top of page
  • HCCnichigo

2020年11月24日ディボーション

旧約聖書:2サムエル記9章

「ヨナタンの家族」


ダビデ王はイスラエルを統一し、正しい裁きを行った。そしてサウルの子イシュ・ボシェテは、Ⅱサムエル記4章のところで暗殺されたことが述べられています。

しかしダビデ王は望んではいなかったのです。そこでダビデはサウル王の孫、メフィボシェテ(ヨナタンの子)を探し出して、サウル王の地所を彼に渡しました。また、サウル王の僕だったツィバにメフィボシェテの世話をさせ、ダビデ王はメフィボシェテと良い関係を持ったのです。

後で分かる事ですが、メフィボシェテは足が不自由なために色々な災いが降りかかってくることになります。


●教えられたこと


始め読んだ時に、ダビデの寛容さが教えられました。しかし、なぜこの記事が、聖書の中に残っているのだろうと私には疑問でした。

 神さまはサウロ王の子、イシュ・ボシェテよりもヨナタンの子、メフィボシェテにダビデ王に拠って恵みを、施そうとされたのです。またメフィボシェテはそれをしっかりと受け取ったので、後にダビデもメフィボシェテも神さまから大きな祝福を受け取ります。

 それは地位やお金、名声、血縁などを抜きにしたお互いの信頼関係だったのです。 その意味でもこの9章は深く味わう所です。

時間がある人は2サムエル記16章と19章、21章(ギブオン人の訴え)を合わせてお読みください。


●お祈り

天のお父様、ダビデが主に対して行った寛容さは教えられます。それにしてもヨナタンはとっても良い家族関係を作っています。ダビデの子育ては?  それを思った時に一番大事なのは、何よりも大事なのは主にあって信頼関係を作る事です。それが人を成長させるのです。地位やお金、名声、血縁関係を大切にし過ぎると信頼関係が壊れます。主にあって信頼関係を大切にして生きていかれますように!  

この世の限界の中、イエス様との信頼関係、人との信頼関係をしっかりと持つことが出来ますように! イエス様の御名によってお祈ります。アーメン

閲覧数:15回

最新記事

すべて表示

2020年12月31日ディボーション

旧約聖書:1列王記9章 ソロモン王は、20年を費やして主の宮と王宮を完成させた。主の宮が完成した後、まずしたことが契約の箱を運び入れることであった。契約の箱は、まさに神がここに住まわれることの徴であり、臨在の象徴であった。主の宮とは、この契約の箱を運び入れるために造られたのだ。だから主の宮の奉献式において「主の栄光が主の宮に満ちた」(8:11)のである。そして9章においては、支配地域の整理を行い、

2020年12月30日ディボーション

第一列王記 8章 語られたこと: 主の契約の箱が、イスラエルの長老たち、部族のかしらたちと一族の長たちがソロモンのもとに召集して、幕屋から神殿に運ばれた。ダビデの時は契約の箱を運ぶ時は牛を使って運んだ(第二サムエル記6章6~7節)。運んでいる時に牛がよろめいたために、ウザは神の箱に手を伸ばして、それをつかんだために神の怒りがウザに向かって、その場で打たれた。 ソロモンは、主の契約の箱を運ぶ人達は誰

2020年12月28日ディボーション

旧約聖書 列王記第一6章 『480年目に七年かけて出来た主の宮』 「イスラエル人がエジプトの地を出てから四百八十年目、ソロモンがイスラエルの王となってから四年目のジブの月、すなわち第二の月に、ソロモンは主の家の建築に取りかかった」1節 ●学んだ事、語られた事 1節にサラッと「480年かけて…」と書かれ、そして2節では神殿の長さ60キュビト(1キュビト約50cmにて、約30m)、幅20キュビト(10

bottom of page