top of page
  • HCCnichigo

2020年12月22日ディボーション

新約聖書:へブル人への手紙 13章

「生きる中で大事な事」


肉的生活の仕方(5節まで)、信仰生活(17節まで)と分けられていますが、始めは愛を持って人々と和合して生きること、そして指導者を大事にして生きる事です。

 しかし、私たちの本当の指導者はイエス・キリストです。そのイエス様を見ながら、良いものと悪いものをしっかりと見分ける事が大切な生き方です。 この世の指導者ばかりに目を留めない事です。そして、この世の物を大切にしないで何時も霊的な成長が出来るように目を留めるべきです。

イエス様と共に生きていると指導者の惑わされないし、指導者と共に正しい道が歩められます。その為には、しっかりとイエス様との信仰生活によって歩みましょう。それと共にイエス様に時間や、この世の富を捧げましょう。そうしましたら、イエス様の姿や考え方が分かるし、神さまへの賛美が自然と湧いてくるのです。(15節)

しかし、上に書いたような事は誰も簡単に出来る事ではありません。この世の指導者に仕える事とイエス様に仕える事は矛盾しているからです。その様な中で霊的な歩みが出来るように神にお祈りする事と祈り合う事、指導者の為に祈る事が大切です。

ぜひ私のために祈って下さいとへブル人の著者は訴えているのです。お互いに祈り合う事を大祭司イエス様が私たちに求めておられるからのです。


●お祈り

天のお父様、イエス様とその弟子たち、信徒たちに感謝します。ただ良い行いを書いた手紙は人々には何の役に立ちません。しかし、大祭司であるあなたが私たちの先頭に立って苦しみ歩んでくださったことを感謝します。そのお蔭で多くの人が良い行いでは無く、あなたと共に生きようとして苦労されている事が手紙によって明らかになります。

自分に足りない所があったとしても、あなたは共に歩んでおられます。そこであなたから力を得られることを感謝します。また共に歩んでいる信徒たちが励ましあって、助け合って行けるようにお願いします。

 イエス様の御名によってお祈り致します。アーメン

閲覧数:25回

最新記事

すべて表示

2023年7月23日 へブル人への手紙13章

「私たちはイエスを通して、賛美のいけにえ、御名をたたえる唇の果実を、絶えず神にささげようではありませんか。」15節(抜粋) へブル人への手紙の結びの13章で示されたことは15節の「賛美のいけにえ」だった。私たちはイエスの血潮の贖いによって動物や穀物などのいけにえをささげなくても済むようになった。私たちが神にささげるいけにえは心からの賛美である。 賛美とは、教会だけで歌うことではない。賛美とは礼拝で

2023年7月22日 へブル人への手紙 12章

4節~6節「あなたがたは、罪と戦って、まだ血を流すまで抵抗したことがありません。 そして、あなたがたに向かって子どもたちに対するように語られた、この励ましのことばを忘れています。 「わが子よ、主の訓練を軽んじてはならない。 主に叱られて気落ちしてはならない。主はその愛する者を訓練し、 受け入れるすべての子に、 むちを加えられるのだから。」」 私は以前、主に叱られると(別の訳では「懲らしめ」)気落ち

2023年7月21日 へブル人への手紙11章

『信仰とは?』 「さて、信仰とは、望んでいる事柄を確認し、まだ見ていない事実を確認することである。」(1節)と信仰の定義がまず示される。そして旧約聖書に登場する信仰者たちの具体例が挙げられていますが、この代表的な信仰者たちは皆、神様の約束を信頼した人々です。「昔の人たちは、この信仰のゆえに賞賛された」(2節)。 でも、神の存在を認めるだけでは信仰全体の半分までしか進んでいません。もう半分は6節の後

bottom of page