top of page
  • hccnichigo

2020年11月2日ディボーション

サムエル記 第一 22章2節 

「弱き者の長となったダビデ」


「困窮している者、負債のある者、不満のある者たちも皆、彼のところに集まってきたので、ダビデは彼らの長となった」


☆学んだ事、感じた事。

 今も昔も弱き者は社会の中で取り残されて悲惨な目に遭っている。先日、日本のニュースでコロナ騒動の犠牲となり、経済的に困窮している母子家庭の母親が語っていた。「水道代を節約するために、トイレは一日一回しか行けない。」これがオリンピックで何億円も施設建設に予算を投じる日本の現実だ。

 どの国もどんどん税金をあげようとする。しかしどんな税金をあげるのか、またどのような物に税金をかけるのか吟味しないと先程の日本のニュースのような話がどんどん増えてくる。アメリカも大統領選挙前で他人事ではない。ダビデの時代の人々も同じような状況であったのではないだろうか。

 自分たちが望んだ王政だが、主が言われたように民を苦しめる状況を生んだ王政。その中でもダビデに民は光を見たのではないだろうか。自分たちを救ってくれる貧しい羊飼いであったダビデ。イエス様の時代にはイエス様が弱いものと寄り添う王として父なる神が私たちの為に遣わして下さった。そしてイエス様の十字架により、私たちは新しい命を得ることができた。それによって、肉の世界の動きはあまり気にならなくなった。それもイエス様の恵だと思う。

 たとえ間違った選択をして困窮の時にあっても、父なる神様は救いの手を差し伸べてくださる。なんと慈悲深いことか。ダビデのようなリーダーが各国に立てられる希望を胸に今日もイエス様と共に歩んで行きたい。


☆祈り。

 天の父なる神様。今日も私を生かしてくださり、用いてくださりありがとうございます。私たちはか弱き、力ないものです。そんな私たちを愛してくださりありがとうございます。ダビデやイエス様のような弱いものに目を止めてくださるようなリーダーが私たちに与えられるよう祈ります。アーメン。


閲覧数:15回

最新記事

すべて表示

2020年12月31日ディボーション

旧約聖書:1列王記9章 ソロモン王は、20年を費やして主の宮と王宮を完成させた。主の宮が完成した後、まずしたことが契約の箱を運び入れることであった。契約の箱は、まさに神がここに住まわれることの徴であり、臨在の象徴であった。主の宮とは、この契約の箱を運び入れるために造られたのだ。だから主の宮の奉献式において「主の栄光が主の宮に満ちた」(8:11)のである。そして9章においては、支配地域の整理を行い、

2020年12月30日ディボーション

第一列王記 8章 語られたこと: 主の契約の箱が、イスラエルの長老たち、部族のかしらたちと一族の長たちがソロモンのもとに召集して、幕屋から神殿に運ばれた。ダビデの時は契約の箱を運ぶ時は牛を使って運んだ(第二サムエル記6章6~7節)。運んでいる時に牛がよろめいたために、ウザは神の箱に手を伸ばして、それをつかんだために神の怒りがウザに向かって、その場で打たれた。 ソロモンは、主の契約の箱を運ぶ人達は誰

2020年12月28日ディボーション

旧約聖書 列王記第一6章 『480年目に七年かけて出来た主の宮』 「イスラエル人がエジプトの地を出てから四百八十年目、ソロモンがイスラエルの王となってから四年目のジブの月、すなわち第二の月に、ソロモンは主の家の建築に取りかかった」1節 ●学んだ事、語られた事 1節にサラッと「480年かけて…」と書かれ、そして2節では神殿の長さ60キュビト(1キュビト約50cmにて、約30m)、幅20キュビト(10

Comments


bottom of page