• HCCnichigo

2020年12月23日ディボーション

列王記 第一 1章


 王は誓って言った。「主は生きておられる。主は私のたましいをあらゆる苦難から贖い出してくださった。私がイスラエルの神、主にかけて、『必ずあなたの子ソロモンが私の跡を継いで王となる。彼が私に代わって王座に就く』とあなたに誓ったとおり、今日、必ずそのとおりにしよう。」 29節~30節

語られたこと:


 アドニヤは、「私が王になる」と言って自分に就くもの達を招き宴会を開いた。でも、アドニヤは王にはなれなかった。それは、ダビデは年老いても、自分がイスラエルの神、主にかけてバテシェバに誓ったことは、忘れずにサムエルをイスラエルの王としたから。王になるっていうことは、祭司と預言者によって油注がれたものでなければならないことは、アドニヤも知っていたことだと思うのに、自分が王になるなんて、それは彼の高慢さがそうさせたのだろう。

 このことは、現代の私達にも当てはまることことではないだろうか。ソロモンは、決して、「私こそ、ダビデの後継者にふさわしい。」と言わずに、静かに

父ダビデが下す判断を待っていたと思う。高慢にならないように、主の御声を聴くことができるように成長していきたい。 


祈り:


 主をほめたたえます。

 天の父なる神様、私は、高慢になって初めて知らされることがたくさんあります。あなたは、私にその都度、悔い改めを起こさせてくださいます。そのことがなければ、先に進むことができません。これからもこの弱い私をどうぞ高慢にならないように助けて下さい。感謝して、主イエスキリストの御名によってお祈りします。アーメン

11回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年1月13日ディボーション

旧約聖書 第一列王記 22章:14節 ミカヤは答えた。 「主は生きておられる。主が私に告げられることを、そのまま述べよう。」 語られたこと: 預言者ミカヤは、他の多くの預言者からイスラエルの王にみんなと口裏合わせをしてほしいと頼まれるが、ミカヤは、神様が語ったことをその通りに告げた。他の節でもイスラエルの王に向かって色々と述べている。 イスラエルの王は、ミカヤにも他の預言者と同様に自分に有利になる

2021年1月12日ディボーション

旧約聖書:Ⅰ列王記21章 『北王国、サマリヤのアハブ王は神から離れる』 敵のアラム王から圧倒的な勝利をしたサマリヤ王、アハブは神様のお蔭でした。始めに預言者を通しての言葉があって、その通りになりました。実際に勝利したのは2回ありました。 その事に気を良くしたアハブ王は、神様と相談をせずに敵の王と和解したのです。神さまは聖絶しようとした敵の王、ナボテを助けてしまいました。神に相談せずに物事を決めたア

2021年1月11日ディボーション

旧約聖書  列王記第一 20章 『神の目に正しい事とは何か』 「主はこう言われる、私が聖絶しようとした者をあなたが逃したので、あなたの命は彼の命の代わりとなり、あなたのためは彼のための代わりとなる」42節 ●学んだこと 人の目に正しい事と神の目に正しい事とは一致しないことがある。それは神が私達の長い人 生を遠くから俯瞰して最善の計画を立ててくれるからである。 この章は10部族を率いるイスラエルの

​【お問合せ先】

お問合せメール:

  ⇒「こちら」をクリックして下さい。

住所: 2207 Oahu Avenue, Honolulu, HI 96822  U.S.A.

 

電話:808-973-4335

© 2020 by Honolulu Christian Church Nichigobu . Proudly created with Wix.com