• HCCnichigo

2020年12月14日ディボーション

新約聖書 ガラテヤ人への手紙 5章22−23節

「痩せた枝か?それとも豊潤な実がなる枝か?」


「しかし、御霊の実は、愛、喜び、平安、寛容、親切、善意、誠実、柔和、自制です。このようなものに反対する律法はありません。」


☆考えたこと。

 大好きな歌のフレーズがある。「主は葡萄の木、私は枝です。いつも離れずに……」ヨハネの福音書15章5節の文章からの歌詞で、とっても素敵なイエス様の教え。「人が私にとどまり、私もその人にとどまっているなら、その人は多くの実を結びます」と教えは続く。

 さて…、私には実が付いているのか?といつも思う。2013年と2014年の年度聖句に選ばれた箇所。読むたびに、自分の足りなさを見せつけられて苦しい。

 勉強会の中で「イエス様を信じると誓った洗礼によって私たちは生まれ変わった。古い自分は葬られたから、今の貴方は新しい自分だ」と習ったが、古い自分はまだまだ心の奥に根を囃していて、時々芽を出して私の心の中でモヤモヤと嫌な気分を作る。本当に考えれば考えるほど自分でどうすれば良いか分からなくなって気分が悪くなる。でもその感情すらも神様の前に出して良い、隠さず表現して良いと習った。そうすることで、神様が神様の愛を持って私の心の中の古い目を摘んでくれるとのこと。

 最近、除草用のレンタル山羊が日本で流行っているらしい。父なる神様とイエス様は羊飼いだから私の心に羊を放して、古い芽を羊に食べてくれるよう命じてくださるに違いない。いつか悪い芽が聖なる羊に食べ尽くされて、新しい御霊の実の芽を生やして美味しい葡萄がなると良いなと思った。羊が食べてくれている。イエス様の羊が私のペット、と思うと明るく考えられる。嬉しくなる。こうやって、苦痛から脱出する術をいつも教えてくれる神様。本当に素晴らしい。御信者の友人たちに伝えたい。


☆祈り

 天の父なる神様。今日も沢山の学びを兄弟姉妹と共に持てた事を心から感謝いたします。あなたの愛、どこにでもあります。でも雨が降ると雑草が一気に伸びるが如く、時々、私の心の中にも古い自分と言う雑草が生えて、あなたの声に耳を傾ける事ができなくなる時があります。しかし、今日の学びであなたがそれを刈り取ってくださる事を学びました。ありがとうございます。雑草が生えすぎた時は、「羊を沢山放ってください!」と叫びますのでどうぞ私も助けて下さい。そして、いつか御霊の実と言う葡萄の実が痩せた私の枝に豊潤になる日を待ち望みます。アーメン。

13回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020年12月31日ディボーション

旧約聖書:1列王記9章 ソロモン王は、20年を費やして主の宮と王宮を完成させた。主の宮が完成した後、まずしたことが契約の箱を運び入れることであった。契約の箱は、まさに神がここに住まわれることの徴であり、臨在の象徴であった。主の宮とは、この契約の箱を運び入れるために造られたのだ。だから主の宮の奉献式において「主の栄光が主の宮に満ちた」(8:11)のである。そして9章においては、支配地域の整理を行い、

2020年12月30日ディボーション

第一列王記 8章 語られたこと: 主の契約の箱が、イスラエルの長老たち、部族のかしらたちと一族の長たちがソロモンのもとに召集して、幕屋から神殿に運ばれた。ダビデの時は契約の箱を運ぶ時は牛を使って運んだ(第二サムエル記6章6~7節)。運んでいる時に牛がよろめいたために、ウザは神の箱に手を伸ばして、それをつかんだために神の怒りがウザに向かって、その場で打たれた。 ソロモンは、主の契約の箱を運ぶ人達は誰

2020年12月28日ディボーション

旧約聖書 列王記第一6章 『480年目に七年かけて出来た主の宮』 「イスラエル人がエジプトの地を出てから四百八十年目、ソロモンがイスラエルの王となってから四年目のジブの月、すなわち第二の月に、ソロモンは主の家の建築に取りかかった」1節 ●学んだ事、語られた事 1節にサラッと「480年かけて…」と書かれ、そして2節では神殿の長さ60キュビト(1キュビト約50cmにて、約30m)、幅20キュビト(10

​【お問合せ先】

お問合せメール:

  ⇒「こちら」をクリックして下さい。

住所: 2207 Oahu Avenue, Honolulu, HI 96822  U.S.A.

 

電話:808-973-4335

© 2020 by Honolulu Christian Church Nichigobu . Proudly created with Wix.com