• HCCnichigo

2020年12月18日ディボーション

ヘブル人への手紙9章  大祭司としてのイエス様


 キリストは、それまで地上に存在していた幕屋ではなく、この世のものではない、もっと偉大な、もっと完全な幕屋を大祭司として通り、ご自身の十字架による永遠の贖いを成し遂げられた。(11~12節)


 ヘブル書の著者は、鮮やかなまでに主イエス・キリストを説き明かす。難解ではあるが、旧約とのつながりを知ると、神のご計画の深さに圧倒される。

 この度、ヘブル書を通読していてよく思い巡らすのは、大祭司としてのイエス様だ。


 前例にないこの大祭司は、動物も携えず、その身一つで聖所に入って行かれた。そして、天の御国をこの地に解き放ったお方だ。


 14節のみことばが響いている。

 主イエス様の血潮は、罪の赦しだけにとどまらない。私たちの行いを変える。神に仕える真の礼拝者へと造り変える。


大祭司なる主よ、

あなたの血潮を受け取ります。あなたの十字架による贖いを感謝します。

私をもきよめて、あなたに仕える礼拝者へと成さしめてください。


このクリスマスシーズン、28節のみことばを覚えます。

あなたは一度、私の罪を負うために、この地上に来てくださいました。

そして今、私は待ち望みます。あなたの救いの日、二度目の現れを。アーメン。

25回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020年12月31日ディボーション

旧約聖書:1列王記9章 ソロモン王は、20年を費やして主の宮と王宮を完成させた。主の宮が完成した後、まずしたことが契約の箱を運び入れることであった。契約の箱は、まさに神がここに住まわれることの徴であり、臨在の象徴であった。主の宮とは、この契約の箱を運び入れるために造られたのだ。だから主の宮の奉献式において「主の栄光が主の宮に満ちた」(8:11)のである。そして9章においては、支配地域の整理を行い、

2020年12月30日ディボーション

第一列王記 8章 語られたこと: 主の契約の箱が、イスラエルの長老たち、部族のかしらたちと一族の長たちがソロモンのもとに召集して、幕屋から神殿に運ばれた。ダビデの時は契約の箱を運ぶ時は牛を使って運んだ(第二サムエル記6章6~7節)。運んでいる時に牛がよろめいたために、ウザは神の箱に手を伸ばして、それをつかんだために神の怒りがウザに向かって、その場で打たれた。 ソロモンは、主の契約の箱を運ぶ人達は誰

2020年12月28日ディボーション

旧約聖書 列王記第一6章 『480年目に七年かけて出来た主の宮』 「イスラエル人がエジプトの地を出てから四百八十年目、ソロモンがイスラエルの王となってから四年目のジブの月、すなわち第二の月に、ソロモンは主の家の建築に取りかかった」1節 ●学んだ事、語られた事 1節にサラッと「480年かけて…」と書かれ、そして2節では神殿の長さ60キュビト(1キュビト約50cmにて、約30m)、幅20キュビト(10

​【お問合せ先】

お問合せメール:

  ⇒「こちら」をクリックして下さい。

住所: 2207 Oahu Avenue, Honolulu, HI 96822  U.S.A.

 

電話:808-973-4335

© 2020 by Honolulu Christian Church Nichigobu . Proudly created with Wix.com