• HCCnichigo

2020年11月1日ディボーション

エレミヤ書 17章 主に信頼する者


5 主はこう言われる。

 「人間に信頼する者はのろわれよ。

 肉なる者を自分の腕とし、

 心が主から離れている者は。

6 そのような者は荒れ地の灌木。

 幸せが訪れても出会うことはなく、

 焼けついた荒野、住む者のいない塩地に住む。


7 主に信頼する者に祝福があるように。

 その人は主を頼みとする。

8 その人は、水のほとりに植えられた木。

 流れのほとりに根を伸ばし、

 暑さが来ても暑さを知らず、

 葉は茂って、

 日照りの年にも心配なく、

 実を結ぶことをやめない。

*感じたこと

人間に信頼する者と、主に信頼する者の対極的な大きな違いが記されている。

人間に信頼する者は、のろわれよ。主に信頼する者に、祝福があるように。


私たち人間は、そもそも創造主である神様と、共に生きていくように造られた。

神様は人に豊かな祝福を与えたいと願っていて下さる。そして私たちがその祝福を喜んで受け取り、神様と共に歩む中で祝福の実となって、主に栄光を帰する。

それにはこの御言葉にあるように、主を頼みとし、主のみそばにいることが鍵。

神様の近くで、いつもコミュニケーションを取れる交わりの中にいることの大切さ。

そして揺るがない御言葉と、尽きることのない神様の愛の源から与えられるいのちによって、生かされ、御霊の実を結ぶように召されているということ。

必要なものは、すべて与えてくださるお方。神様の摂理。


*祈り

愛する天の神様。

自分に人に頼って生きる術しか知らなかった私を、あなたはみそばに引き寄せて、水のほとりに植えてくださいました。あなたの大きな愛と恵みを、ありがとうございます。

いのちの水の泉である主に、これからも信頼して歩むことが出来ますように。そして、いつもあなたのみそばにいることを、選び続けることができますように。

15回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020年11月30日ディボーション

旧約聖書 サムエル記第二 15章 『ダビデ、泣きながら悔い改める』 26節「もし主が『あなたはわたしの心にかなわない』と言われるなら、どうか、主が良いと思われることをこの私にしてくださるように」 ●学んだこと、感じたこと 世の中様々な人がいる。その中でも人の助言に耳を開く人とそうでない人がいる。後者はダビデのように、痛い目に遭わないと自分が犯した罪に気がつかない。私もかつてはそうだった。 ダビデの

2020年11月29日ディボーション

サムエル記第二 14章 『ダビデもやっぱり親バカだった』 14節「神は命を取り去れられるのではなく、追放された者が神から投げ出されないように道を考えてくださいます」 ●語られたこと 出来の悪い子ほどかわいい、と良く言うがダビデもやはり同じだったようだ。異母弟を殺したアブサロムは父の怒りを恐れて逃亡生活に入る。(13章38節)しかしダビデは王である前にアブサロムの父として、彼に会いたいと思っていた。

2020年11月28日ディボーション

旧約聖書 サムエル記第二 13章 『王室スキャンダル』 触れられたこと: 昨日は投稿された12章のディボーションを想いながら、感謝祭の一日を過ごした。 それは書き出しから単刀直入に、神さまの前に心を注ぎだしていた。 「バテ・シェバが誰よりも苦しかったと思う。」と。 「ダビデ王ばかりがピックアップされているが、私にはバテ・シェバの悲しみ、苦しみが痛切に伝わってくる。」のだと。 “痛切”は、一瞬の感覚

​【お問合せ先】

お問合せメール:

  ⇒「こちら」をクリックして下さい。

住所: 2207 Oahu Avenue, Honolulu, HI 96822  U.S.A.

 

電話:808-973-4335

© 2020 by Honolulu Christian Church Nichigobu . Proudly created with Wix.com