• HCCnichigo

2020年11月13日ディボーション

テトス3章 「良いわざに励むために」


キーワード:「良いわざ」1節、8節、14節


 パウロは、「私たちも以前は…」(3節~)Beforeと 、「しかし…」(4節~)からの Afterをテトスに書き送る。


Before

・愚かで不従順 

・迷っていた

・欲望と快楽の奴隷

・悪意とねたみのうちに生活していた

・人から憎まれ、互いに憎み合う者だった


After ~救い主である神のいつくしみと人に対する愛が現れたとき~

・聖霊による再生と刷新の洗いを持って“Before”の状態から、救い出された。

・この聖霊が、私たちに豊かに注がれている。

・義認

・永遠のいのちの望みを抱く相続人の約束


Before & Afterは、かなり明白である。

 その鍵は、4節「私たちの救い主である神のいつくしみと人に対する愛が現れたとき、…」にある。神様のいつくしみと、私たちに対する神の愛は、人を180度変える力がある。

 自分で自分を変えることの難しい私たちを、神はそのいつくしみと愛をもって、徹頭徹尾、神様の側から私たちの生活、存在すべてを変えてくださるのだ。

Beforeを脱却した聖なる神の霊に満たされた者として、Afterで約束されている希望と喜び、感謝に溢れて、歩んでいきたい。

 そして、テトスが師匠パウロから受け取った「良いわざに励みなさい。」ということばを、私自身も確と受け取り、神のいつくしみと愛に突き動かされる生涯を歩ませていただきたい。


応答

天のお父様、

あなたのいつくしみと愛を感謝します。あなたによって古い自分を脱ぎ去り、今日もあなたの栄光を現す者として、この地上で「良いわざに励む」ことができるように、私を導いてください。アーメン。

23回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020年11月30日ディボーション

旧約聖書 サムエル記第二 15章 『ダビデ、泣きながら悔い改める』 26節「もし主が『あなたはわたしの心にかなわない』と言われるなら、どうか、主が良いと思われることをこの私にしてくださるように」 ●学んだこと、感じたこと 世の中様々な人がいる。その中でも人の助言に耳を開く人とそうでない人がいる。後者はダビデのように、痛い目に遭わないと自分が犯した罪に気がつかない。私もかつてはそうだった。 ダビデの

2020年11月29日ディボーション

サムエル記第二 14章 『ダビデもやっぱり親バカだった』 14節「神は命を取り去れられるのではなく、追放された者が神から投げ出されないように道を考えてくださいます」 ●語られたこと 出来の悪い子ほどかわいい、と良く言うがダビデもやはり同じだったようだ。異母弟を殺したアブサロムは父の怒りを恐れて逃亡生活に入る。(13章38節)しかしダビデは王である前にアブサロムの父として、彼に会いたいと思っていた。

2020年11月28日ディボーション

旧約聖書 サムエル記第二 13章 『王室スキャンダル』 触れられたこと: 昨日は投稿された12章のディボーションを想いながら、感謝祭の一日を過ごした。 それは書き出しから単刀直入に、神さまの前に心を注ぎだしていた。 「バテ・シェバが誰よりも苦しかったと思う。」と。 「ダビデ王ばかりがピックアップされているが、私にはバテ・シェバの悲しみ、苦しみが痛切に伝わってくる。」のだと。 “痛切”は、一瞬の感覚

​【お問合せ先】

お問合せメール:

  ⇒「こちら」をクリックして下さい。

住所: 2207 Oahu Avenue, Honolulu, HI 96822  U.S.A.

 

電話:808-973-4335

© 2020 by Honolulu Christian Church Nichigobu . Proudly created with Wix.com