top of page
  • hccnichigo

2020年10月24日ディボーション


「イエスさまは寝ない?! どんだけ祈るのか?!」

マルコ1:32~39


●喜んだこと

 牧人先生のディボーションクラス“神を知る生活”(毎週金曜9:00am~)がいよいよ始まった。牧人先生は、

「私たちはこの世と調子を合わせやすい者です。だから私たちは神さまのみことばが聴こえるよう、常にチューニングするんですね。デボーションは礼拝でもありますね、できれば24時間365日、デボーションとともにありたいです。信仰者の私にとってデボーションは、すべての働きと営みの中核です」

 なんてさらりと賜った。すうっと筋が整った気がした。

 毎日聖書を読むのがデボーションではないんだ。聖書を通して、神さまのみ顔の方角に向いていられるよう、周波数のヘルツを、み声にぴったり合わせるのだ。そうして受け取ったみ声、グッドニュースを実践するのだ。ブルートゥース任せじゃない、神さまと私の感度を良好にする、極めてアナログな調整だ。

 私はいちじくの下のクールなナタダエルを思った。

 牧人先生はマルコ1:32~39で、デボーションの黙想をしようと云った。

35節に「暗いうちに起きて寂しいところに出かけて行き、そこで祈っておられた」とある。マタイ(14:23)には、「イエスは祈るために一人で山に登られた。夕方になっても一人でそこにおられた。」とある。なんと長い祈り、どんだけ祈るのか!

 マタイでは「人の子には枕するところもありません。」(8:20)ともある。

 イエスさまにとって、祈りは眠りに勝る安息と平安なんだろうな。祈りは喜びに満ちたエネルギーチャージなのかもしれないな。

 牧人先生のデボーション箇所、マルコ1:38には「私はそこでも福音を伝えよう。そのために、わたしは出て来たのだから。」とある。いいなあ。

 イエスさまは、食べるより寝るより、命を落とすより、福音を伝えずにはいられなかった。み声が伝えてくれる福音は愛だから。愛しか私たちを救ってくれないから。


●祈り

 イエスさま、あなたの公生涯のすべては、福音と祈りだけだったことを牧人先生の会で、今さらながらに知り、感激しました。ありがとうございます、すごく嬉しくて、小躍りしたいほどです! あなたを喜びます、もっと賛美したいです。

 私はデボーションの後の黙想のつもりが、昼寝になってしまうことがありますが、コロナの不要不急のステイホームのおかげで、安息という感覚を知りました。安息のおかげでみ声の喜びが少し増えました。また明日も、わくわく出待ちチューニングをさせていただきます! あなたに感謝してアーメン!

閲覧数:9回

最新記事

すべて表示

2024年3月27日 マルコの福音書16章

「全世界に出て行き、すべての造られた者に福音を宣べ伝えなさい。」(15) この御言葉は、復活のイエスが弟子たちに命じられた”大宣教命令”と呼ばれる箇所である。 弟子たちは、文字通りに全世界に出て行って福音を宣べ伝えた。そして、この福音は、東の果ての日本にまで届いたのだが、届くまでにどのくらいの年数がかかったのだろうか。 諸説あるが、フランシスコ・ザビエルの来日の時とするならば、約1549年かかった

2024年3月26日 マルコの福音者15章

『十字架でのことば』 主イエスは、暴動で人殺しをしたバラバの代わりに十字架にかけられました。バラバという名前は「バル・アッパー」これは父の子と言う意味です。つまり人間の父の子供に代わって、神の子イエスが十字架の死に向かったという深い意味もあるのです。身代わり、贖いの主イエスは、十字架に至るまで、人の身代わりになって下さった事を表しているのですね。 34節抜粋に「わが神、わが神、どうしてわたしをお見

2024年3月25日 マルコの福音書14章

『主のみこころがなりますように』 過ぎ越しの祭り(種なしパンの祭り)が二日後に迫りました。イエスが十字架に架かられる日が二日後に迫ったのです。その日、祭司長たちと律法学者たちはイエスを殺すための方法を思索していました。イエスはというと、ツァラアトに冒されたシモンの家で、マルタとラザロの妹マリアが持参したナルドの香油によって、ご自身の埋葬の準備を行っていました(ヨハネ12:2‐3参照)。そしてその日

コメント


bottom of page