top of page
  • hccnichigo

2020年11月18日ディボーション

サムエル記 第二 3章


 王は自分の家来たちに言った。

「この私は油注がれた王であるが、今日の私は無力だ。ツエルヤの子であるこれらの者たちは、私にとっては手ごわすぎる。主が、悪を行うものに、その悪にしたがって報いてくださるように。」 3:38~39


語られたこと

 サウル家とダビデの長い戦いの中においても、主はダビデと共におられてダビデはますます強くなる。一方のサウル家はますます弱くなっていく。

 主は、約束されたことは必ず成就して下さるお方である。神に油注がれたダビデは、どんな時にも、主からの守りと祝福がある。それは、ダビデ自身が主に正直で、主に伺い、主に絶対的に従い、主に近づいていくからではないだろうか。主だけではなく、大切な人に対しても寛容さがみられる。

 サムエルの息子のアブネルが死んだ時はダビデはアブネルを丁寧に葬り、そこで声を上げて泣き、さらにアブネルのために哀歌を歌った。この章でしめされたことは、ダビデ自身が家来達に正直に語ったこと、つまり、「弱さの中に神ご自身が働いて下さる。」ということを知らせたかったのではないかと思う。できないことは素直に認めて、主にすべてを委ねていける、ダビデのようになりたい者でありたい。


祈り

 天のお父様、今日の聖書のみことばを示して下さってありがとうございます。

ダビデのように、できないことはできない、と素直にあなたに明け渡していくことができるように助けて下さい。あなたにもっと、もっと近づいていき、又、あなたを感じることができますようにお導き下さい。

 感謝して主イエスキリストの御名によってお祈りします。 アーメン

閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年6月17日 サムエル記第二2章

サウル王の死後もダビデは、主に伺うことを忘れなかったのである。とても学ばされる教訓である。 ダビデはユダの町のどれか一つへ上っていくべきかを主に伺った。主は、「上って行け」と言われた。ダビデの賢さは次の言葉ではないだろうか。「どこに上ればよいでしょうか」と聞いた。あくまでも主の御声を自分が納得するまで伺っていくところが彼の信仰の深さではないだろうか。私だったら、「はい。わかりました。」で終わってし

2024年6月16日 サムエル記第二1章

今日からサムエル記第二にはいる。一章では、サウル王とその息子ヨナタンの死を知ったダビデの深い悲しみが述べられている。 サウル王から何度も命が狙われて逃亡生活を送ってきたダビデは、本来ならばほっと肩の荷が下りた気持ちになるのではないかと思うが、逃亡中も死んでからもサウル王への謙遜さは失っていなかったのである。そればかりか、死んだことを知ったら、自分の衣をつかんで引き裂いてしまうほど悼み悲しんで泣き、

2020年12月31日ディボーション

旧約聖書:1列王記9章 ソロモン王は、20年を費やして主の宮と王宮を完成させた。主の宮が完成した後、まずしたことが契約の箱を運び入れることであった。契約の箱は、まさに神がここに住まわれることの徴であり、臨在の象徴であった。主の宮とは、この契約の箱を運び入れるために造られたのだ。だから主の宮の奉献式において「主の栄光が主の宮に満ちた」(8:11)のである。そして9章においては、支配地域の整理を行い、

Comments


bottom of page