• HCCnichigo

2020年12月16日ディボーション

へブル人への手紙 7章


『神の権威によって祭司となったイエス様は永遠に祭司職があたえられる。』


語られたこと:


 どんなにすぐれたメルキゼデクや他者の祭司達も神の権威によって祭司にならなければ、死というのがあるので永遠の祭司職をもつことができない。イエスキリスト、お一人だけが永遠の祭司職を持続することができるお方である。

 私達の罪の為に自ら十字架に架かり死なれたお方こそ、神の権威が与られる唯一のお方である。イエス様が神からあたえられた権威により、私達は罪から完全に解放された。

 そして、イエス様は、今も神の右の座におられて、私達の為にとりなしをしてくださっておられる。なんと感謝なことではないでしょうか。私達の日々の出来事をずっとご覧になっておられる。辛い時、悲しい時、心が打ちひしがれた時、希望が失われた時、いつでもイエス様はずっと私達の為にとりなしてくださっておられる。

 私達は、そういう権威ある大祭司が今もこれからもずっと私達が死ぬまで、私達と共にいて下さり、とりなして下さっておられる。なんとすばらしい神の恵みでしょうか。私達もその大祭司に、日々の祈りを通して、大胆になんでも発言し、近づいていき信仰の道からぶれないようにして成長していきたいと願う。


祈り:

 愛する私たちの神様、あなたの尊い御名を心からほめたたえます。

私達に、永遠に存在しておられる、今もこれからもずっと私達の為にとりなしておられるイエス様を与えて下さって心から感謝します。

 信仰の弱い私の為に、今もこれからもずっと、この世を去る時がくるまで、

とりなし、祈っててくださっておられることをありがとうございます。あなたへの信仰の道からはずれないようにどうぞ日々導き助けて下さい。

 感謝して、主イエスキリストの御名によって祈ります。 アーメン

12回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020年12月31日ディボーション

旧約聖書:1列王記9章 ソロモン王は、20年を費やして主の宮と王宮を完成させた。主の宮が完成した後、まずしたことが契約の箱を運び入れることであった。契約の箱は、まさに神がここに住まわれることの徴であり、臨在の象徴であった。主の宮とは、この契約の箱を運び入れるために造られたのだ。だから主の宮の奉献式において「主の栄光が主の宮に満ちた」(8:11)のである。そして9章においては、支配地域の整理を行い、

2020年12月30日ディボーション

第一列王記 8章 語られたこと: 主の契約の箱が、イスラエルの長老たち、部族のかしらたちと一族の長たちがソロモンのもとに召集して、幕屋から神殿に運ばれた。ダビデの時は契約の箱を運ぶ時は牛を使って運んだ(第二サムエル記6章6~7節)。運んでいる時に牛がよろめいたために、ウザは神の箱に手を伸ばして、それをつかんだために神の怒りがウザに向かって、その場で打たれた。 ソロモンは、主の契約の箱を運ぶ人達は誰

2020年12月28日ディボーション

旧約聖書 列王記第一6章 『480年目に七年かけて出来た主の宮』 「イスラエル人がエジプトの地を出てから四百八十年目、ソロモンがイスラエルの王となってから四年目のジブの月、すなわち第二の月に、ソロモンは主の家の建築に取りかかった」1節 ●学んだ事、語られた事 1節にサラッと「480年かけて…」と書かれ、そして2節では神殿の長さ60キュビト(1キュビト約50cmにて、約30m)、幅20キュビト(10