top of page
  • hccnichigo

2020年10月5日ディボーション

テモテへの手紙 第一 4章 4

「神が造られたものはすべて良いもので、感謝して受けるとき、捨てるべきものは何もありません。」

学んだ事

 「作る」ではなくて「造る」。改めてどう言う意味の違いがあるのか調べてみた。「作る」は一般的にどんな物にも当てはまる言葉。しかし「造る」は新しい物事をつくり出す、と言う意味がある。この造るは天地創造の造るから来ている。それでは造られたものとは何を指すのか。

 それは人だと思う。アダムが造られ、その後にエバが造られた。創世記2章18節「人がひとりでいるのは良くない。わたしは人のために、ふさわしい助け手を造ろう」と神様はおしゃっている。このエバがいなければ、アダムはエデンの園を追われることはなかったかもしれない。しかし一人で彼は人としての成長はなかったであろう。エバが起こした間違いも含めて、アダムにとっては良いものだっだのである。

 私達も自分以外の人、家族、友人を通して自分の心を見せられる。岩のように硬い心にも

イエス様は愛の根を下ろし、それぞれの問題を時間をかけて解決してくださる。そうやって私たちの霊は磨かれ、鍛錬されるのであろう。頑ななわたしの心をも諦める事なく、愛を注いで下さる父なる神とイエス様の愛はとても深い。それに気がついた時、自分が嫌な思いをして学んだ事も、お二人から私への霊の成長のために必要なプレゼントだったのだと気づいた。

祈り

 天の父なる神様、そして御子イエス様。今日も私の心の岩に愛の根をはり、私に語りかけてくださった事を感謝いたします。これからもあなたから受けるプレゼントをすべて感謝して受け取れるような強い心にしてください。私は弱い者です。ですから、今日も私と共にいて、私の心を強めてください。あなたのすべての御業を感謝して、主イエスキリストの御名を持ってみ前にお捧げいたします。アーメン。

閲覧数:24回

最新記事

すべて表示

2023年5月13日 テモテへの手紙第一 6章

『神の人よ』 「しかし、神の人よ。あなたはこれらのことを避け、義と敬虔と信仰、愛と忍耐と柔和を追い求めなさい。」(11節) 牧会で苦労をしているテモテに対して、パウロは「神の人」と呼びかける。 旧約では、モーセやエリヤ、その弟子のエリシャ、ダビデも「神の人」と呼ばれた。でも新約で「神の人」と呼ばれたのは、若きテモテ牧師だけだそうだ。テモテは禁欲的なのだろうか、水ばかり飲んでいたらしい。神経をすり減

2023年5月12日 テモテへの手紙第一 5章

1節「父親にするように。」、2節「母親にするように。」という言葉が心に止まりました。この日曜日が「母の日」だからだと思います。 それにしても、父と母にするようにと言われますが、それは実際には、どのようにすることなのでしょうか。 よく見ると、この御言葉は「父、母からされたように。」とは書いていません。私たちの人間関係の持ち方、物事への対応の仕方は、多くの場合、両親から無意識のうちに学びます。ですから

2023年5月11日 テモテへの手紙第一 4章

4章は、間違った禁欲的な行動を戒め、神に望みを置く敬虔な生き方をすべきだと命じている。エペソの偽教師たちは、結婚を禁じたり、断食を命じたりする者は、神が造られたものはすべて良い物であることを理解していませんでした。そのことについて、パウロは、神が造られたものはすべて良いもので、捨てるべきものは何もありませんと間違った教えを戒めているのである。 「神はご自分が造ったすべてのものを見られた。見よ、それ

Comentários


bottom of page