• HCCnichigo

2020年11月2日ディボーション

サムエル記 第一 22章2節 

「弱き者の長となったダビデ」


「困窮している者、負債のある者、不満のある者たちも皆、彼のところに集まってきたので、ダビデは彼らの長となった」


☆学んだ事、感じた事。

 今も昔も弱き者は社会の中で取り残されて悲惨な目に遭っている。先日、日本のニュースでコロナ騒動の犠牲となり、経済的に困窮している母子家庭の母親が語っていた。「水道代を節約するために、トイレは一日一回しか行けない。」これがオリンピックで何億円も施設建設に予算を投じる日本の現実だ。

 どの国もどんどん税金をあげようとする。しかしどんな税金をあげるのか、またどのような物に税金をかけるのか吟味しないと先程の日本のニュースのような話がどんどん増えてくる。アメリカも大統領選挙前で他人事ではない。ダビデの時代の人々も同じような状況であったのではないだろうか。

 自分たちが望んだ王政だが、主が言われたように民を苦しめる状況を生んだ王政。その中でもダビデに民は光を見たのではないだろうか。自分たちを救ってくれる貧しい羊飼いであったダビデ。イエス様の時代にはイエス様が弱いものと寄り添う王として父なる神が私たちの為に遣わして下さった。そしてイエス様の十字架により、私たちは新しい命を得ることができた。それによって、肉の世界の動きはあまり気にならなくなった。それもイエス様の恵だと思う。

 たとえ間違った選択をして困窮の時にあっても、父なる神様は救いの手を差し伸べてくださる。なんと慈悲深いことか。ダビデのようなリーダーが各国に立てられる希望を胸に今日もイエス様と共に歩んで行きたい。


☆祈り。

 天の父なる神様。今日も私を生かしてくださり、用いてくださりありがとうございます。私たちはか弱き、力ないものです。そんな私たちを愛してくださりありがとうございます。ダビデやイエス様のような弱いものに目を止めてくださるようなリーダーが私たちに与えられるよう祈ります。アーメン。


11回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020年11月30日ディボーション

旧約聖書 サムエル記第二 15章 『ダビデ、泣きながら悔い改める』 26節「もし主が『あなたはわたしの心にかなわない』と言われるなら、どうか、主が良いと思われることをこの私にしてくださるように」 ●学んだこと、感じたこと 世の中様々な人がいる。その中でも人の助言に耳を開く人とそうでない人がいる。後者はダビデのように、痛い目に遭わないと自分が犯した罪に気がつかない。私もかつてはそうだった。 ダビデの

2020年11月29日ディボーション

サムエル記第二 14章 『ダビデもやっぱり親バカだった』 14節「神は命を取り去れられるのではなく、追放された者が神から投げ出されないように道を考えてくださいます」 ●語られたこと 出来の悪い子ほどかわいい、と良く言うがダビデもやはり同じだったようだ。異母弟を殺したアブサロムは父の怒りを恐れて逃亡生活に入る。(13章38節)しかしダビデは王である前にアブサロムの父として、彼に会いたいと思っていた。

2020年11月28日ディボーション

旧約聖書 サムエル記第二 13章 『王室スキャンダル』 触れられたこと: 昨日は投稿された12章のディボーションを想いながら、感謝祭の一日を過ごした。 それは書き出しから単刀直入に、神さまの前に心を注ぎだしていた。 「バテ・シェバが誰よりも苦しかったと思う。」と。 「ダビデ王ばかりがピックアップされているが、私にはバテ・シェバの悲しみ、苦しみが痛切に伝わってくる。」のだと。 “痛切”は、一瞬の感覚

​【お問合せ先】

お問合せメール:

  ⇒「こちら」をクリックして下さい。

住所: 2207 Oahu Avenue, Honolulu, HI 96822  U.S.A.

 

電話:808-973-4335

© 2020 by Honolulu Christian Church Nichigobu . Proudly created with Wix.com