top of page
  • hccnichigo

2020年10月31日ディボーション

サムエル記第一 18章~23章

ヨナタンとダビデの、つるまない友情


“聖書人名小辞典”には、3,500人の聖書に登場する人々が紹介されている。実際にはそれ以上なのだろうけれど、あまたいる登場人物の中で、ヨナタンほど無私で高潔で、神さまの愛をただただ従順に実践した人物はいないと思う(念のため、イエスさま以外で)。

「人が自分の友のためにいのちを捨てること、これよりも大きな愛はだれも持っていません。」ヨハネ15:13

 ダビデを最初に愛したのはヨナタンだ。

「ヨナタンは自分自身のようにダビデを愛したので、ダビデと契約を結んだ。」サムエル一18:3

 神さまの元で、2度も愛を誓った。

「ヨナタンは、ダビデに対する愛のゆえに、もう一度ダビデに誓わせた。ヨナタンは自分を愛するほどにダビデを愛していたからである。」サムエル一20:17

 王位継承者であるヨナタンが、羊飼いの平民のダビデを愛した。ダビデが主の油を注がれたことを察知し、素直に受け入れたからだ。そして誓いの通りダビデを愛し、ダビデを守った。

 父サウルから殺されそうになっても、ヨナタンは盾となってダビデを逃した。命がけで、ダビデの望みはなんでも聞いてあげた。それが神さまの御心だと信じていたから。

 ダビデとつるんで戦うこともできた。ダビデとつるんで逃げ出すこともできた。でもヨナタンは生涯、ダビデとは一線を画した。

「そしてダビデは立ち去った。ヨナタンは町へ帰って行った。」サムエル一20:42

「二人は主の前で契約を結んだ。ダビデはホレシュにとどまり、ヨナタンは自分の家に帰った」サムエル一23:18

 ダビデを憎悪する、愚かな父サウルの元に居続けたヨナタン。子として父に従う姿勢を崩すことはなかった。そして父とともに自死していく。

 御心のままに愛と従順を生きたヨナタンは、真の勝者だ!


触れられたこと

 ヨナタンのように友を愛し抜く力はないけれど、ヨナタンのようになりたい

と祈る私はここにいます。

 ヨナタンのように、境界線を守りながら深く友と交わることはできないけど、神さまを見上げ続ければ、いつか縦と横の愛のポジションを与えられる、と信じて期待します。

 ヨナタンのように、殺されそうなほどの悲劇が起きたら、逃げ出して被害者の殻に閉じこもり、一生赦すことはできません。ただ被害者だと感じるようなことが私に起きたら、神さまの元にただちに逃げ込んで、ニュートラルにみことばを聞き、それに従えるように祈ります。

閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年6月15日 サムエル記第一31章

サムエル記第一の最後の章は、サウル王の最期について語られています。 イスラエルの王サウルは、ペリシテ人との戦いで追い詰められ、彼の息子たちもこの同じ戦いで命を落とし、イスラエル軍は大敗してしまいます。そして、神さまに選ばれたイスラエルの王サウルは、自らの剣で命を絶つ道を選びました。 「サウルは道具持ちに言った。『おまえの剣を抜いて、私を刺し殺してくれ。さもないと、あの無割礼の者たちがやって来て、私

2024年6月14日 サムエル記第一30章

この章で目に留まったのは、「主によって奮い立つ」(6)というみことばだった。アマレク人に襲われて、街は焼かれ、家族も家畜もみな連れ去らわれたとき、ダビデの部下たちはダビデを石で打ち殺そうと言い出した。サウル王に追われ、逃げ回り、敵であるペリシテ人の地に住むことにすら従ってきた部下たちだった。戦い続きの上、その前の章ではペリシテ人の地に住むために、あやうく同胞をも襲わなければいけないような状況も味わ

2024年6月13日 サムエル記第一29章

29章は、ダビデが窮地に陥った時に主の不思議な摂理によってそこから抜け出ることができた事が記されています。 ダビデとその部下は、アキシュが率いる軍団に加わってその後に続いた。しかし、ペリシテ人の首長たちは、ダビデの一行と戦いに行くことを強く反対したのである。なぜならダビデが戦いの最中に心変わりして敵対することがあるかもしれないのでこの戦いから外してほしいことをアキシュに強く迫ってきたのである。 ア

Comments


bottom of page