top of page
  • HCCnichigo

2020年11月22 日ディボーション

旧約聖書 サムエル記第二 7章

狭いながらも楽しい我が家


「私がイスラエルの子らのすべてと歩んだところどこででも、わたしが、私の民イスラエルを牧(ぼく)せよと命じたイスラエル部族の1つにでも、『なぜ、あなたがたはわたしのために杉材の家を建てなかったのか』と、一度でも言ったことがあっただろうか」7節


 遊牧の民であったイスラエル人がやっと約束の地に入り定住生活を始め、ダビデと言う二人目の王の元にやっと平穏な日々が訪れた。

 そんな時、ダビデは自分の立派な家に住みながら、神様には家が無いことに気づく。

ダビデの思いに対する応答は預言者ナタンに神様が語られる。

 何故、神様はダビデに直接語らず、ナタンに語ったのか?これに関しては今は掘り下げない。しかし、私達にこのような事がある時は主の教えに顧みる良いきっかけになるだろう。

 話は神様の家に戻るが、7節にもあるように、神様は一度たりとも立派な家を建ててくれ!などと民には頼んでいない。

 私が子どもだった頃、公団の狭いアパートに親子五人で暮らしていた。貧しかったが、いつでも皆の顔が見える家で楽しかった。後に一軒家に引っ越したが、家族それぞれが個室に籠るようになった。そこに家族の繋がりは薄くなった。

 主が立派な家をダビデ以前の先祖に求めなかったのは、身近に子である私達との触れ合いを楽しんでいたからでは無いだろうか?

 どんな場所でも共にいる人によって幸せか否かは決まる。主はダビデにその事を告げたかったのではないだろうか? 神様にとって立派な建物よりも子である私達と良き関係が保たれる事の方が大切だとら語られた。どんな場所にいても、そこが神様と私の家になるように、いつも神様と本音で語り合える近い関係でありたい。


祈り

 天の父なる神様。今朝も貴方と私の二人だけの時間を作って下さりありがとうございます。どんな場所でも貴方は私に語って下さいます。ありがとうございます。どこに住むかよりも、そこに貴方がいるかが大切です。貴方の御声に聴き従い、いつまでも貴方と一緒に住む事が出来るよう切に願います。イエスキリストの御名によって御前にお捧げ致します。アーメン

閲覧数:9回

最新記事

すべて表示

2020年12月31日ディボーション

旧約聖書:1列王記9章 ソロモン王は、20年を費やして主の宮と王宮を完成させた。主の宮が完成した後、まずしたことが契約の箱を運び入れることであった。契約の箱は、まさに神がここに住まわれることの徴であり、臨在の象徴であった。主の宮とは、この契約の箱を運び入れるために造られたのだ。だから主の宮の奉献式において「主の栄光が主の宮に満ちた」(8:11)のである。そして9章においては、支配地域の整理を行い、

2020年12月30日ディボーション

第一列王記 8章 語られたこと: 主の契約の箱が、イスラエルの長老たち、部族のかしらたちと一族の長たちがソロモンのもとに召集して、幕屋から神殿に運ばれた。ダビデの時は契約の箱を運ぶ時は牛を使って運んだ(第二サムエル記6章6~7節)。運んでいる時に牛がよろめいたために、ウザは神の箱に手を伸ばして、それをつかんだために神の怒りがウザに向かって、その場で打たれた。 ソロモンは、主の契約の箱を運ぶ人達は誰

2020年12月28日ディボーション

旧約聖書 列王記第一6章 『480年目に七年かけて出来た主の宮』 「イスラエル人がエジプトの地を出てから四百八十年目、ソロモンがイスラエルの王となってから四年目のジブの月、すなわち第二の月に、ソロモンは主の家の建築に取りかかった」1節 ●学んだ事、語られた事 1節にサラッと「480年かけて…」と書かれ、そして2節では神殿の長さ60キュビト(1キュビト約50cmにて、約30m)、幅20キュビト(10

bottom of page