• HCCnichigo

2020年12月12日ディボーション

ヘブル人への手紙 3章

『マンネリにご用心』


学び:


 3章は“よく考えなさい”という出だしで始まる。なにを考える? イエスさまはどんなお方なのか、なにを行ったのかを考える。イエスさまをよ~く考えた上で、イエスさまにあって、確信と、希望による誇りにあずかろうと説く。

3:7と15 「今日、もし御声を聞くなら、あなたがたの心を頑なにしてはならない。」と、2回も繰り返す。

 出エジプトで、主に逆らったり、御声を聞かなかった先祖の不安と傲慢を繰り返してはならないと。自分はもう知っているとマンネリ化し、今日与えられる新しい御声をスルーしてはならないと、旧約を用いながら端的に語る。

 この手紙の著者の名はわからないけれど、“イエスはキリストである”ことの相当な研究者だ。私たちの信仰を問うとか、伝道をしなさいとか言うよりまず、イエス自身を知ってほしいとの思いが強い。

 学究肌らしく、硬い筆致で“御子”語りをする。書生さんのように、詰襟で、正座して。イエスさまを永遠の大祭司として、1ミリの隙もないほどに高く高く仰ぎ崇拝している。なんかその、青い感じがいいなあ~。続きが楽しみ!


祈り:


 イエスさま、あなたをイエスさまと当たり前のように呼びかけているけれど、私はどれだけイエスさまを知っているのでしょうか?

 かかとの角質のように、いつのまにか心も鈍化している時があるような気がします。“主の祈り”をマンネリで唱えている自分にぞっとします。

 愛される喜びを日々新しく感じられますように、十字架の重さを日々深められる成長が与えられますように。シミやシワが増えても、神さまを求める心だけは真っさらでいられますように。

 イエス・キリストの御名で祈ります。アーメン

31回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020年12月31日ディボーション

旧約聖書:1列王記9章 ソロモン王は、20年を費やして主の宮と王宮を完成させた。主の宮が完成した後、まずしたことが契約の箱を運び入れることであった。契約の箱は、まさに神がここに住まわれることの徴であり、臨在の象徴であった。主の宮とは、この契約の箱を運び入れるために造られたのだ。だから主の宮の奉献式において「主の栄光が主の宮に満ちた」(8:11)のである。そして9章においては、支配地域の整理を行い、

2020年12月30日ディボーション

第一列王記 8章 語られたこと: 主の契約の箱が、イスラエルの長老たち、部族のかしらたちと一族の長たちがソロモンのもとに召集して、幕屋から神殿に運ばれた。ダビデの時は契約の箱を運ぶ時は牛を使って運んだ(第二サムエル記6章6~7節)。運んでいる時に牛がよろめいたために、ウザは神の箱に手を伸ばして、それをつかんだために神の怒りがウザに向かって、その場で打たれた。 ソロモンは、主の契約の箱を運ぶ人達は誰

2020年12月28日ディボーション

旧約聖書 列王記第一6章 『480年目に七年かけて出来た主の宮』 「イスラエル人がエジプトの地を出てから四百八十年目、ソロモンがイスラエルの王となってから四年目のジブの月、すなわち第二の月に、ソロモンは主の家の建築に取りかかった」1節 ●学んだ事、語られた事 1節にサラッと「480年かけて…」と書かれ、そして2節では神殿の長さ60キュビト(1キュビト約50cmにて、約30m)、幅20キュビト(10