top of page
  • HCCnichigo

2020年12月11日ディボーション

ヘブル人への手紙2章   

神の憐れみ ~救いの創始者は私たちのもとに遣わされた~


9~11節

 イエスは死の苦しみのゆえに、栄光と誉れの冠を受けられました。その死は、神の恵みによって、すべての人のために味わわれたものです。

 多くの子たちを栄光に導くために、彼らの救いの創始者を多くの苦しみを通して完全な者とされたのは、万物の存在の目的であり、また原因でもある神に、ふさわしいことであったのです。

 聖とする方も、聖とされる者たちも、みな一人の方から出ています。


 ここにある「すべての人のために…」の中に、私がいる。「多くの子たちを…」の中に、私がいる。

 私たちに向けられている神様の憐れみとは、何と深いのだろう。愛する御子を献げるほどの愛とは、痛々しいまでに一方的に注ぎ込む愛である。

 神の愛が私にも迫ってくる。万物を造り、今も治めて導いておられる神の計画、その愛の深さに圧倒される。


 今日は、主イエス様にあって、神の聖を生きることのできる祝福をじっくり味わい、過ごしたいと思う。


天のお父様、

あなたの聖なる御名をほめたたえます。

私のために…、私をあなたの子として導くために…、そのあなたの真実を思うときに、聖名を畏れます。ただただ感謝が溢れ、あなたの前にひれ伏します。

あなたの聖を生きることができるように、今日も私を整え、導いてください。アーメン。

閲覧数:25回

最新記事

すべて表示

2023年7月23日 へブル人への手紙13章

「私たちはイエスを通して、賛美のいけにえ、御名をたたえる唇の果実を、絶えず神にささげようではありませんか。」15節(抜粋) へブル人への手紙の結びの13章で示されたことは15節の「賛美のいけにえ」だった。私たちはイエスの血潮の贖いによって動物や穀物などのいけにえをささげなくても済むようになった。私たちが神にささげるいけにえは心からの賛美である。 賛美とは、教会だけで歌うことではない。賛美とは礼拝で

2023年7月22日 へブル人への手紙 12章

4節~6節「あなたがたは、罪と戦って、まだ血を流すまで抵抗したことがありません。 そして、あなたがたに向かって子どもたちに対するように語られた、この励ましのことばを忘れています。 「わが子よ、主の訓練を軽んじてはならない。 主に叱られて気落ちしてはならない。主はその愛する者を訓練し、 受け入れるすべての子に、 むちを加えられるのだから。」」 私は以前、主に叱られると(別の訳では「懲らしめ」)気落ち

2023年7月21日 へブル人への手紙11章

『信仰とは?』 「さて、信仰とは、望んでいる事柄を確認し、まだ見ていない事実を確認することである。」(1節)と信仰の定義がまず示される。そして旧約聖書に登場する信仰者たちの具体例が挙げられていますが、この代表的な信仰者たちは皆、神様の約束を信頼した人々です。「昔の人たちは、この信仰のゆえに賞賛された」(2節)。 でも、神の存在を認めるだけでは信仰全体の半分までしか進んでいません。もう半分は6節の後

bottom of page