• HCCnichigo

2020年11月3日ディボーション

旧約聖書:1サムエル記23章

「神の手によって守られるダビデ」


サウル王はイスラエルの人々をペリシテ人から守るために立てられた王でしたが、嫉妬心でダビデと彼を助けようとする仲間の民を襲おうとするのです。 ダビデはサウル王から逃げている時も、ケイラの人々の事を神さまにお祈りし助けを求めました。その結果、いつも間一髪のところで助かるのです。

ダビデが精神的に疲れている時にはサウル王の息子、ヨナタンの励ましがあり、その後も様々な所から死の恐怖から逃げる事が出来ました。


●教えられたこと

ダビデは、やるべき事をしっかりとしながら逃げました。そして何時も神さまに生きる方法を訪ねました。ただひたすら逃げるだけではなかったのです。

そしてダビデに襲い掛かる色々な問題や邪魔が起きても神に全てを委ねました。 ある時は祭司に助けられ、最愛の友、ヨナタンに助けられ、敵のペリシテ人までもがタイミング的に助けてくれました。

 ダビデは人の手に寄らないで、神の手によって救い出されたのです。私でしたら神も仏もあるものかという状況だったでしょうか? しかし気が付いたらダビデはサウル王の手から難なく逃れる事が出来ました。驚くべき神の業です。 この所で、ダビデの生き方をしっかりと見習っていきましょう。感謝します!


●お祈り

天のお父様、ダビデの弱さのゆえに感謝します。また、その弱さを祈り求めて行く時にあなたが助けて下さることを信じます。またあなたからの励ましを感謝します。人を恐れるよりも、先ず神を大事にする心を教えて下さりありがとうございます。どうか主の働きがしっかりと見えるようにして下さい。そうでないとあなたの働きが見えません。よろしくお願いします。イエス様の御名によってお祈ります。 アーメン

14回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020年11月30日ディボーション

旧約聖書 サムエル記第二 15章 『ダビデ、泣きながら悔い改める』 26節「もし主が『あなたはわたしの心にかなわない』と言われるなら、どうか、主が良いと思われることをこの私にしてくださるように」 ●学んだこと、感じたこと 世の中様々な人がいる。その中でも人の助言に耳を開く人とそうでない人がいる。後者はダビデのように、痛い目に遭わないと自分が犯した罪に気がつかない。私もかつてはそうだった。 ダビデの

2020年11月29日ディボーション

サムエル記第二 14章 『ダビデもやっぱり親バカだった』 14節「神は命を取り去れられるのではなく、追放された者が神から投げ出されないように道を考えてくださいます」 ●語られたこと 出来の悪い子ほどかわいい、と良く言うがダビデもやはり同じだったようだ。異母弟を殺したアブサロムは父の怒りを恐れて逃亡生活に入る。(13章38節)しかしダビデは王である前にアブサロムの父として、彼に会いたいと思っていた。

2020年11月28日ディボーション

旧約聖書 サムエル記第二 13章 『王室スキャンダル』 触れられたこと: 昨日は投稿された12章のディボーションを想いながら、感謝祭の一日を過ごした。 それは書き出しから単刀直入に、神さまの前に心を注ぎだしていた。 「バテ・シェバが誰よりも苦しかったと思う。」と。 「ダビデ王ばかりがピックアップされているが、私にはバテ・シェバの悲しみ、苦しみが痛切に伝わってくる。」のだと。 “痛切”は、一瞬の感覚