• HCCnichigo

2020年12月2日ディボーション

サムエル記第二 17章


「主は、アヒトフェルの助言を阻止するためにフシャイをお使いになられる。」


●語られたこと


 ダビデは苦難の中にいても神の介入によって多くの家来達、友人、知人達から助けられる。これは、まさにダビデの神を信頼し従っていく彼の心のあらわれが神に、又、多くの人々に助けられる動機につながって行ったものだと思わされる。

 主は、優秀なアヒトフェルの助言を、アブサロムや長老達の判断力を完全に閉ざされて、フシャイの助言が優先されるようにされた。これは、主がアブサロムにわざわいをもたらすためだった。

15章31節で、ダビデの優秀な家来の一人だったアヒトフェルは、ダビデを裏切ってダビデの息子アブサロムに就いた。ダビデのその時の心境は悔しかったと思う。ダビデは、その時に神に叫んでいる。

「主よ、どうかアヒトフェルの助言を愚かなものにしてください。」

 というダビデの祈りを主は聞かれておられた。この祈りは、この章で完全に成就された。アヒトフェルは自分の助言が実行されなかったために首をくくって死んだ。神から油注がれたものを裏切るということは、神への裏切りでもある。ユダにしてもこのアヒトフェルにしても罪の買い取りが砕かれた悔いた心でなくて自死に至ったわけである。

 でも、シモンは違った。三度もイエス様を否むが、主に悔い改めて立ち上がることができた。これが私達クリスチャンの原点になる神への悔い改めにつながることだと思う。


●祈り


 愛する天のお父様、今日、あなたから私に与えられたみことばを感謝します。改めて、主の前に悔い改めをすることがどれだけ大事であるかを知りました。私は、あなたなしではなんにもできない弱い者です。私には、常にあなたが必要です。罪をおかしても、ダビデのように大胆に悔い改めてあなたを仰ぎみることができますように助けてください。

 感謝して、主イエスキリストのみなによってお祈りします。 アーメン

18回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020年12月31日ディボーション

旧約聖書:1列王記9章 ソロモン王は、20年を費やして主の宮と王宮を完成させた。主の宮が完成した後、まずしたことが契約の箱を運び入れることであった。契約の箱は、まさに神がここに住まわれることの徴であり、臨在の象徴であった。主の宮とは、この契約の箱を運び入れるために造られたのだ。だから主の宮の奉献式において「主の栄光が主の宮に満ちた」(8:11)のである。そして9章においては、支配地域の整理を行い、

2020年12月30日ディボーション

第一列王記 8章 語られたこと: 主の契約の箱が、イスラエルの長老たち、部族のかしらたちと一族の長たちがソロモンのもとに召集して、幕屋から神殿に運ばれた。ダビデの時は契約の箱を運ぶ時は牛を使って運んだ(第二サムエル記6章6~7節)。運んでいる時に牛がよろめいたために、ウザは神の箱に手を伸ばして、それをつかんだために神の怒りがウザに向かって、その場で打たれた。 ソロモンは、主の契約の箱を運ぶ人達は誰

2020年12月28日ディボーション

旧約聖書 列王記第一6章 『480年目に七年かけて出来た主の宮』 「イスラエル人がエジプトの地を出てから四百八十年目、ソロモンがイスラエルの王となってから四年目のジブの月、すなわち第二の月に、ソロモンは主の家の建築に取りかかった」1節 ●学んだ事、語られた事 1節にサラッと「480年かけて…」と書かれ、そして2節では神殿の長さ60キュビト(1キュビト約50cmにて、約30m)、幅20キュビト(10