• HCCnichigo

2020年11月29日ディボーション

サムエル記第二 14章 

『ダビデもやっぱり親バカだった』


14節「神は命を取り去れられるのではなく、追放された者が神から投げ出されないように道を考えてくださいます」


●語られたこと

 出来の悪い子ほどかわいい、と良く言うがダビデもやはり同じだったようだ。異母弟を殺したアブサロムは父の怒りを恐れて逃亡生活に入る。(13章38節)しかしダビデは王である前にアブサロムの父として、彼に会いたいと思っていた。長年手塩にかけて育てたのだから、簡単に諦められるわけはない。

 そんな姿を側近の一人、ヨアブは見てた。そこでテコアの賢い女を連れてきて(14:2)、ダビデがアブサロムと和解交渉ができるように計らう。 

 しかし、ここまでの話で彼らは神にお伺いを立てる・・・と言う行動に出ない。すっかり忘れている。困難になる時ほど神に聞き従わなければならなかったのでは? 特に今回は人の死が関わっている大事件。神様に仲介に入って頂く以外に解決の方法は無いと思うのだが・・・。彼らは主に聴く事を忘れてしまった。その結果、この計画はますます悪い方向へとの道筋になってしまう。(14:30)

 子育ては非常に難しいと日々感じる。親が、子ども達に、同じこと、同じもの、同じ言葉を与えたと思っても、それぞれ受け止め方が違う。ダビデと3人の子もそうだったのだと思う。

それは持って生まれた資質や、それまでの育った環境が影響する。しかし一番大事なのは、主に心触れられているか? と言うことではないだろうか。唯一、人の心の中に介入して導いてくださる神様(14節)。

 私たち親は子の為に祈るしかない。ある程度の道筋は教えることができる。しかし本当に彼らが自らの足で立つ時、そこに神様で満たされた霊を持って歩めるかは神さまの恵の業にあづかるしかない。ダビデのような過ちを犯さぬよう、神様からおあづかりした命の為に毎日、365日、24時間、祈っていきたい。


●祈り

 天の父なる神様。私はまだ発展途上の人間です。そんな私にあなたは子を与えてくださいました。(神様、チャレンジャーだよ・・・)心から感謝しています。しかし、あなたのお導きと恵なしでは彼女たちの心は育まれません。どうぞ、これからも日々、彼女たちの心にあなたが触れてください。導いてください。そして彼女たちを支える親である私をも導いてください。

 主イエスキリストの御名を通して御前にお捧げいたします。アーメン。

14回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020年12月9日ディボーション

サムエル記第二 24章 24:1さて、再び主の怒りがイスラエルに対して燃え上がり、ダビデをそそのかして、彼らに向かわせた。「さあ、イスラエルとユダの人口を数えよ」と。 語られたこと: 主は、ここで再びダビデを試される。主が、ダビデ自身に何を示されようとしたのか、ダビデはその時にわからなかったと思う。家来のヨアブがなぜそのようなことをするのか、不思議に思っているのに、ダビデは気ずかなかった。いや、神

2020年12月 8日ディボーション

旧約聖書:第2サムエル記23章 「ダビデ最後の言葉」 ダビデ王も年を取り、今までの生涯を振り返って書いたものです。神は素晴らしく世界の人々に褒めたたえられるべきお方です。 ダビデは生涯を通じて神さまと歩んで来られたことは幸いでした。 自分の力だけでは無く、いつも神さまと共に歩む生活が素晴らしかった事を伝えていますが、6-7節では神さまが無かったら捨てられ、焼かれてしまうと今までの事を振り返って述べ

2020年12月7日ディボーション

旧約聖書 サムエル記 第二 22章 「ダビデの魂の叫び、神への賛美」 7節「私は苦しみの中で主を呼び求め、わが神に叫んだ。主はその宮で私の声をきかれ、私の叫びは御耳に届いた。」 ●語られたこと 私はどんな時に主を呼び求め、主に叫んでいるだろうか? 大変な時だけか? ダビデのように全ての敵の手から救いだされた時だろうか? このダビデの賛美は1節にあるように「サウルの手から救い出された日」(サムエル記

​【お問合せ先】

お問合せメール:

  ⇒「こちら」をクリックして下さい。

住所: 2207 Oahu Avenue, Honolulu, HI 96822  U.S.A.

 

電話:808-973-4335

© 2020 by Honolulu Christian Church Nichigobu . Proudly created with Wix.com