top of page
  • hccnichigo

2020年12月16日ディボーション

へブル人への手紙 7章


『神の権威によって祭司となったイエス様は永遠に祭司職があたえられる。』


語られたこと:


 どんなにすぐれたメルキゼデクや他者の祭司達も神の権威によって祭司にならなければ、死というのがあるので永遠の祭司職をもつことができない。イエスキリスト、お一人だけが永遠の祭司職を持続することができるお方である。

 私達の罪の為に自ら十字架に架かり死なれたお方こそ、神の権威が与られる唯一のお方である。イエス様が神からあたえられた権威により、私達は罪から完全に解放された。

 そして、イエス様は、今も神の右の座におられて、私達の為にとりなしをしてくださっておられる。なんと感謝なことではないでしょうか。私達の日々の出来事をずっとご覧になっておられる。辛い時、悲しい時、心が打ちひしがれた時、希望が失われた時、いつでもイエス様はずっと私達の為にとりなしてくださっておられる。

 私達は、そういう権威ある大祭司が今もこれからもずっと私達が死ぬまで、私達と共にいて下さり、とりなして下さっておられる。なんとすばらしい神の恵みでしょうか。私達もその大祭司に、日々の祈りを通して、大胆になんでも発言し、近づいていき信仰の道からぶれないようにして成長していきたいと願う。


祈り:

 愛する私たちの神様、あなたの尊い御名を心からほめたたえます。

私達に、永遠に存在しておられる、今もこれからもずっと私達の為にとりなしておられるイエス様を与えて下さって心から感謝します。

 信仰の弱い私の為に、今もこれからもずっと、この世を去る時がくるまで、

とりなし、祈っててくださっておられることをありがとうございます。あなたへの信仰の道からはずれないようにどうぞ日々導き助けて下さい。

 感謝して、主イエスキリストの御名によって祈ります。 アーメン

閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2023年7月23日 へブル人への手紙13章

「私たちはイエスを通して、賛美のいけにえ、御名をたたえる唇の果実を、絶えず神にささげようではありませんか。」15節(抜粋) へブル人への手紙の結びの13章で示されたことは15節の「賛美のいけにえ」だった。私たちはイエスの血潮の贖いによって動物や穀物などのいけにえをささげなくても済むようになった。私たちが神にささげるいけにえは心からの賛美である。 賛美とは、教会だけで歌うことではない。賛美とは礼拝で

2023年7月22日 へブル人への手紙 12章

4節~6節「あなたがたは、罪と戦って、まだ血を流すまで抵抗したことがありません。 そして、あなたがたに向かって子どもたちに対するように語られた、この励ましのことばを忘れています。 「わが子よ、主の訓練を軽んじてはならない。 主に叱られて気落ちしてはならない。主はその愛する者を訓練し、 受け入れるすべての子に、 むちを加えられるのだから。」」 私は以前、主に叱られると(別の訳では「懲らしめ」)気落ち

2023年7月21日 へブル人への手紙11章

『信仰とは?』 「さて、信仰とは、望んでいる事柄を確認し、まだ見ていない事実を確認することである。」(1節)と信仰の定義がまず示される。そして旧約聖書に登場する信仰者たちの具体例が挙げられていますが、この代表的な信仰者たちは皆、神様の約束を信頼した人々です。「昔の人たちは、この信仰のゆえに賞賛された」(2節)。 でも、神の存在を認めるだけでは信仰全体の半分までしか進んでいません。もう半分は6節の後

Comments


bottom of page