• HCCnichigo

2020年10月24日ディボーション


「イエスさまは寝ない?! どんだけ祈るのか?!」

マルコ1:32~39


●喜んだこと

 牧人先生のディボーションクラス“神を知る生活”(毎週金曜9:00am~)がいよいよ始まった。牧人先生は、

「私たちはこの世と調子を合わせやすい者です。だから私たちは神さまのみことばが聴こえるよう、常にチューニングするんですね。デボーションは礼拝でもありますね、できれば24時間365日、デボーションとともにありたいです。信仰者の私にとってデボーションは、すべての働きと営みの中核です」

 なんてさらりと賜った。すうっと筋が整った気がした。

 毎日聖書を読むのがデボーションではないんだ。聖書を通して、神さまのみ顔の方角に向いていられるよう、周波数のヘルツを、み声にぴったり合わせるのだ。そうして受け取ったみ声、グッドニュースを実践するのだ。ブルートゥース任せじゃない、神さまと私の感度を良好にする、極めてアナログな調整だ。

 私はいちじくの下のクールなナタダエルを思った。

 牧人先生はマルコ1:32~39で、デボーションの黙想をしようと云った。

35節に「暗いうちに起きて寂しいところに出かけて行き、そこで祈っておられた」とある。マタイ(14:23)には、「イエスは祈るために一人で山に登られた。夕方になっても一人でそこにおられた。」とある。なんと長い祈り、どんだけ祈るのか!

 マタイでは「人の子には枕するところもありません。」(8:20)ともある。

 イエスさまにとって、祈りは眠りに勝る安息と平安なんだろうな。祈りは喜びに満ちたエネルギーチャージなのかもしれないな。

 牧人先生のデボーション箇所、マルコ1:38には「私はそこでも福音を伝えよう。そのために、わたしは出て来たのだから。」とある。いいなあ。

 イエスさまは、食べるより寝るより、命を落とすより、福音を伝えずにはいられなかった。み声が伝えてくれる福音は愛だから。愛しか私たちを救ってくれないから。


●祈り

 イエスさま、あなたの公生涯のすべては、福音と祈りだけだったことを牧人先生の会で、今さらながらに知り、感激しました。ありがとうございます、すごく嬉しくて、小躍りしたいほどです! あなたを喜びます、もっと賛美したいです。

 私はデボーションの後の黙想のつもりが、昼寝になってしまうことがありますが、コロナの不要不急のステイホームのおかげで、安息という感覚を知りました。安息のおかげでみ声の喜びが少し増えました。また明日も、わくわく出待ちチューニングをさせていただきます! あなたに感謝してアーメン!

9回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020年10月31日ディボーション

サムエル記第一 18章~23章 ヨナタンとダビデの、つるまない友情 “聖書人名小辞典”には、3,500人の聖書に登場する人々が紹介されている。実際にはそれ以上なのだろうけれど、あまたいる登場人物の中で、ヨナタンほど無私で高潔で、神さまの愛をただただ従順に実践した人物はいないと思う(念のため、イエスさま以外で)。 「人が自分の友のためにいのちを捨てること、これよりも大きな愛はだれも持っていません。」

2020年10月30日ディボーション

サムエル記 第一 19、20章 ダビデとヨナタンの美しい友情 サウルはダビデを妬み、その思いは彼を殺意にまで至らせた。「妬み」という人の罪は、非常に恐ろしい。 しかし、そのようなダビデの危機迫る人生で、ダビデ自身を慰め、守ったのは、サウルの息子ヨナタンの存在であった。 18:1「ダビデがサウルと語り終えたとき、ヨナタンの心はダビデの心に結びついた。ヨナタンは、自分自身のようにダビデを愛した。」 1

2020年10月29日ディボーション

旧約聖書:1サムエル記18章 「神から離れない」 神から退けられたサウル王は、精神的に病んでしまったようだ。極度の不安症から妄想に取りつかれてしまった。 それは「災いの霊」(悪い霊:共同訳)がサウルに臨んだからだ。(18:10)。ここで、神からの霊が悪い霊? という疑問がわくが、この解釈についてはここで触れない。 精神病の原因のすべてが悪霊によるとは、決して言えない。しかしサウルの場合は、神から退

​【お問合せ先】

お問合せメール:

  ⇒「こちら」をクリックして下さい。

住所: 2207 Oahu Avenue, Honolulu, HI 96822  U.S.A.

 

電話:808-973-4335

© 2020 by Honolulu Christian Church Nichigobu . Proudly created with Wix.com