top of page
  • hccnichigo

2020年10月27日ディボーション

旧約聖書:1サムエル記16章

「サウル王からダビデへ」


前の書ではサウル王が神から見放せられました。 それで新しい王となる者の選びが始まります。

次にエッサイ家の息子が選ばれることになりました。 大事なのは容貌や、背の高さで選ぶのではなく、心を見るようにと神は言われました。 この章では美男子のダビデが選ばれたように書いていますが、神は心を見られたのです。 人の思いと神の思いは違ってました。 それからサウル王は主の霊が去って心の病になりました。

その心の病を癒したのがダビデでした。 サウル王もダビデを大変気に入りました。 そしてダビデはサウル王の下で後継者としての訓練を始めます。


●教えられたこと

サウル王は、王としての役目はしっかりと果たしていたのですが、神様の思いとは違ったのです。 間違ったことに気付いたサウル王はサムエルに謝り、サムエルは心が揺らいだのです。 そんなサムエルを神さまは次の王を選ぶために職務をさせて励まそうとされました。

 その中で、もう一度サムエルに神さまの心を教えられます。 それは人の思いと神の思いは違うという事です。その中でエッサイの子、ダビデが選ばれます。 それからダビデはサウル王の心の癒しのために用いられます。


●お祈り

天のお父様、感謝します。 神さまはサムエルもサウル王も愛しておられました。 その中で神と人とのストーリーが続きます。 そのストーリーを教えて下さり感謝します。 そして旧約時代ではなく、イエス様を主として歩む事が出来感謝です。 それはあなたの十字架の愛があるから、私はイエス様と歩むことが出来ます。 願わくば私の心、私たちの心が神さまの思いと違っても、自分の気持ちを素直にあなたに伝えることが出来、あなたからの愛の励ましをしっかりと受け取って、あなたの事を思って歩んでいけるようお祈ります。 アーメン

閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年5月22日 サムエル記第一7章

「キルアテ・エアリムの人々は来て、主の箱を運び上げ、丘の上のアビナダブの家に運んだ。そして、主の箱を守るために彼の息子エアザルを聖別した。」(1) 「主の箱」をめぐる物語が続きます。主の箱は「契約の箱」とも言われます。この箱は、神とイスラエルの民の間に締結された契約を証明するものです。また同時に、神の臨在を現わすものでした。 この主の箱は、時に災いをもたらし、時に祝福をもたらします。えっ?神の臨在

2024年5月21日 サムエル記第一6章

『ベテ・シェメシュの主の箱』 Ark of the Covenant (契約の箱)が出て来る映画、ハリソン・フォード主役の Indiana Jones 「Raiders of the Lost Ark」を思い出した。ナチス軍が契約の箱を発掘して、考古学者であるインディアナ・ジョーンズが奪い返すストーリーです。最後のシーンでナチス軍兵が契約の箱を無理やり開けてしまうのですが、そうすると中から災いの雲

2024年5月20日 サムエル記第一5章

『神の箱』 ペリシテ人たちによって奪われた神の箱はアシュドデ、ガテ、エクロンと言ったペリシテの都市を移動しました。アシュドデで主は、偶像を打ち、それを礼拝していた人たちを腫物で打たれました。ガテでは大恐慌を引き起こし、多くの住民を腫物で打ちました。エクロンでも同じように大恐慌を引き起こし、民を腫物で打ちました。 これら一連の出来事から、イスラエルの神は偶像の神々にまさる偉大なお方であることを学びま

Comments


bottom of page