• HCCnichigo

2020年11月30日ディボーション

旧約聖書 サムエル記第二 15章

『ダビデ、泣きながら悔い改める』


26節「もし主が『あなたはわたしの心にかなわない』と言われるなら、どうか、主が良いと思われることをこの私にしてくださるように」


●学んだこと、感じたこと

 世の中様々な人がいる。その中でも人の助言に耳を開く人とそうでない人がいる。後者はダビデのように、痛い目に遭わないと自分が犯した罪に気がつかない。私もかつてはそうだった。 ダビデの子アブサロムがクーデター(仏:coupd’ _Etat)を起こす。

 クーデターとは一般的に暴力的な手段によって引き起こされる政変を言う。戦車、馬、軍人を準備したりして(15:1)どう考えてもきな臭い行動である。ダビデもヨアブもなぜ、ことが大きくなる前に止める算段をしなかったのか? 主に祈らなかったのか? せっかく和解したのに、とても残念である。

 結局ダビデは政権を追われて逃げる事になるが、ここに二人のリーダーの大きな違いが表現されている。

 アブサロムは「誰か私をこの国のさばき人に立ててくれないだろうか」(15:4)と言っているが、「さばきつかさ」とは『士師』のことであり、モーセやヨシュアのように神様から任命される、人と神様の間を取り持つ橋渡しの存在でもある。それなのに、「誰か俺を選んでよ!」なんて軽薄極まりない。アブサロムの教育係は何をしていたのか? ダビデは教えなかったのか? それとも、アブサロムが聞いていなかったのか?とにかくアブサロムは大きな勘違いをしている。

 それに対してダビデ。泣きながら民と共にイスラエルを逃げ出す。悔しかったと思う。しかしどん底に落ちた時、我に帰ったのだと思う。「主が良いと思われることをこの私にしてくださるように」(26節)と祈っている。ダビデ、痛い目に遭わないと悟れないタイプだったようだ。姦淫の罪の故にこのような事態を招いたのは自業自得かもしれない。しかしそんなダビデでさえ、主は彼の悔い改めの心を聞いてくださる。神様にとっては放蕩息子のダビデが父のもとに帰ってきた瞬間だったのであろう。なんと寛大なお方か。罪人である私には素晴らしい希望が見える箇所である。


●祈り

 天の父なる神様。あなたの教えを何年学んでも罪を犯す愚か者です。申し訳ありません。しかし罪を犯してもきちんと打ち明けられる主なる父がいると言うことは、私にとって最大の恵です。罪を犯して、悩んだ時、私はあなたの元に帰ります。どうずれば良いか。ダビデのように尋ねます。だからどうかいつも私を導いてください。そしてどれが貴方の目に叶う道かを示してください。

 イエス様の御名によって御前におささげいたします。アーメン。

15回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020年12月9日ディボーション

サムエル記第二 24章 24:1さて、再び主の怒りがイスラエルに対して燃え上がり、ダビデをそそのかして、彼らに向かわせた。「さあ、イスラエルとユダの人口を数えよ」と。 語られたこと: 主は、ここで再びダビデを試される。主が、ダビデ自身に何を示されようとしたのか、ダビデはその時にわからなかったと思う。家来のヨアブがなぜそのようなことをするのか、不思議に思っているのに、ダビデは気ずかなかった。いや、神

2020年12月 8日ディボーション

旧約聖書:第2サムエル記23章 「ダビデ最後の言葉」 ダビデ王も年を取り、今までの生涯を振り返って書いたものです。神は素晴らしく世界の人々に褒めたたえられるべきお方です。 ダビデは生涯を通じて神さまと歩んで来られたことは幸いでした。 自分の力だけでは無く、いつも神さまと共に歩む生活が素晴らしかった事を伝えていますが、6-7節では神さまが無かったら捨てられ、焼かれてしまうと今までの事を振り返って述べ

2020年12月7日ディボーション

旧約聖書 サムエル記 第二 22章 「ダビデの魂の叫び、神への賛美」 7節「私は苦しみの中で主を呼び求め、わが神に叫んだ。主はその宮で私の声をきかれ、私の叫びは御耳に届いた。」 ●語られたこと 私はどんな時に主を呼び求め、主に叫んでいるだろうか? 大変な時だけか? ダビデのように全ての敵の手から救いだされた時だろうか? このダビデの賛美は1節にあるように「サウルの手から救い出された日」(サムエル記

​【お問合せ先】

お問合せメール:

  ⇒「こちら」をクリックして下さい。

住所: 2207 Oahu Avenue, Honolulu, HI 96822  U.S.A.

 

電話:808-973-4335

© 2020 by Honolulu Christian Church Nichigobu . Proudly created with Wix.com