top of page
  • hccnichigo

2020年11月21日ディボーション

サムエル記 第二 6章

「神さまの助手席で賛美できますように」

教えられたこと


 エルサレムを全イスラエルの中心に据えたダビデ。そしていよいよ、首都イスラエルに神さまを迎えるため、『神の箱』を運ぶことにした。

 神の箱(主の箱、あかしの箱、契約の箱)は、今年の2月にデボーションをしていた出エジプトや、5月に学んだ民数記などにも詳しく描かれていた。純金の荘厳な、さぞ重いであろう箱を担ぐ様子を想像したりしていた。

 ところがこの6章では、人は担がない。

6:3「彼らは、神の箱を新しい荷車に乗せて、それを丘の上にあるアビナダブの家から移した。アビナダブの子、ウザとアフヨがその新しい荷車を御した。」

そうか、ダビデの時代には新車に乗せて運ぶようになったのか……と思った途端に、事態は急展開。荷車を引いていた牛がよろめいて、神の箱が落ちそうになるのを案じたウザは、とっさに箱を抑えて落下を防いだ。

 ウザは機転をきかせたつもりだったろう。ところが!

6:7「すると、主の怒りがウザに向かって燃え上がり、神はその過ちのために、彼をその場で打たれた。彼はそこで、神の箱の傍で死んだ。」

 神さまは喜ぶどころか、烈火のごとく怒ってウザを殺してしまった。なぜ???

 聖書の注釈を見ると、民数記の4:15が示されている。「人が聖なるものに触れると死ぬ」と、主は告げられていたのだ。

 ウザのように私たちは、恵みであれ怒りであれ、神さまのみことばに疎い。すぐ忘れてしまう。みことば通りに受け取らず、命に従わず、新車に乗せようと、自分の善意(?)ある解釈で行動しがちだ。

 そして荷車を御す=運転手としてハンドリングしてしまう。真のドライバーは神さまなのにもかかわらず。


 事件を見ていたダビデは猛省し、神さまの怒りが静まるまでひれ伏して待った。ようやく三カ月後、主の箱は人の肩に担がれて首都エルサレムに到着した。

 賛美の人、指揮者ダビデは服がはだけるのも気にせずに跳ね回り、喜び躍り、人々と歓声をあげた。

 そのようすを見下ろしていたのがサウルの娘、ミカルだった。ミカルはダビデをみっともないと口汚く罵った。それは主の栄光をあがめる、礼拝を否定することでもあった。

 だからだろうか、サムエル記の記者はミカルを“ダビデの妻ミカル”とは書かず、“サウルの娘”とした。主の祝福を受けることができなかった、父と娘である。


祈り


 天のお父さま、6章のみことばをありがとうございます。どうか聴き漏らすことなく、受け取れる人に育ててください。勝手な解釈をせず、全身全霊でみことばを聴き、血肉にできますよう消化吸収を助けてください。

 そしてみことばを実践できますよう、整えてください。

「主を喜び祝うことこそ、私たちの力の源です。」(ネヘミヤ8:10)

イエスさまのお名前で感謝して祈ります。アーメン

閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年6月17日 サムエル記第二2章

サウル王の死後もダビデは、主に伺うことを忘れなかったのである。とても学ばされる教訓である。 ダビデはユダの町のどれか一つへ上っていくべきかを主に伺った。主は、「上って行け」と言われた。ダビデの賢さは次の言葉ではないだろうか。「どこに上ればよいでしょうか」と聞いた。あくまでも主の御声を自分が納得するまで伺っていくところが彼の信仰の深さではないだろうか。私だったら、「はい。わかりました。」で終わってし

2024年6月16日 サムエル記第二1章

今日からサムエル記第二にはいる。一章では、サウル王とその息子ヨナタンの死を知ったダビデの深い悲しみが述べられている。 サウル王から何度も命が狙われて逃亡生活を送ってきたダビデは、本来ならばほっと肩の荷が下りた気持ちになるのではないかと思うが、逃亡中も死んでからもサウル王への謙遜さは失っていなかったのである。そればかりか、死んだことを知ったら、自分の衣をつかんで引き裂いてしまうほど悼み悲しんで泣き、

2020年12月31日ディボーション

旧約聖書:1列王記9章 ソロモン王は、20年を費やして主の宮と王宮を完成させた。主の宮が完成した後、まずしたことが契約の箱を運び入れることであった。契約の箱は、まさに神がここに住まわれることの徴であり、臨在の象徴であった。主の宮とは、この契約の箱を運び入れるために造られたのだ。だから主の宮の奉献式において「主の栄光が主の宮に満ちた」(8:11)のである。そして9章においては、支配地域の整理を行い、

Comments


bottom of page