top of page
  • hccnichigo

2020年11月7日ディボーション

サムエル記第一 27章

「荒野の迷走」


 すぐ前の26章では、サウルを前にダビデは毅然と対峙していた。

「私は、主に油注がれた方に、この手を下したくはありませんでした。」(サムエル一26:23)

 なのに心の中では「私はいつか、今にサウルの手によって滅ぼされるだろう。」(サムエル一27:1)と、ビビりまくっているというのが27章の始まりだ。

 ダビデは主を忘れ、肉の自分だけで策をめぐらす。敵地、ペリシテ人の地に逃げ込めば、サウルは手を出せないだろう……。そしてペリシテ人のアキシュ王の領地に逃げ込んだ。

 あれっ? アキシュ王って21章でも出てきた人物だ。あの時ダビデはなんと、アキシュ王の威厳を恐れ、よだれを垂らして狂ったふりをした。

 そんな醜態をさらした王の元にまた行くなんて恥ずかしくないのか? しかも、領地までおねだりするとは。アキシュさま、あなたの王国の都に住むのは畏れ多いことなので、私には地方の町の一つをください、と。まあなんと図々しいこと!

 挙句に、襲撃地や戦果をうやむやに報告し続け、王の信頼を得ようとまでする。

 少年ダビデが巨人ゴリアテと戦った時、サウルが渡したかぶとも剣も必要とせず、丸腰で倒した勇者が、21章ではゴリアテの剣を欲し、モノに頼り、主を忘れて恐怖におののいた。この27章でも主を仰ぎ見ることはなく、肉のダビデは荒野で迷走する。

 メシアの系譜、ダビデでさえ! 自分の中の“すさみ”をおぼえます。


祈り

 あわれみ深い神さま、私たちは信仰のアップダウンの中で暮らしています。それを忍耐強く見守ってくださって、ありがとうございます。

 主を見上げる方角を見失いそうになった時、どうか、できれば少しでも早く軌道修正の導きをしてください。

 ピンチにある時こそ、主の御名をあがめ讃えられますように。

 イエスさまのお名前で感謝して祈ります。アーメン

閲覧数:16回

最新記事

すべて表示

2024年5月23日 サムエル記第一8章

サムエルが年老いたときにさばきつかさとして任命した二人の息子は、父のような立派な人ではなかった。サムエルの息子たちを見て、イスラエルの長老たちはサムエルのところにきて、私たちをさばく王をたててくださいと言うのであった。これは、主が王として彼らを治めることを拒んだことを意味するのである。主を退けることだったのです。 彼らのことばが悪しきことであったので、サムエルは主に祈ったのである。主はサムエルに言

2024年5月22日 サムエル記第一7章

「キルアテ・エアリムの人々は来て、主の箱を運び上げ、丘の上のアビナダブの家に運んだ。そして、主の箱を守るために彼の息子エアザルを聖別した。」(1) 「主の箱」をめぐる物語が続きます。主の箱は「契約の箱」とも言われます。この箱は、神とイスラエルの民の間に締結された契約を証明するものです。また同時に、神の臨在を現わすものでした。 この主の箱は、時に災いをもたらし、時に祝福をもたらします。えっ?神の臨在

2024年5月21日 サムエル記第一6章

『ベテ・シェメシュの主の箱』 Ark of the Covenant (契約の箱)が出て来る映画、ハリソン・フォード主役の Indiana Jones 「Raiders of the Lost Ark」を思い出した。ナチス軍が契約の箱を発掘して、考古学者であるインディアナ・ジョーンズが奪い返すストーリーです。最後のシーンでナチス軍兵が契約の箱を無理やり開けてしまうのですが、そうすると中から災いの雲

Comments


bottom of page