top of page
  • HCCnichigo

2020年11月25日ディボーション

旧約聖書 サムエル記第2 10章

ダビデの行為が裏切られた時


語られたこと:


ダビデは、ナハシュの死に対して真実を尽くそうとして家来達を送ったけど

ナハシュの息子ハヌンは首長に耳を傾けてダビデの行為を裏切って、ダビデの家来達を辱めた。それが原因で戦が始まった。ハヌンの行為も神様の御計画の一つではなかったかと思う。私達に、神に油注がれた者の行為を無駄にしてはいけないことを語られたとしめされた。

戦場にてダビデの家来のリーダーであるヨアブが登場する。彼の行動は賢い判断力と部下を上手くリードする賜物が供えられていた。ヨアブもまた、ダビデ同様にして神を前においたから戦いも勝利をおさめられたのだと思った。ヨアブが、部下達に[強くあれ。われわれの民のため、われわれの神の町々のために、奮い立とう。主が御目にかなうことをされるのだ.] と神に向かって力強く宣言したことは、神が確かに聞かれて勝利に導いたと思う。また、ヨアブの家来達への励ましと彼等と一つになって戦ったことも神の御計画の一つではなかったかと思わされた。神を真ん中においての一致がしめされた。

他者の声に聞きいるよりも、神に油注がれた者に聞き従う事が神に喜ばれることだと思う。神を前においているリーダーに従っていきたいものであることを

希望したい。私達のリーダーは常にイエス様であることを覚えて日々歩みたいものになりたい。


祈り

天のお父様、今日、私に語られたあなたのみことばを心から感謝します。

いつも、イエス様をまえにおき歩むことができますように。また、他者との

交わりの中でもいつもあなたを真ん中において祈ることができますように

導いて下さい。感謝して主イエスキリストの御名によってお祈りします。

アーメン

閲覧数:11回

最新記事

すべて表示

2020年12月31日ディボーション

旧約聖書:1列王記9章 ソロモン王は、20年を費やして主の宮と王宮を完成させた。主の宮が完成した後、まずしたことが契約の箱を運び入れることであった。契約の箱は、まさに神がここに住まわれることの徴であり、臨在の象徴であった。主の宮とは、この契約の箱を運び入れるために造られたのだ。だから主の宮の奉献式において「主の栄光が主の宮に満ちた」(8:11)のである。そして9章においては、支配地域の整理を行い、

2020年12月30日ディボーション

第一列王記 8章 語られたこと: 主の契約の箱が、イスラエルの長老たち、部族のかしらたちと一族の長たちがソロモンのもとに召集して、幕屋から神殿に運ばれた。ダビデの時は契約の箱を運ぶ時は牛を使って運んだ(第二サムエル記6章6~7節)。運んでいる時に牛がよろめいたために、ウザは神の箱に手を伸ばして、それをつかんだために神の怒りがウザに向かって、その場で打たれた。 ソロモンは、主の契約の箱を運ぶ人達は誰

2020年12月28日ディボーション

旧約聖書 列王記第一6章 『480年目に七年かけて出来た主の宮』 「イスラエル人がエジプトの地を出てから四百八十年目、ソロモンがイスラエルの王となってから四年目のジブの月、すなわち第二の月に、ソロモンは主の家の建築に取りかかった」1節 ●学んだ事、語られた事 1節にサラッと「480年かけて…」と書かれ、そして2節では神殿の長さ60キュビト(1キュビト約50cmにて、約30m)、幅20キュビト(10

bottom of page