2020年11月1日ディボーション

エレミヤ書 17章 主に信頼する者


5 主はこう言われる。

 「人間に信頼する者はのろわれよ。

 肉なる者を自分の腕とし、

 心が主から離れている者は。

6 そのような者は荒れ地の灌木。

 幸せが訪れても出会うことはなく、

 焼けついた荒野、住む者のいない塩地に住む。


7 主に信頼する者に祝福があるように。

 その人は主を頼みとする。

8 その人は、水のほとりに植えられた木。

 流れのほとりに根を伸ばし、

 暑さが来ても暑さを知らず、

 葉は茂って、

 日照りの年にも心配なく、

 実を結ぶことをやめない。

*感じたこと

人間に信頼する者と、主に信頼する者の対極的な大きな違いが記されている。

人間に信頼する者は、のろわれよ。主に信頼する者に、祝福があるように。


私たち人間は、そもそも創造主である神様と、共に生きていくように造られた。

神様は人に豊かな祝福を与えたいと願っていて下さる。そして私たちがその祝福を喜んで受け取り、神様と共に歩む中で祝福の実となって、主に栄光を帰する。

それにはこの御言葉にあるように、主を頼みとし、主のみそばにいることが鍵。

神様の近くで、いつもコミュニケーションを取れる交わりの中にいることの大切さ。

そして揺るがない御言葉と、尽きることのない神様の愛の源から与えられるいのちによって、生かされ、御霊の実を結ぶように召されているということ。

必要なものは、すべて与えてくださるお方。神様の摂理。


*祈り

愛する天の神様。

自分に人に頼って生きる術しか知らなかった私を、あなたはみそばに引き寄せて、水のほとりに植えてくださいました。あなたの大きな愛と恵みを、ありがとうございます。

いのちの水の泉である主に、これからも信頼して歩むことが出来ますように。そして、いつもあなたのみそばにいることを、選び続けることができますように。

閲覧数:20回

最新記事

すべて表示

エレミヤ書52章 エレミヤ書は、この52章で終わる。51章64節には「ここまでが、エレミヤのことばである。」と書かれている。52章は、エレミヤを通して神のことばが語り尽くされた後の「あとがき」が書かれている。すべての結果が出てしまった後の、淡々とした描写がかえって深く心に迫る。 バビロン帝国によって南ユダは滅びたのだ。神の都エルサレムは廃墟となり、栄華を極めたソロモン大王によって建立された神殿も廃

エレミヤ書51章 “God Has The Final Say” エレミヤ書51章には、バビロンに対するエレミヤの預言が記されています。エレミヤは、46章のエジプトに対する預言から始まって、イスラエルを取り巻く国々に対して多くの預言を行いました。 ここで一つ重要な事実は、この預言がなされた当時、バビロンはまだ世界の頂点にあったということです。その王であるネブカドネツァルは、おそらく世界で最も強力な

エレミヤ書50章 『バビロンの滅びの宣告』 イスラエルは、神の裁きによりアッシリアの王に食われ、その骨はついにバビロンの王ネブカドネツァルが食らった。そして、今度はバビロンが滅ぼされるというのだ。神の目に義とされることを行わなければ裁きが待っているということである。 バビロンは、主の御計画の為に用いられたのに、彼らも又、ベルとメロダクという偶像の神を拝していたのである。高慢になっていたのである。自