• HCCnichigo

2020年12月11日ディボーション

ヘブル人への手紙2章   

神の憐れみ ~救いの創始者は私たちのもとに遣わされた~


9~11節

 イエスは死の苦しみのゆえに、栄光と誉れの冠を受けられました。その死は、神の恵みによって、すべての人のために味わわれたものです。

 多くの子たちを栄光に導くために、彼らの救いの創始者を多くの苦しみを通して完全な者とされたのは、万物の存在の目的であり、また原因でもある神に、ふさわしいことであったのです。

 聖とする方も、聖とされる者たちも、みな一人の方から出ています。


 ここにある「すべての人のために…」の中に、私がいる。「多くの子たちを…」の中に、私がいる。

 私たちに向けられている神様の憐れみとは、何と深いのだろう。愛する御子を献げるほどの愛とは、痛々しいまでに一方的に注ぎ込む愛である。

 神の愛が私にも迫ってくる。万物を造り、今も治めて導いておられる神の計画、その愛の深さに圧倒される。


 今日は、主イエス様にあって、神の聖を生きることのできる祝福をじっくり味わい、過ごしたいと思う。


天のお父様、

あなたの聖なる御名をほめたたえます。

私のために…、私をあなたの子として導くために…、そのあなたの真実を思うときに、聖名を畏れます。ただただ感謝が溢れ、あなたの前にひれ伏します。

あなたの聖を生きることができるように、今日も私を整え、導いてください。アーメン。

22回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020年12月31日ディボーション

旧約聖書:1列王記9章 ソロモン王は、20年を費やして主の宮と王宮を完成させた。主の宮が完成した後、まずしたことが契約の箱を運び入れることであった。契約の箱は、まさに神がここに住まわれることの徴であり、臨在の象徴であった。主の宮とは、この契約の箱を運び入れるために造られたのだ。だから主の宮の奉献式において「主の栄光が主の宮に満ちた」(8:11)のである。そして9章においては、支配地域の整理を行い、

2020年12月30日ディボーション

第一列王記 8章 語られたこと: 主の契約の箱が、イスラエルの長老たち、部族のかしらたちと一族の長たちがソロモンのもとに召集して、幕屋から神殿に運ばれた。ダビデの時は契約の箱を運ぶ時は牛を使って運んだ(第二サムエル記6章6~7節)。運んでいる時に牛がよろめいたために、ウザは神の箱に手を伸ばして、それをつかんだために神の怒りがウザに向かって、その場で打たれた。 ソロモンは、主の契約の箱を運ぶ人達は誰

2020年12月28日ディボーション

旧約聖書 列王記第一6章 『480年目に七年かけて出来た主の宮』 「イスラエル人がエジプトの地を出てから四百八十年目、ソロモンがイスラエルの王となってから四年目のジブの月、すなわち第二の月に、ソロモンは主の家の建築に取りかかった」1節 ●学んだ事、語られた事 1節にサラッと「480年かけて…」と書かれ、そして2節では神殿の長さ60キュビト(1キュビト約50cmにて、約30m)、幅20キュビト(10

​【お問合せ先】

お問合せメール:

  ⇒「こちら」をクリックして下さい。

住所: 2207 Oahu Avenue, Honolulu, HI 96822  U.S.A.

 

電話:808-973-4335

© 2020 by Honolulu Christian Church Nichigobu . Proudly created with Wix.com