top of page
  • hccnichigo

2020年11月11日ディボーション

サムエル記 第一   31章


神から見放されたサウル王の最期

 

語られたこと:

 サウル王は最期の最期まで自分のプライドをすてきれずに、死ぬ間際までそれを通しぬいた。敵に打たれるよりは、味方の手にかかって死んだほうがましだと、道具持ちに自分を打ってほしいと懇願するが、それもできなくて最期は自分で剣をとりその上に倒れ込んだ。

サウルの心は完全に神から離れてしまっていた。

 かっては、神から油注がれたサウル王のこの結末にたどり着いて、なんともいえない虚しさを思わずにはおれない。神御身もサウルのこの最期を嘆き悲しんだことだと思う。

 神は、最後まで忍耐をもってサウルの悔い改めを待ち望んでおられたのではなかっただろうか。なぜなら、神は愛のお方だから。神は来るものは決して拒まない方だから。神は、私達が悪いことをしても、大胆に悔い改めて神に近づくことを待っておられると思う。私達も忍耐を尽くして神に近づきたいものでありたい。


祈り

 天のお父様、今日のみことばを語って下さって心から感謝します。

サウル王のように私も何度も失敗を繰り返す弱い者です。でも、私達はイエスキリストの十字架により罪が赦され、祈り、悔い改めていける特権があることを感謝します。何度も失敗しますが、それでも立ち上がりあなたから離れていかないように、この弱い者を導いて下さい。感謝して主イエスキリストの御名によって祈ります。アーメン

閲覧数:28回

最新記事

すべて表示

2020年12月31日ディボーション

旧約聖書:1列王記9章 ソロモン王は、20年を費やして主の宮と王宮を完成させた。主の宮が完成した後、まずしたことが契約の箱を運び入れることであった。契約の箱は、まさに神がここに住まわれることの徴であり、臨在の象徴であった。主の宮とは、この契約の箱を運び入れるために造られたのだ。だから主の宮の奉献式において「主の栄光が主の宮に満ちた」(8:11)のである。そして9章においては、支配地域の整理を行い、

2020年12月30日ディボーション

第一列王記 8章 語られたこと: 主の契約の箱が、イスラエルの長老たち、部族のかしらたちと一族の長たちがソロモンのもとに召集して、幕屋から神殿に運ばれた。ダビデの時は契約の箱を運ぶ時は牛を使って運んだ(第二サムエル記6章6~7節)。運んでいる時に牛がよろめいたために、ウザは神の箱に手を伸ばして、それをつかんだために神の怒りがウザに向かって、その場で打たれた。 ソロモンは、主の契約の箱を運ぶ人達は誰

2020年12月28日ディボーション

旧約聖書 列王記第一6章 『480年目に七年かけて出来た主の宮』 「イスラエル人がエジプトの地を出てから四百八十年目、ソロモンがイスラエルの王となってから四年目のジブの月、すなわち第二の月に、ソロモンは主の家の建築に取りかかった」1節 ●学んだ事、語られた事 1節にサラッと「480年かけて…」と書かれ、そして2節では神殿の長さ60キュビト(1キュビト約50cmにて、約30m)、幅20キュビト(10

Comments


bottom of page