• HCCnichigo

2020年12月20日ディボーション

新約聖書 ヘブル人への手紙11章


『見えないものは永遠である』


「さて信仰は、望んでいることを保証し、目には見えないものを確信させるものです」(新改訳)

「さて信仰とは、望んでいる事柄を実体化することであり、見ていない事柄を確認することです」(回復訳)

「信仰とは、望んでいる事柄を確信し、見えない事実を確認することです。」(新共同訳)


 この1節を読んだ時に思い出したのは私の大好きな一冊の本の文句だった。

「大切なものは目に見えないんだよ」サン・テクジュペリの「星の王子様」、主人公の王子様と友達になった狐が王子様に語りかけた言葉だ。

 主を、イエス様を信じて仰ぎ見、待ち望んだ結果、私は沢山の恵みを受けることができた。その恵みの一つはこの命である。私の腎臓は一つ分しか機能していない。そんな体にとって妊娠は非常にリスクを伴う事だった。妊娠中は無事に守られ、産後に大量出血して死にかけたがまだ生かされている。目に見えない神様の愛を毎日感じ、感謝している。

 2節から40節にかけて先人たちの信仰によってもたされた神様の愛の技が沢山記録されている。見えない事実を見るために荒野で四十年さまよったイスラエルの民。しかし最後には約束の地にたどり着いた。この事実を御言葉を通して与えられたことは、現在荒野の中にある私にとって希望の光である。

「私たちは見えるものにではなく、見えないものに目を留めます。見えるものは一時的であり、見えないものは永遠に続くからです」(コリント人への手紙 第二4:18)。目に見えないものは誰にも奪われない、私と神様だけの約束。神様の御心が分かるよう毎日、目を開き、耳を開き歩んでいきたい。


●祈り

 天の父なる神様。私が貴方を信じる前から、私に沢山の目には見えない愛を注いでくださり、ここまで導いてくださいました。ありがとうございます。形あるものは壊れます。しかし、あなたの愛は目に見えなくても心に沢山溢れます。荒野の中にあっても、私が挫けそうになった時、困難にある時にあなたは愛を注いでくださいます。先人たちのように私も貴方に頂いた愛によって、強められ歩むことができます。どうかこれからも貴方の愛を一つも漏らす事なく感じることが出来る人格にしてください。イエス様のお名前を通して御前にお捧げいたします。アーメン。

13回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020年12月31日ディボーション

旧約聖書:1列王記9章 ソロモン王は、20年を費やして主の宮と王宮を完成させた。主の宮が完成した後、まずしたことが契約の箱を運び入れることであった。契約の箱は、まさに神がここに住まわれることの徴であり、臨在の象徴であった。主の宮とは、この契約の箱を運び入れるために造られたのだ。だから主の宮の奉献式において「主の栄光が主の宮に満ちた」(8:11)のである。そして9章においては、支配地域の整理を行い、

2020年12月30日ディボーション

第一列王記 8章 語られたこと: 主の契約の箱が、イスラエルの長老たち、部族のかしらたちと一族の長たちがソロモンのもとに召集して、幕屋から神殿に運ばれた。ダビデの時は契約の箱を運ぶ時は牛を使って運んだ(第二サムエル記6章6~7節)。運んでいる時に牛がよろめいたために、ウザは神の箱に手を伸ばして、それをつかんだために神の怒りがウザに向かって、その場で打たれた。 ソロモンは、主の契約の箱を運ぶ人達は誰

2020年12月28日ディボーション

旧約聖書 列王記第一6章 『480年目に七年かけて出来た主の宮』 「イスラエル人がエジプトの地を出てから四百八十年目、ソロモンがイスラエルの王となってから四年目のジブの月、すなわち第二の月に、ソロモンは主の家の建築に取りかかった」1節 ●学んだ事、語られた事 1節にサラッと「480年かけて…」と書かれ、そして2節では神殿の長さ60キュビト(1キュビト約50cmにて、約30m)、幅20キュビト(10

​【お問合せ先】

お問合せメール:

  ⇒「こちら」をクリックして下さい。

住所: 2207 Oahu Avenue, Honolulu, HI 96822  U.S.A.

 

電話:808-973-4335

© 2020 by Honolulu Christian Church Nichigobu . Proudly created with Wix.com