• HCCnichigo

2020年11月7日ディボーション

サムエル記第一 27章

「荒野の迷走」


 すぐ前の26章では、サウルを前にダビデは毅然と対峙していた。

「私は、主に油注がれた方に、この手を下したくはありませんでした。」(サムエル一26:23)

 なのに心の中では「私はいつか、今にサウルの手によって滅ぼされるだろう。」(サムエル一27:1)と、ビビりまくっているというのが27章の始まりだ。

 ダビデは主を忘れ、肉の自分だけで策をめぐらす。敵地、ペリシテ人の地に逃げ込めば、サウルは手を出せないだろう……。そしてペリシテ人のアキシュ王の領地に逃げ込んだ。

 あれっ? アキシュ王って21章でも出てきた人物だ。あの時ダビデはなんと、アキシュ王の威厳を恐れ、よだれを垂らして狂ったふりをした。

 そんな醜態をさらした王の元にまた行くなんて恥ずかしくないのか? しかも、領地までおねだりするとは。アキシュさま、あなたの王国の都に住むのは畏れ多いことなので、私には地方の町の一つをください、と。まあなんと図々しいこと!

 挙句に、襲撃地や戦果をうやむやに報告し続け、王の信頼を得ようとまでする。

 少年ダビデが巨人ゴリアテと戦った時、サウルが渡したかぶとも剣も必要とせず、丸腰で倒した勇者が、21章ではゴリアテの剣を欲し、モノに頼り、主を忘れて恐怖におののいた。この27章でも主を仰ぎ見ることはなく、肉のダビデは荒野で迷走する。

 メシアの系譜、ダビデでさえ! 自分の中の“すさみ”をおぼえます。


祈り

 あわれみ深い神さま、私たちは信仰のアップダウンの中で暮らしています。それを忍耐強く見守ってくださって、ありがとうございます。

 主を見上げる方角を見失いそうになった時、どうか、できれば少しでも早く軌道修正の導きをしてください。

 ピンチにある時こそ、主の御名をあがめ讃えられますように。

 イエスさまのお名前で感謝して祈ります。アーメン

12回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020年11月30日ディボーション

旧約聖書 サムエル記第二 15章 『ダビデ、泣きながら悔い改める』 26節「もし主が『あなたはわたしの心にかなわない』と言われるなら、どうか、主が良いと思われることをこの私にしてくださるように」 ●学んだこと、感じたこと 世の中様々な人がいる。その中でも人の助言に耳を開く人とそうでない人がいる。後者はダビデのように、痛い目に遭わないと自分が犯した罪に気がつかない。私もかつてはそうだった。 ダビデの

2020年11月29日ディボーション

サムエル記第二 14章 『ダビデもやっぱり親バカだった』 14節「神は命を取り去れられるのではなく、追放された者が神から投げ出されないように道を考えてくださいます」 ●語られたこと 出来の悪い子ほどかわいい、と良く言うがダビデもやはり同じだったようだ。異母弟を殺したアブサロムは父の怒りを恐れて逃亡生活に入る。(13章38節)しかしダビデは王である前にアブサロムの父として、彼に会いたいと思っていた。

2020年11月28日ディボーション

旧約聖書 サムエル記第二 13章 『王室スキャンダル』 触れられたこと: 昨日は投稿された12章のディボーションを想いながら、感謝祭の一日を過ごした。 それは書き出しから単刀直入に、神さまの前に心を注ぎだしていた。 「バテ・シェバが誰よりも苦しかったと思う。」と。 「ダビデ王ばかりがピックアップされているが、私にはバテ・シェバの悲しみ、苦しみが痛切に伝わってくる。」のだと。 “痛切”は、一瞬の感覚