• HCCnichigo

2020年10月29日ディボーション

旧約聖書:1サムエル記18章  

「神から離れない」


 神から退けられたサウル王は、精神的に病んでしまったようだ。極度の不安症から妄想に取りつかれてしまった。

 それは「災いの霊」(悪い霊:共同訳)がサウルに臨んだからだ。(18:10)。ここで、神からの霊が悪い霊? という疑問がわくが、この解釈についてはここで触れない。

 精神病の原因のすべてが悪霊によるとは、決して言えない。しかしサウルの場合は、神から退けられるという霊的な問題と、彼の精神的な病は直接的に関係していたのは確かだろう。

 サウルの問題とは「恐れ」である。彼が神から退けられた原因も「兵士たちを恐れて」(15:24)ということであり、18:12では、「サウルはダビデを恐れた。」と記されている。

 恐れは、何もかもすべてを破壊してしまう最も強力は爆弾だ。サウルはダビデという優秀な家来を得て幸いなはずだが、それが妬みとなり、恨みとなり、殺意にまでなっていく。

 サウルが恐れに囚われた原因は、「それは、主がダビデと共におられ、サウルを離れ去られたからである。」(12)。

 神が共におられない、この事がもたらす恐怖とは、いかばかりであろうか。神から離れてしまった人間とは、このように恐れに支配され、すべての祝福を失ってしまう。それに対して、神が共におられるダビデの生涯は、サウルとは対称的である。

 しかし私たちは、今恵みの時代に生きている。イエスは「見よ、わたしは世の終わりまで、いつもあなた方と共にいる」(マタイ28:20)と約束してくださった。私たちから神が離れるということはない。

 そして「愛には、恐れがありません。全き愛は恐れを締め出します。」(1ヨハネ4:18)とあるように、キリストの十字架の愛は、私たちから恐れを取り去ってくださる。

語られたこと 

 サウルを反面教師として、神から離れて恐れに支配されることの怖さを知る。また同時に、主は、どんなことがあっても私を見捨てず、見放さず、共にいてくださるという、恵みの深さを知る。だから、私の方も、このお方から決して離れないという決意を新たにした。


祈り

天の父よ。今も、あなたが私と共にいてくださることを感謝します。だから私もあなたから離れません。恐れではなく、愛に満たされて生きています。この恵みを感謝します。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン

11回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020年11月11日ディボーション

サムエル記 第一   31章 神から見放されたサウル王の最期 語られたこと: サウル王は最期の最期まで自分のプライドをすてきれずに、死ぬ間際までそれを通しぬいた。敵に打たれるよりは、味方の手にかかって死んだほうがましだと、道具持ちに自分を打ってほしいと懇願するが、それもできなくて最期は自分で剣をとりその上に倒れ込んだ。 サウルの心は完全に神から離れてしまっていた。 かっては、神から油注がれたサウル

2020年11月10日ディボーション

旧約聖書:1サムエル記30章 「神が共におられるとは」 サウル王のユダヤ人とペリシテ人最後の戦いが迫っていた。その時ダビデ一族はペリシテ人のアキシュの地を本拠地(ツィケラグの町)として暮らしていた。 ダビデはお世話になったアキシュからの願いでサウル王と戦う事になったが、他のペリシテ人の首長はそれを許さなかった。 それでダビデ達は自分たちの住んでいたツィケラグの町に帰ったら、驚くような事件が起きてい

2020年11月9日ディボーション

旧約聖書 サムエル記第一 29章 「ペリシテ人に信用されないダビデと神の御心。」 「あなたが私のところに来てから今日まで、あなたには何の悪いところも見つけなかったからだ。しかしあの領主たちは、あなたを良いと思っていない。」6節 ●学んだ事 以前は敵として戦っていたダビデを一年4ヶ月の間、僕として見てきたペリシテ人のアキシュ。彼の心はダビデの真っ直ぐな気持ちに動かされ、仲間としてダビデを向かい入れて