top of page
  • hccnichigo

2020年11月3日ディボーション

旧約聖書:1サムエル記23章

「神の手によって守られるダビデ」


サウル王はイスラエルの人々をペリシテ人から守るために立てられた王でしたが、嫉妬心でダビデと彼を助けようとする仲間の民を襲おうとするのです。 ダビデはサウル王から逃げている時も、ケイラの人々の事を神さまにお祈りし助けを求めました。その結果、いつも間一髪のところで助かるのです。

ダビデが精神的に疲れている時にはサウル王の息子、ヨナタンの励ましがあり、その後も様々な所から死の恐怖から逃げる事が出来ました。


●教えられたこと

ダビデは、やるべき事をしっかりとしながら逃げました。そして何時も神さまに生きる方法を訪ねました。ただひたすら逃げるだけではなかったのです。

そしてダビデに襲い掛かる色々な問題や邪魔が起きても神に全てを委ねました。 ある時は祭司に助けられ、最愛の友、ヨナタンに助けられ、敵のペリシテ人までもがタイミング的に助けてくれました。

 ダビデは人の手に寄らないで、神の手によって救い出されたのです。私でしたら神も仏もあるものかという状況だったでしょうか? しかし気が付いたらダビデはサウル王の手から難なく逃れる事が出来ました。驚くべき神の業です。 この所で、ダビデの生き方をしっかりと見習っていきましょう。感謝します!


●お祈り

天のお父様、ダビデの弱さのゆえに感謝します。また、その弱さを祈り求めて行く時にあなたが助けて下さることを信じます。またあなたからの励ましを感謝します。人を恐れるよりも、先ず神を大事にする心を教えて下さりありがとうございます。どうか主の働きがしっかりと見えるようにして下さい。そうでないとあなたの働きが見えません。よろしくお願いします。イエス様の御名によってお祈ります。 アーメン

閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年5月21日 サムエル記第一6章

『ベテ・シェメシュの主の箱』 Ark of the Covenant (契約の箱)が出て来る映画、ハリソン・フォード主役の Indiana Jones 「Raiders of the Lost Ark」を思い出した。ナチス軍が契約の箱を発掘して、考古学者であるインディアナ・ジョーンズが奪い返すストーリーです。最後のシーンでナチス軍兵が契約の箱を無理やり開けてしまうのですが、そうすると中から災いの雲

2024年5月20日 サムエル記第一5章

『神の箱』 ペリシテ人たちによって奪われた神の箱はアシュドデ、ガテ、エクロンと言ったペリシテの都市を移動しました。アシュドデで主は、偶像を打ち、それを礼拝していた人たちを腫物で打たれました。ガテでは大恐慌を引き起こし、多くの住民を腫物で打ちました。エクロンでも同じように大恐慌を引き起こし、民を腫物で打ちました。 これら一連の出来事から、イスラエルの神は偶像の神々にまさる偉大なお方であることを学びま

2024年5月19日 サムエル記第一4章

『栄光はイスラエルから去った』 ペリシテ人と戦ったイスラエルは約4千人が戦場で打ち殺された。そして、イスラエルの長老たちは、主がイスラエル人を打たれたことに対して疑問をもって、主の契約の箱を陣営に持ってくれば自分たちを敵の手から救ってくれると思って、そのような運びをしたのである。だが、それは実にむなしいことで、ペリシテ人に勝利するどころかイスラエルの歩兵三万人が倒れたのである。神の箱が奪われ、エリ

Comments


bottom of page