• HCCnichigo

2020年10月30日ディボーション

サムエル記 第一 19、20章

ダビデとヨナタンの美しい友情


 サウルはダビデを妬み、その思いは彼を殺意にまで至らせた。「妬み」という人の罪は、非常に恐ろしい。

 しかし、そのようなダビデの危機迫る人生で、ダビデ自身を慰め、守ったのは、サウルの息子ヨナタンの存在であった。


18:1「ダビデがサウルと語り終えたとき、ヨナタンの心はダビデの心に結びついた。ヨナタンは、自分自身のようにダビデを愛した。」

19:1「しかし、サウルの息子ヨナタンはダビデを非常に愛していた。」

20:17「ヨナタンは、ダビデに対する愛のゆえに、もう一度ダビデに誓わせた。ヨナタンは、自分を愛するほどにダビデを愛していたからである。」


 ここにあるのは、男同士の友情である。日本人である私は、ここまで愛し合う美し過ぎる友情の姿を見ると、正直少し小っ恥ずかしい思いを感じてしまう。

 でも、この時のダビデ…、サウル王に命が狙われるという危機に瀕した彼にとって、すべてを理解し、共に歩み続けてくれるヨナタンの存在は、どれほど大きかったことだろう、と思う。

 その友情のクライマックスが、「安心して行ってください。」と、ダビデを危機から脱出させるべく、別れを告げるヨナタンとダビデのやり取りである。


20:41~42

「子どもが行くと、ダビデは南側から出て来て地にひれ伏し、三度礼拝をした。二人は口づけし、抱き合って泣いた。ダビデはいっそう激しく泣いた。

 ヨナタンはダビデに言った。『安心して行ってください。私たち二人は、「主が、私とあなた、また、私の子孫とあなたの子孫との間の永遠の証人です」と言って、主の御名によって誓ったのです。』そして、ダビデは立ち去った。ヨナタンは町へ帰って行った。」


 私自身、主にある友情の尊さと必要を、改めて教えられた。


応答

天のお父様、

みことばを感謝いたします。あなたが私たちに与えてくださっている友情、友愛を今朝、ダビデとヨナタンを通して、教えてくださったことを感謝いたします。

私も振り返ると、私が一人つまずき倒れそうな時に、あなたは私に主にある友を備えてくださっていたことを思い出しました。あなたにあって、共に喜び、共に涙し、共に祈り合い、共に支え合える友の存在、備られた祝福を心から感謝します。

この、あなたの祝福をもっと味わい、体験していくことができますように。アーメン。

10回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020年11月11日ディボーション

サムエル記 第一   31章 神から見放されたサウル王の最期 語られたこと: サウル王は最期の最期まで自分のプライドをすてきれずに、死ぬ間際までそれを通しぬいた。敵に打たれるよりは、味方の手にかかって死んだほうがましだと、道具持ちに自分を打ってほしいと懇願するが、それもできなくて最期は自分で剣をとりその上に倒れ込んだ。 サウルの心は完全に神から離れてしまっていた。 かっては、神から油注がれたサウル

2020年11月10日ディボーション

旧約聖書:1サムエル記30章 「神が共におられるとは」 サウル王のユダヤ人とペリシテ人最後の戦いが迫っていた。その時ダビデ一族はペリシテ人のアキシュの地を本拠地(ツィケラグの町)として暮らしていた。 ダビデはお世話になったアキシュからの願いでサウル王と戦う事になったが、他のペリシテ人の首長はそれを許さなかった。 それでダビデ達は自分たちの住んでいたツィケラグの町に帰ったら、驚くような事件が起きてい

2020年11月9日ディボーション

旧約聖書 サムエル記第一 29章 「ペリシテ人に信用されないダビデと神の御心。」 「あなたが私のところに来てから今日まで、あなたには何の悪いところも見つけなかったからだ。しかしあの領主たちは、あなたを良いと思っていない。」6節 ●学んだ事 以前は敵として戦っていたダビデを一年4ヶ月の間、僕として見てきたペリシテ人のアキシュ。彼の心はダビデの真っ直ぐな気持ちに動かされ、仲間としてダビデを向かい入れて

​【お問合せ先】

お問合せメール:

  ⇒「こちら」をクリックして下さい。

住所: 2207 Oahu Avenue, Honolulu, HI 96822  U.S.A.

 

電話:808-973-4335

© 2020 by Honolulu Christian Church Nichigobu . Proudly created with Wix.com