• HCCnichigo

2020年10月28日ディボーション

サムエル記 第一 17章、18章

「万軍の主の御名によってお前に立ち向かう」17:45


語られたこと

 いろんな武具を身に着けたゴリアテに対抗するダビデは、石と杖だけを持って勝利をする。石だけで人に勝利することは稀にあるかもしれないけれど、それは絶対的にそうなるとは言えないと思う。ダビデがそこに勝利をもたらすことができたのは、万軍の主の御名によって立ち向かうことができたからである。ダビデがどうしてそこまでできたのかと思った時に語られたことは、神を信じ、神に絶対的な信頼を委ねて、神を自分の前においたからだと。

 又、ダビデは、この戦いは、主の戦いだ。と強調して語るところは、ダビデの神への謙遜さを思わされた。

 そのダビデの信仰に神の臨在があることを知ったヨナタンは、ダビデを自分自身のように愛したのだと示された。


 ダビデの働きが次々と勝利をもたらすのを知ったサウルはダビデに対して、恐れ、妬み、憎悪が増し加わる。それは、ダビデの中に神がおられることを知っていたから。サウルはかっては、自分も神からの権威が与えられた。そして、自分の失敗でその権威が取り除かれてしまった。

 神の権威を取り除かれたのは、自分のやったことに対しての神の裁きであるのに、神に悔い改めようとしないで、目に見えるものを追いかけ、人を苦しめ自分自身が神に背をむけて、神から離れようとしていく光景を見せつけられる思いである。

 でも、神はサウルの悔いた、砕かれた魂の改心をずっと待ち続けておられていたと思う。なぜなら、神は愛のお方だから。私達は、肉の人間だから、ついサウルのように昔を回想して人が自分よりいろんな物質的に満たされて豊かな生活をしているのを見ると心が悪いほうに揺り動かせられることがある。その時に、主の御名によってそういう事を自分自身が他者の為に祈れる心、祝福できる心を持てることができるような者に変えられたい。これが、イエス様の十字架の愛だから。


祈り

ハレルヤ!愛する天の父なる神様、あなたの御名を心から褒めたたえます。

今日もデボーションの中であなたの御声にふれさせて下さって感謝します。

毎日のデボーションの中で、いつもイエス様の十字架の愛に近づける幸いを感謝します。

私も日々、時にはサウルのような失敗もします。でも、私達は失敗してもイエス様の御名によって悔い改め、赦される特権を与えられていることを

心から感謝します。

感謝して主イエスキリストの御名によって祈ります。 アーメン

16回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020年11月11日ディボーション

サムエル記 第一   31章 神から見放されたサウル王の最期 語られたこと: サウル王は最期の最期まで自分のプライドをすてきれずに、死ぬ間際までそれを通しぬいた。敵に打たれるよりは、味方の手にかかって死んだほうがましだと、道具持ちに自分を打ってほしいと懇願するが、それもできなくて最期は自分で剣をとりその上に倒れ込んだ。 サウルの心は完全に神から離れてしまっていた。 かっては、神から油注がれたサウル

2020年11月10日ディボーション

旧約聖書:1サムエル記30章 「神が共におられるとは」 サウル王のユダヤ人とペリシテ人最後の戦いが迫っていた。その時ダビデ一族はペリシテ人のアキシュの地を本拠地(ツィケラグの町)として暮らしていた。 ダビデはお世話になったアキシュからの願いでサウル王と戦う事になったが、他のペリシテ人の首長はそれを許さなかった。 それでダビデ達は自分たちの住んでいたツィケラグの町に帰ったら、驚くような事件が起きてい

2020年11月9日ディボーション

旧約聖書 サムエル記第一 29章 「ペリシテ人に信用されないダビデと神の御心。」 「あなたが私のところに来てから今日まで、あなたには何の悪いところも見つけなかったからだ。しかしあの領主たちは、あなたを良いと思っていない。」6節 ●学んだ事 以前は敵として戦っていたダビデを一年4ヶ月の間、僕として見てきたペリシテ人のアキシュ。彼の心はダビデの真っ直ぐな気持ちに動かされ、仲間としてダビデを向かい入れて

​【お問合せ先】

お問合せメール:

  ⇒「こちら」をクリックして下さい。

住所: 2207 Oahu Avenue, Honolulu, HI 96822  U.S.A.

 

電話:808-973-4335

© 2020 by Honolulu Christian Church Nichigobu . Proudly created with Wix.com