• HCCnichigo

2020年11月6日ディボーション

神を神として生きる(サムエル記第一26章)


 目の前にいるのは、私(ダビデ)を殺そうと謀り、私(ダビデ)を逃避行へと追いやったあのサウルだ。そもそも一方的に憎悪を抱かれ、命からがら今日まで何とか生き延びてきた。

 私(ダビデ)にとっても、正直、常識的に考えれば目の前に立つ男は、あの憎き相手サウルだ。


 しかし、彼(ダビデ)は、そんなサウルを前にこう言い放つ。

「主は一人ひとりに、その人の正しさと真実に応じて報いてくださいます。主は今日、あなたを私の手に渡されましたが、私は、主に油注がれた方に、この手を下したくはありませんでした。

 今日、私があなたのいのちを大切にしたように、主は私のいのちを大切にして、すべての苦難から私を救い出してくださいます。」26章23~24節


主が一人ひとりに応じて、ちゃんと報いてくださる。

あくまでも、このいのちの主権は神にある。

それはサウルにとっても、ダビデにとっても同じことだ。


 神を神とし、その主権にサウルのことも、自分自身をも委ねていく。

 神を畏れ、神に絶対的な信頼を置き、神の御前を歩むダビデの姿から今朝は語られ、教えられた。


応答

天のお父様、

あなたは一人ひとりに応じて、ちゃんと報いてくださる神です。ダビデのように、まずあなたを神とし畏れ、あなたの道から逸れることなく踏み行くことができるように、いつも私を見張り導いてください。アーメン。

8回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020年11月30日ディボーション

旧約聖書 サムエル記第二 15章 『ダビデ、泣きながら悔い改める』 26節「もし主が『あなたはわたしの心にかなわない』と言われるなら、どうか、主が良いと思われることをこの私にしてくださるように」 ●学んだこと、感じたこと 世の中様々な人がいる。その中でも人の助言に耳を開く人とそうでない人がいる。後者はダビデのように、痛い目に遭わないと自分が犯した罪に気がつかない。私もかつてはそうだった。 ダビデの

2020年11月29日ディボーション

サムエル記第二 14章 『ダビデもやっぱり親バカだった』 14節「神は命を取り去れられるのではなく、追放された者が神から投げ出されないように道を考えてくださいます」 ●語られたこと 出来の悪い子ほどかわいい、と良く言うがダビデもやはり同じだったようだ。異母弟を殺したアブサロムは父の怒りを恐れて逃亡生活に入る。(13章38節)しかしダビデは王である前にアブサロムの父として、彼に会いたいと思っていた。

2020年11月28日ディボーション

旧約聖書 サムエル記第二 13章 『王室スキャンダル』 触れられたこと: 昨日は投稿された12章のディボーションを想いながら、感謝祭の一日を過ごした。 それは書き出しから単刀直入に、神さまの前に心を注ぎだしていた。 「バテ・シェバが誰よりも苦しかったと思う。」と。 「ダビデ王ばかりがピックアップされているが、私にはバテ・シェバの悲しみ、苦しみが痛切に伝わってくる。」のだと。 “痛切”は、一瞬の感覚

​【お問合せ先】

お問合せメール:

  ⇒「こちら」をクリックして下さい。

住所: 2207 Oahu Avenue, Honolulu, HI 96822  U.S.A.

 

電話:808-973-4335

© 2020 by Honolulu Christian Church Nichigobu . Proudly created with Wix.com