• HCCnichigo

2020年10月6日ディボーション

新約聖書:1テモテ5章

 

 使徒パウロが愛弟子のテモテという指導者がいるエペソ教会へ送った手紙です。でもよく読むと、決してエペソ教会だけに宛てられた手紙ではなく、世界の教会に向けて送られた手紙でもありました。

 この章では人と人との関係について述べられています。 またここでは、年配者、未亡人や長老の事に事細かく書いてあります。


●教えられたこと

 私が特に感じたのは、未亡人の事ですがよく読むと未亡人でも皆さん、立場が違うのです。教会は未亡人を養いなさいとも書いていますが、それよりも各未亡人をよく吟味して、問題解決に当たる事。そして何よりも家族関係がうまく行くように書いています。

それと教会には色々な人が集まって来ますが、対処方法が違うのです。実際にその奉仕をする時に、それが自分のために行っているのか? 教会のために行っているのか? 良く検討をする事が大切です。それによって良い交わりが生まれ、教会は成長します。 

 またその任に当たっている長老を大事にするように、さらに色々な判断を偏見なしに守り、何事もかたよらないで行いなさい。と伝えていますので、大事な聖書個所です。


●お祈り

 天のお父様、若い弟子テモテも教会で色々な問題と戦っていました。 昔も今も教会には色々な人が集まり、色々な考えを持った人々が集まります。しかし、ただ大事なのは、主の御名が教会に於いても社会に於いても称えられる事です。そのために教会が用いられています。教会の牧師、役員、信徒それぞれが神様の愛によって集まり、訓練され、一人でも多くの人がイエス様の十字架の愛に目が向きますようにお願います。これらの事が教会で広まり、社会に広まっていくようにイエス様の名によってお祈りします。 アーメン

18回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020年10月31日ディボーション

サムエル記第一 18章~23章 ヨナタンとダビデの、つるまない友情 “聖書人名小辞典”には、3,500人の聖書に登場する人々が紹介されている。実際にはそれ以上なのだろうけれど、あまたいる登場人物の中で、ヨナタンほど無私で高潔で、神さまの愛をただただ従順に実践した人物はいないと思う(念のため、イエスさま以外で)。 「人が自分の友のためにいのちを捨てること、これよりも大きな愛はだれも持っていません。」

2020年10月30日ディボーション

サムエル記 第一 19、20章 ダビデとヨナタンの美しい友情 サウルはダビデを妬み、その思いは彼を殺意にまで至らせた。「妬み」という人の罪は、非常に恐ろしい。 しかし、そのようなダビデの危機迫る人生で、ダビデ自身を慰め、守ったのは、サウルの息子ヨナタンの存在であった。 18:1「ダビデがサウルと語り終えたとき、ヨナタンの心はダビデの心に結びついた。ヨナタンは、自分自身のようにダビデを愛した。」 1

2020年10月29日ディボーション

旧約聖書:1サムエル記18章 「神から離れない」 神から退けられたサウル王は、精神的に病んでしまったようだ。極度の不安症から妄想に取りつかれてしまった。 それは「災いの霊」(悪い霊:共同訳)がサウルに臨んだからだ。(18:10)。ここで、神からの霊が悪い霊? という疑問がわくが、この解釈についてはここで触れない。 精神病の原因のすべてが悪霊によるとは、決して言えない。しかしサウルの場合は、神から退