• HCCnichigo

2020年10月31日ディボーション

サムエル記第一 18章~23章

ヨナタンとダビデの、つるまない友情


“聖書人名小辞典”には、3,500人の聖書に登場する人々が紹介されている。実際にはそれ以上なのだろうけれど、あまたいる登場人物の中で、ヨナタンほど無私で高潔で、神さまの愛をただただ従順に実践した人物はいないと思う(念のため、イエスさま以外で)。

「人が自分の友のためにいのちを捨てること、これよりも大きな愛はだれも持っていません。」ヨハネ15:13

 ダビデを最初に愛したのはヨナタンだ。

「ヨナタンは自分自身のようにダビデを愛したので、ダビデと契約を結んだ。」サムエル一18:3

 神さまの元で、2度も愛を誓った。

「ヨナタンは、ダビデに対する愛のゆえに、もう一度ダビデに誓わせた。ヨナタンは自分を愛するほどにダビデを愛していたからである。」サムエル一20:17

 王位継承者であるヨナタンが、羊飼いの平民のダビデを愛した。ダビデが主の油を注がれたことを察知し、素直に受け入れたからだ。そして誓いの通りダビデを愛し、ダビデを守った。

 父サウルから殺されそうになっても、ヨナタンは盾となってダビデを逃した。命がけで、ダビデの望みはなんでも聞いてあげた。それが神さまの御心だと信じていたから。

 ダビデとつるんで戦うこともできた。ダビデとつるんで逃げ出すこともできた。でもヨナタンは生涯、ダビデとは一線を画した。

「そしてダビデは立ち去った。ヨナタンは町へ帰って行った。」サムエル一20:42

「二人は主の前で契約を結んだ。ダビデはホレシュにとどまり、ヨナタンは自分の家に帰った」サムエル一23:18

 ダビデを憎悪する、愚かな父サウルの元に居続けたヨナタン。子として父に従う姿勢を崩すことはなかった。そして父とともに自死していく。

 御心のままに愛と従順を生きたヨナタンは、真の勝者だ!


触れられたこと

 ヨナタンのように友を愛し抜く力はないけれど、ヨナタンのようになりたい

と祈る私はここにいます。

 ヨナタンのように、境界線を守りながら深く友と交わることはできないけど、神さまを見上げ続ければ、いつか縦と横の愛のポジションを与えられる、と信じて期待します。

 ヨナタンのように、殺されそうなほどの悲劇が起きたら、逃げ出して被害者の殻に閉じこもり、一生赦すことはできません。ただ被害者だと感じるようなことが私に起きたら、神さまの元にただちに逃げ込んで、ニュートラルにみことばを聞き、それに従えるように祈ります。

15回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020年11月11日ディボーション

サムエル記 第一   31章 神から見放されたサウル王の最期 語られたこと: サウル王は最期の最期まで自分のプライドをすてきれずに、死ぬ間際までそれを通しぬいた。敵に打たれるよりは、味方の手にかかって死んだほうがましだと、道具持ちに自分を打ってほしいと懇願するが、それもできなくて最期は自分で剣をとりその上に倒れ込んだ。 サウルの心は完全に神から離れてしまっていた。 かっては、神から油注がれたサウル

2020年11月10日ディボーション

旧約聖書:1サムエル記30章 「神が共におられるとは」 サウル王のユダヤ人とペリシテ人最後の戦いが迫っていた。その時ダビデ一族はペリシテ人のアキシュの地を本拠地(ツィケラグの町)として暮らしていた。 ダビデはお世話になったアキシュからの願いでサウル王と戦う事になったが、他のペリシテ人の首長はそれを許さなかった。 それでダビデ達は自分たちの住んでいたツィケラグの町に帰ったら、驚くような事件が起きてい

2020年11月9日ディボーション

旧約聖書 サムエル記第一 29章 「ペリシテ人に信用されないダビデと神の御心。」 「あなたが私のところに来てから今日まで、あなたには何の悪いところも見つけなかったからだ。しかしあの領主たちは、あなたを良いと思っていない。」6節 ●学んだ事 以前は敵として戦っていたダビデを一年4ヶ月の間、僕として見てきたペリシテ人のアキシュ。彼の心はダビデの真っ直ぐな気持ちに動かされ、仲間としてダビデを向かい入れて