top of page
  • hccnichigo

2020年11月5日ディボーション

旧約聖書:1サムエル記25章  

「荒野のレッスン」


 これは、ダビデがサウルの追手から逃げている最中に起こった出来事である。ダビデの荒野における逃避行は、間違いなく彼の人生における最大の危機であろう。しかし同時に、この期間を通してダビデは神の器として整えられていく。ここに起こってくる出来事は、すべて神からのレッスンだと言うことができる。

 モーセも12使徒もパウロも、神の働き人として実際に立っていく前に、このような整えられる時を通っている。確かに神から油を注がれたのは(任命を受けたのは)、ダビデが少年の時であった。しかし、彼が実際に王としての働きを始めるのは何年も先のことになる。少年時代の油注ぎは、王になるためのレッスンが始まったことを意味している。

 サウルからの逃避行の期間を、そのような視点から見ていくときに、24章における出来事の意味も見えてくる。神に油注がれた者に手をくださないという判断は、それだけ神の油注ぎの重要性を理解しているということになる。もしそれを軽んじるなら、それは自分に対する油注ぎも軽んじることになる。ダビデはここで、神からの油注ぎという“神の主権”を学んでいるのだ。

 そして25章においては、自分で復讐することをしないということを学んでいる。ダビデはアビガイルの助言に対して「あなたの判断がほめたたえられるように、また、あなたが、ほめたたえられるように。あなたは今日、私が人の血を流しに行き、私自身の手で復讐しようとするのを止めさせた。」(33)

 サウルに対しても、ナバルに対しても、ダビデが学んでいるのは、“神の主権”である。この神の主権に対して、私たちの側からの応答は、神の主権を侵さないということだ。

 現代の言葉で表現すると“神と人との境界線”ということになる。神の領域と人間の領域には明確は境界線がある。それを破ろうとするときに、私たちの歩みに混乱が生じてくる。

 裁きは神の主権であり、復讐も神の主権にある。25章では、アビガイルの知恵ある助言によって、ダビデは境界線を超えずに踏みとどまることが出来たということだ。

語られたこと 

 神の領域を侵さない、自分の分をわきまえるということが、いかに大切なことなのかを痛感した。周囲の声や、自分の感情の衝動によって、その境界線を破ってしまうことがないように、特に、人の助言に耳を傾ける姿勢が大切だということを学んだ。


祈り

 天の父よ。あなたの主権を感謝します。あなたは、公正と公義をもって事を裁かれる方です。私が主権を侵して、裁き主の立場に身を置くことがありませんように、自分の与えられた分をわきまえることができますように、人からの助言に耳を傾ける者でありますように、聖霊が助け導いてください。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン

閲覧数:30回

最新記事

すべて表示

2020年12月31日ディボーション

旧約聖書:1列王記9章 ソロモン王は、20年を費やして主の宮と王宮を完成させた。主の宮が完成した後、まずしたことが契約の箱を運び入れることであった。契約の箱は、まさに神がここに住まわれることの徴であり、臨在の象徴であった。主の宮とは、この契約の箱を運び入れるために造られたのだ。だから主の宮の奉献式において「主の栄光が主の宮に満ちた」(8:11)のである。そして9章においては、支配地域の整理を行い、

2020年12月30日ディボーション

第一列王記 8章 語られたこと: 主の契約の箱が、イスラエルの長老たち、部族のかしらたちと一族の長たちがソロモンのもとに召集して、幕屋から神殿に運ばれた。ダビデの時は契約の箱を運ぶ時は牛を使って運んだ(第二サムエル記6章6~7節)。運んでいる時に牛がよろめいたために、ウザは神の箱に手を伸ばして、それをつかんだために神の怒りがウザに向かって、その場で打たれた。 ソロモンは、主の契約の箱を運ぶ人達は誰

2020年12月28日ディボーション

旧約聖書 列王記第一6章 『480年目に七年かけて出来た主の宮』 「イスラエル人がエジプトの地を出てから四百八十年目、ソロモンがイスラエルの王となってから四年目のジブの月、すなわち第二の月に、ソロモンは主の家の建築に取りかかった」1節 ●学んだ事、語られた事 1節にサラッと「480年かけて…」と書かれ、そして2節では神殿の長さ60キュビト(1キュビト約50cmにて、約30m)、幅20キュビト(10

留言


bottom of page