しい訴えを聞き分ける判断力を願ったので、見よ、わたしはあなたが言ったとおりにする。見よ。わたしはあなたに、知恵と判断の心を与える。…そのうえ、あなたが願わなかったもの、富と誉れもあなたに与える…。」(11~14節)


 イソップ寓話の「金の斧」の話を思い出した。

 主は、私の願いに注目しておられる。みこころにかなった願いがある。それは、どういうことだろう?

 それは「主のみこころにかなった願い」だから、シンプルに主の心と私の心が重なって生じる願いだ。


 ソロモンは、この「主のみこころにかなった願い」を通して、「知恵と判断の心」に加えて、願わなかったもの、富と誉れさえも、神様から約束を頂いた。


 今朝も主の問い(みことば)は響いている。「あなたに何を与えようか。願え。」(5節)

 私もソロモンのように「主のみこころにかなった願い」を、開口一番、応えることができるように、いつも主の御思いを探り、主の心を求めて生きていきたい。そして、私も主から与えられる賜物はすべて、主の栄光のためにお返ししていきたい。そのように語られた朝だった。


神様、

みことばを感謝します。今日、私にも「あなたに何を与えようか。願え。」と問うてくださっていることを感謝します。

あなたのみこころにかなった願いを、御前に差し出すことができるように、いつも私の心をあなたが見張り、あなたの栄光のために生きる者へと、日々、私を導いてください。アーメン。

28回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年1月13日ディボーション

旧約聖書 第一列王記 22章:14節 ミカヤは答えた。 「主は生きておられる。主が私に告げられることを、そのまま述べよう。」 語られたこと: 預言者ミカヤは、他の多くの預言者からイスラエルの王にみんなと口裏合わせをしてほしいと頼まれるが、ミカヤは、神様が語ったことをその通りに告げた。他の節でもイスラエルの王に向かって色々と述べている。 イスラエルの王は、ミカヤにも他の預言者と同様に自分に有利になる

2021年1月12日ディボーション

旧約聖書:Ⅰ列王記21章 『北王国、サマリヤのアハブ王は神から離れる』 敵のアラム王から圧倒的な勝利をしたサマリヤ王、アハブは神様のお蔭でした。始めに預言者を通しての言葉があって、その通りになりました。実際に勝利したのは2回ありました。 その事に気を良くしたアハブ王は、神様と相談をせずに敵の王と和解したのです。神さまは聖絶しようとした敵の王、ナボテを助けてしまいました。神に相談せずに物事を決めたア

2021年1月11日ディボーション

旧約聖書  列王記第一 20章 『神の目に正しい事とは何か』 「主はこう言われる、私が聖絶しようとした者をあなたが逃したので、あなたの命は彼の命の代わりとなり、あなたのためは彼のための代わりとなる」42節 ●学んだこと 人の目に正しい事と神の目に正しい事とは一致しないことがある。それは神が私達の長い人 生を遠くから俯瞰して最善の計画を立ててくれるからである。 この章は10部族を率いるイスラエルの