top of page
  • hccnichigo

2020年11月25日ディボーション

旧約聖書 サムエル記第2 10章

ダビデの行為が裏切られた時


語られたこと:


ダビデは、ナハシュの死に対して真実を尽くそうとして家来達を送ったけど

ナハシュの息子ハヌンは首長に耳を傾けてダビデの行為を裏切って、ダビデの家来達を辱めた。それが原因で戦が始まった。ハヌンの行為も神様の御計画の一つではなかったかと思う。私達に、神に油注がれた者の行為を無駄にしてはいけないことを語られたとしめされた。

戦場にてダビデの家来のリーダーであるヨアブが登場する。彼の行動は賢い判断力と部下を上手くリードする賜物が供えられていた。ヨアブもまた、ダビデ同様にして神を前においたから戦いも勝利をおさめられたのだと思った。ヨアブが、部下達に[強くあれ。われわれの民のため、われわれの神の町々のために、奮い立とう。主が御目にかなうことをされるのだ.] と神に向かって力強く宣言したことは、神が確かに聞かれて勝利に導いたと思う。また、ヨアブの家来達への励ましと彼等と一つになって戦ったことも神の御計画の一つではなかったかと思わされた。神を真ん中においての一致がしめされた。

他者の声に聞きいるよりも、神に油注がれた者に聞き従う事が神に喜ばれることだと思う。神を前においているリーダーに従っていきたいものであることを

希望したい。私達のリーダーは常にイエス様であることを覚えて日々歩みたいものになりたい。


祈り

天のお父様、今日、私に語られたあなたのみことばを心から感謝します。

いつも、イエス様をまえにおき歩むことができますように。また、他者との

交わりの中でもいつもあなたを真ん中において祈ることができますように

導いて下さい。感謝して主イエスキリストの御名によってお祈りします。

アーメン

閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年6月18日 サムエル記第二3章

『王座争い』 イスラエルの民は私たちに王を与えて下さいと願った時に、主はサムエルを通じて、あなたがたが自分たちのために選んだ王のゆえに泣き叫んでも、その日、主はあなたがたがに答えはしない。なぜなら民がわたしを王として彼らを治めることを拒んだのだから。 と第一サムエル記8章18節で記されていますが、この章第二サムエル3章では、1節(王座を狙って)「サウルの家とダビデの家の間には、長く戦いが続いた。ダ

2024年6月17日 サムエル記第二2章

サウル王の死後もダビデは、主に伺うことを忘れなかったのである。とても学ばされる教訓である。 ダビデはユダの町のどれか一つへ上っていくべきかを主に伺った。主は、「上って行け」と言われた。ダビデの賢さは次の言葉ではないだろうか。「どこに上ればよいでしょうか」と聞いた。あくまでも主の御声を自分が納得するまで伺っていくところが彼の信仰の深さではないだろうか。私だったら、「はい。わかりました。」で終わってし

2024年6月16日 サムエル記第二1章

今日からサムエル記第二にはいる。一章では、サウル王とその息子ヨナタンの死を知ったダビデの深い悲しみが述べられている。 サウル王から何度も命が狙われて逃亡生活を送ってきたダビデは、本来ならばほっと肩の荷が下りた気持ちになるのではないかと思うが、逃亡中も死んでからもサウル王への謙遜さは失っていなかったのである。そればかりか、死んだことを知ったら、自分の衣をつかんで引き裂いてしまうほど悼み悲しんで泣き、

Comments


bottom of page