top of page
  • hccnichigo

2020年12月21日ディボーション

新約聖書 ヘブル人への手紙12章


『ランニングコーチ イエス様』


「私たちも、一切の重荷とまとわりつく罪を捨てて、自分の前に置かれている競争を、忍耐を持って走り続けようではありませんか」(1節)

「すべての訓練は、その時は喜ばしいものではなく、かえって苦しく思われるものですが、後になると、これによって鍛えられた人々に、義と言う平安の実を結ばせます。」(11節)


 1節の競走と言う文字を見て最初に思い出したのは、小学生時代、毎年行われたマラソン大会だった。死ぬほど嫌いだった。なぜなら、当時の私は体が弱く、持久力がなく、マラソンどころか短距離走すらしんどい状況だった。

 今、私はまだ人生と言うマラソンを走っている最中なんだ、とこの箇所を読んで思った。どうりで息切れもする。泣き言も言う。訓練の最中だから11節にあるように、嬉しい練習ばかりじゃない。むしろつい最近まで毎晩泣いていた。「もう一人では無理です」と人生というマラソン大会拒否のSOSを叫んでいた。

 しかしそんな時に父なる神様、そしてイエス様はきちんと手を差し伸べて、どの道に進むべきか示してくださる。さまざまな問題があって、全ての問題において道がわかった訳ではない。でもイエス様がいつも一緒に走っていてくださるのだと感じられるような恵みが与えられた。

 「あなた方が神のみこころを行って、約束のものを手に入れるために必要なのは、忍耐です」(ヘブルへの手紙10:36)。走るだけでも私はしんどいのだから、余計な重荷は捨ててイエス様と共に人生というマラソンを天国のゴールまで走り続けたい。


 祈り

 天の父なる神様。今日も御言葉を持って、私を励まし、強めて下さりありがとうございます。貴方が与えてくださる御言葉を通して、私は日々、鍛えられています。挫けそうになる弱い心の私を、どうぞ隣で走るランニングコーチのように導いて下さい。天国のゴールまで、神様の計画の中で走り続けたいです。このお祈り主イエス様のお名前を通し御前に捧げます。アーメン

閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2023年7月23日 へブル人への手紙13章

「私たちはイエスを通して、賛美のいけにえ、御名をたたえる唇の果実を、絶えず神にささげようではありませんか。」15節(抜粋) へブル人への手紙の結びの13章で示されたことは15節の「賛美のいけにえ」だった。私たちはイエスの血潮の贖いによって動物や穀物などのいけにえをささげなくても済むようになった。私たちが神にささげるいけにえは心からの賛美である。 賛美とは、教会だけで歌うことではない。賛美とは礼拝で

2023年7月22日 へブル人への手紙 12章

4節~6節「あなたがたは、罪と戦って、まだ血を流すまで抵抗したことがありません。 そして、あなたがたに向かって子どもたちに対するように語られた、この励ましのことばを忘れています。 「わが子よ、主の訓練を軽んじてはならない。 主に叱られて気落ちしてはならない。主はその愛する者を訓練し、 受け入れるすべての子に、 むちを加えられるのだから。」」 私は以前、主に叱られると(別の訳では「懲らしめ」)気落ち

2023年7月21日 へブル人への手紙11章

『信仰とは?』 「さて、信仰とは、望んでいる事柄を確認し、まだ見ていない事実を確認することである。」(1節)と信仰の定義がまず示される。そして旧約聖書に登場する信仰者たちの具体例が挙げられていますが、この代表的な信仰者たちは皆、神様の約束を信頼した人々です。「昔の人たちは、この信仰のゆえに賞賛された」(2節)。 でも、神の存在を認めるだけでは信仰全体の半分までしか進んでいません。もう半分は6節の後

Comments


bottom of page