• HCCnichigo

2020年10月7日ディボーション

第一テモテ6章20節

「テモテよ、委ねられたものを守りなさい。」


 この6章から語られたことは、パウロがテモテに教え、述べていることを多くの人々に教え勧めなさいと言っていることは、牧師や伝道者のみに限らずに私達クリスチャン自身にも相当するのではないだろうか。

 又、パウロはテモテにこう命じる。キリストの再臨の時まで、汚れなく、非難されることなく命令を守りなさいと。このことも、私達クリスチャン皆に対する神からの命令だと思う。

 神の命令を常に守るということは、時にはいろいろと困難をもたらす事がある。特に、夫婦間、子どもとの関係、ノンクリスチャンとの出会いの時、あるいはクリスチャン同志で問題が起こった時とか。それでも、私達は祈り悔い改めて他者を赦し愛していかなければならない。

 なぜならそれが神の命令だから。神は唯一正しいお方だから。

 委ねられたものを守り続け、この世を出ていくときには、何も持って出ることはできないけれど、神の国では大きな冠をいただけるのではないかと思う。神が委ねられたことを絶対的に守り続けていくことが、私達一人一人に与えられた命令ではないだろうか。


祈り

 天のお父様、今日のみことばを私に与えて下さったことを感謝します。

 パウロがテモテに語ったことは私自身にも当てはまることだということを

語って下さってありがとうございます。私もあなたが委ねられたことをこの地上において守っていきたいと思います。つまずき、絶望する時、他者の言葉に惑わされる時もあります。その時はどうぞ私を正しい方向に導いて下さい。お願いします。感謝して主イエスキリスト御名によってお祈りします。

 アーメン

22回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020年10月31日ディボーション

サムエル記第一 18章~23章 ヨナタンとダビデの、つるまない友情 “聖書人名小辞典”には、3,500人の聖書に登場する人々が紹介されている。実際にはそれ以上なのだろうけれど、あまたいる登場人物の中で、ヨナタンほど無私で高潔で、神さまの愛をただただ従順に実践した人物はいないと思う(念のため、イエスさま以外で)。 「人が自分の友のためにいのちを捨てること、これよりも大きな愛はだれも持っていません。」

2020年10月30日ディボーション

サムエル記 第一 19、20章 ダビデとヨナタンの美しい友情 サウルはダビデを妬み、その思いは彼を殺意にまで至らせた。「妬み」という人の罪は、非常に恐ろしい。 しかし、そのようなダビデの危機迫る人生で、ダビデ自身を慰め、守ったのは、サウルの息子ヨナタンの存在であった。 18:1「ダビデがサウルと語り終えたとき、ヨナタンの心はダビデの心に結びついた。ヨナタンは、自分自身のようにダビデを愛した。」 1

2020年10月29日ディボーション

旧約聖書:1サムエル記18章 「神から離れない」 神から退けられたサウル王は、精神的に病んでしまったようだ。極度の不安症から妄想に取りつかれてしまった。 それは「災いの霊」(悪い霊:共同訳)がサウルに臨んだからだ。(18:10)。ここで、神からの霊が悪い霊? という疑問がわくが、この解釈についてはここで触れない。 精神病の原因のすべてが悪霊によるとは、決して言えない。しかしサウルの場合は、神から退

​【お問合せ先】

お問合せメール:

  ⇒「こちら」をクリックして下さい。

住所: 2207 Oahu Avenue, Honolulu, HI 96822  U.S.A.

 

電話:808-973-4335

© 2020 by Honolulu Christian Church Nichigobu . Proudly created with Wix.com