• HCCnichigo

2020年11月18日ディボーション

サムエル記 第二 3章


 王は自分の家来たちに言った。

「この私は油注がれた王であるが、今日の私は無力だ。ツエルヤの子であるこれらの者たちは、私にとっては手ごわすぎる。主が、悪を行うものに、その悪にしたがって報いてくださるように。」 3:38~39


語られたこと

 サウル家とダビデの長い戦いの中においても、主はダビデと共におられてダビデはますます強くなる。一方のサウル家はますます弱くなっていく。

 主は、約束されたことは必ず成就して下さるお方である。神に油注がれたダビデは、どんな時にも、主からの守りと祝福がある。それは、ダビデ自身が主に正直で、主に伺い、主に絶対的に従い、主に近づいていくからではないだろうか。主だけではなく、大切な人に対しても寛容さがみられる。

 サムエルの息子のアブネルが死んだ時はダビデはアブネルを丁寧に葬り、そこで声を上げて泣き、さらにアブネルのために哀歌を歌った。この章でしめされたことは、ダビデ自身が家来達に正直に語ったこと、つまり、「弱さの中に神ご自身が働いて下さる。」ということを知らせたかったのではないかと思う。できないことは素直に認めて、主にすべてを委ねていける、ダビデのようになりたい者でありたい。


祈り

 天のお父様、今日の聖書のみことばを示して下さってありがとうございます。

ダビデのように、できないことはできない、と素直にあなたに明け渡していくことができるように助けて下さい。あなたにもっと、もっと近づいていき、又、あなたを感じることができますようにお導き下さい。

 感謝して主イエスキリストの御名によってお祈りします。 アーメン

16回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020年12月9日ディボーション

サムエル記第二 24章 24:1さて、再び主の怒りがイスラエルに対して燃え上がり、ダビデをそそのかして、彼らに向かわせた。「さあ、イスラエルとユダの人口を数えよ」と。 語られたこと: 主は、ここで再びダビデを試される。主が、ダビデ自身に何を示されようとしたのか、ダビデはその時にわからなかったと思う。家来のヨアブがなぜそのようなことをするのか、不思議に思っているのに、ダビデは気ずかなかった。いや、神

2020年12月 8日ディボーション

旧約聖書:第2サムエル記23章 「ダビデ最後の言葉」 ダビデ王も年を取り、今までの生涯を振り返って書いたものです。神は素晴らしく世界の人々に褒めたたえられるべきお方です。 ダビデは生涯を通じて神さまと歩んで来られたことは幸いでした。 自分の力だけでは無く、いつも神さまと共に歩む生活が素晴らしかった事を伝えていますが、6-7節では神さまが無かったら捨てられ、焼かれてしまうと今までの事を振り返って述べ

2020年12月7日ディボーション

旧約聖書 サムエル記 第二 22章 「ダビデの魂の叫び、神への賛美」 7節「私は苦しみの中で主を呼び求め、わが神に叫んだ。主はその宮で私の声をきかれ、私の叫びは御耳に届いた。」 ●語られたこと 私はどんな時に主を呼び求め、主に叫んでいるだろうか? 大変な時だけか? ダビデのように全ての敵の手から救いだされた時だろうか? このダビデの賛美は1節にあるように「サウルの手から救い出された日」(サムエル記

​【お問合せ先】

お問合せメール:

  ⇒「こちら」をクリックして下さい。

住所: 2207 Oahu Avenue, Honolulu, HI 96822  U.S.A.

 

電話:808-973-4335

© 2020 by Honolulu Christian Church Nichigobu . Proudly created with Wix.com