• HCCnichigo

2020年12月19日ディボーション

ヘブル人への手紙 10章


『誓い合ったkeep in touch』


気づき:


 教会の大切な姉妹が日本に本帰国した。その数日前に彼女はカハラの海で 2度目の洗礼を受けた。私たちは仲間3人で洗礼式に加わり、服まで海に浸かって祈り、神さまの大きな恵みを受け取ることができた。

 日本に着くやいなや、姉妹からLINEメッセージが届き、洗礼式の写真を沢山シェアしながら、「離れていてもずっと一緒」の思いを書き込み続けた。

 その中に「これからもkeep in touchでよろしく!」とあり、すぐさま「keep in touchって言葉好き!」とチャット返しされた。


ヘブル人10:25「~自分たちの集まりをやめたりせず、むしろ励ましあいましょう」

“集まり”はキリストをかしらとした教会での礼拝で、“励ましあい”は交わりだ。

 私たちのチャットの中のkeep in touchは、単に連絡を取り合うというのではなく、「神さまのもとで交わり合おうね」、という強いつながりの意味だった。

LINEでもZOOMでもいい、touchするほど親密に、神さまの元で寄り添おうね、という誓いだ。

 イエスさまは「二人でも三人でも、わたしの名において集まるところには、わたしもその中にいるからです」と、約束されたのだから(マタイ18:20)。


 それにしてもヘブル人の記者は、旧約から教会時代から終末再臨までの壮大な物語と奥義を、すごい動体視力で見渡しているなあ。老眼の身にはクラクラヨロヨロです。


祈り:

 天のお父さま、イエスさまの血によって、大胆にまことの聖所に入ることをおゆるしくださり、ありがとうございます。どうかもっと真心で神さまに近づくことができますよう、憐れんでください。なん度でも十字架の血潮で、私の罪を清めてください。

 イエスさまのお名前で祈ります。アーメン

36回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020年12月31日ディボーション

旧約聖書:1列王記9章 ソロモン王は、20年を費やして主の宮と王宮を完成させた。主の宮が完成した後、まずしたことが契約の箱を運び入れることであった。契約の箱は、まさに神がここに住まわれることの徴であり、臨在の象徴であった。主の宮とは、この契約の箱を運び入れるために造られたのだ。だから主の宮の奉献式において「主の栄光が主の宮に満ちた」(8:11)のである。そして9章においては、支配地域の整理を行い、

2020年12月30日ディボーション

第一列王記 8章 語られたこと: 主の契約の箱が、イスラエルの長老たち、部族のかしらたちと一族の長たちがソロモンのもとに召集して、幕屋から神殿に運ばれた。ダビデの時は契約の箱を運ぶ時は牛を使って運んだ(第二サムエル記6章6~7節)。運んでいる時に牛がよろめいたために、ウザは神の箱に手を伸ばして、それをつかんだために神の怒りがウザに向かって、その場で打たれた。 ソロモンは、主の契約の箱を運ぶ人達は誰

2020年12月28日ディボーション

旧約聖書 列王記第一6章 『480年目に七年かけて出来た主の宮』 「イスラエル人がエジプトの地を出てから四百八十年目、ソロモンがイスラエルの王となってから四年目のジブの月、すなわち第二の月に、ソロモンは主の家の建築に取りかかった」1節 ●学んだ事、語られた事 1節にサラッと「480年かけて…」と書かれ、そして2節では神殿の長さ60キュビト(1キュビト約50cmにて、約30m)、幅20キュビト(10