top of page
  • hccnichigo

2020年11月10日ディボーション

旧約聖書:1サムエル記30章

「神が共におられるとは」


サウル王のユダヤ人とペリシテ人最後の戦いが迫っていた。その時ダビデ一族はペリシテ人のアキシュの地を本拠地(ツィケラグの町)として暮らしていた。 ダビデはお世話になったアキシュからの願いでサウル王と戦う事になったが、他のペリシテ人の首長はそれを許さなかった。

 それでダビデ達は自分たちの住んでいたツィケラグの町に帰ったら、驚くような事件が起きていた。 町はアマレク人略奪隊に襲われ、家族たちは奴隷として連れていかれたのだ。

ダビデはその責任を問われ、仲間から石打で殺されかかった。ところがダビデは神さまから励ましを受け、600人の部下と共にアマレク人略奪隊への追撃を開始した。途中の川で、200人が疲労の為に動けなくなった。そして残った400人で略奪隊の後を追った。

そんな時、ダビデはアマレク人略奪隊が病気のための捨てたエジプト人奴隷と出会い、彼に食事と水を与え介抱した。彼は元気を取り戻し、アマレク人の略奪隊の道案内をしてくれることになる。そのお蔭でダビデ一族はアマレク人の略奪隊に追いつき、彼らを倒し、自分たち家族を解放し、自分たちが持っている以上の略奪物をはぎ取った。


●教えられたこと

ダビデは、するべき事をしっかりとしながら略奪隊を追いかけました。その間、反対者や脱落者が出ます。それでも、ダビデは神さまを信じひたすら愛ある行動をしました。その結果、愛する家族は助かり、自分たちが奪われた物以上のものが手に入ったのです。

 ダビデはその感謝の気持ちで、略奪隊からの分捕りものを仲間たち、川の途中動けなくなった者たち、そして自分を殺そうとした者たち、サウル王から逃げる時に助けてくれた人々にまでシェアする事が出来たのでした。なんと寛容で溢れていたのでしょう。凄いの一言です。

 彼は心底、神さまに助けられた事、お世話になった人たち、敵と思えるような人にまで贈り物をしたのです。 ダビデは、敵のような人にまでお礼をしなくても良かったのですが、それを上回る喜びがそうさせたのです。人には出来ないけれど、ダビデが神さまに対する信頼がどれ程だったのか教えられ、また神が共におられる人の歩みを教えられました。主よ。感謝します。


●お祈り

天のお父様、ダビデはどん底に落ちた時も、天の神さまを信頼し、力を頂き、みことばに従った事を教えられます。

 私には出来ません。ほんのちょっとした事で良いのです。 その気持ちをあなたから頂き、行動し、人にシェアをし、満たして下さい。

その心を一人でも多くの人と繋がり、人々に喜びをシェアする者と成して下さい。よろしくお願いします。イエス様の御名によってお祈ります。アーメン

閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年6月15日 サムエル記第一31章

サムエル記第一の最後の章は、サウル王の最期について語られています。 イスラエルの王サウルは、ペリシテ人との戦いで追い詰められ、彼の息子たちもこの同じ戦いで命を落とし、イスラエル軍は大敗してしまいます。そして、神さまに選ばれたイスラエルの王サウルは、自らの剣で命を絶つ道を選びました。 「サウルは道具持ちに言った。『おまえの剣を抜いて、私を刺し殺してくれ。さもないと、あの無割礼の者たちがやって来て、私

2024年6月14日 サムエル記第一30章

この章で目に留まったのは、「主によって奮い立つ」(6)というみことばだった。アマレク人に襲われて、街は焼かれ、家族も家畜もみな連れ去らわれたとき、ダビデの部下たちはダビデを石で打ち殺そうと言い出した。サウル王に追われ、逃げ回り、敵であるペリシテ人の地に住むことにすら従ってきた部下たちだった。戦い続きの上、その前の章ではペリシテ人の地に住むために、あやうく同胞をも襲わなければいけないような状況も味わ

2024年6月13日 サムエル記第一29章

29章は、ダビデが窮地に陥った時に主の不思議な摂理によってそこから抜け出ることができた事が記されています。 ダビデとその部下は、アキシュが率いる軍団に加わってその後に続いた。しかし、ペリシテ人の首長たちは、ダビデの一行と戦いに行くことを強く反対したのである。なぜならダビデが戦いの最中に心変わりして敵対することがあるかもしれないのでこの戦いから外してほしいことをアキシュに強く迫ってきたのである。 ア

Commentaires


bottom of page