2020年10月24日ディボーション


「イエスさまは寝ない?! どんだけ祈るのか?!」

マルコ1:32~39


●喜んだこと

 牧人先生のディボーションクラス“神を知る生活”(毎週金曜9:00am~)がいよいよ始まった。牧人先生は、

「私たちはこの世と調子を合わせやすい者です。だから私たちは神さまのみことばが聴こえるよう、常にチューニングするんですね。デボーションは礼拝でもありますね、できれば24時間365日、デボーションとともにありたいです。信仰者の私にとってデボーションは、すべての働きと営みの中核です」

 なんてさらりと賜った。すうっと筋が整った気がした。

 毎日聖書を読むのがデボーションではないんだ。聖書を通して、神さまのみ顔の方角に向いていられるよう、周波数のヘルツを、み声にぴったり合わせるのだ。そうして受け取ったみ声、グッドニュースを実践するのだ。ブルートゥース任せじゃない、神さまと私の感度を良好にする、極めてアナログな調整だ。

 私はいちじくの下のクールなナタダエルを思った。

 牧人先生はマルコ1:32~39で、デボーションの黙想をしようと云った。

35節に「暗いうちに起きて寂しいところに出かけて行き、そこで祈っておられた」とある。マタイ(14:23)には、「イエスは祈るために一人で山に登られた。夕方になっても一人でそこにおられた。」とある。なんと長い祈り、どんだけ祈るのか!

 マタイでは「人の子には枕するところもありません。」(8:20)ともある。

 イエスさまにとって、祈りは眠りに勝る安息と平安なんだろうな。祈りは喜びに満ちたエネルギーチャージなのかもしれないな。

 牧人先生のデボーション箇所、マルコ1:38には「私はそこでも福音を伝えよう。そのために、わたしは出て来たのだから。」とある。いいなあ。

 イエスさまは、食べるより寝るより、命を落とすより、福音を伝えずにはいられなかった。み声が伝えてくれる福音は愛だから。愛しか私たちを救ってくれないから。


●祈り

 イエスさま、あなたの公生涯のすべては、福音と祈りだけだったことを牧人先生の会で、今さらながらに知り、感激しました。ありがとうございます、すごく嬉しくて、小躍りしたいほどです! あなたを喜びます、もっと賛美したいです。

 私はデボーションの後の黙想のつもりが、昼寝になってしまうことがありますが、コロナの不要不急のステイホームのおかげで、安息という感覚を知りました。安息のおかげでみ声の喜びが少し増えました。また明日も、わくわく出待ちチューニングをさせていただきます! あなたに感謝してアーメン!

閲覧数:9回

最新記事

すべて表示

マルコの福音書16章 『信じること』 イエス・キリストは約束どおり、三日目によみがえられた。そして約束どおり、ガリラヤに行かれ、弟子たちの前にその姿を現してくださった。そしてその一連のみわざ(十字架の死、葬り、復活、昇天)は、迫害をも恐れず、ひたすら福音を伝道する者へと、弟子たちを変えていったのである。 しかし、復活されたイエスが目の前に現れるまでの弟子たちは、誰一人としてイエスのよみがえりを信じ

マルコの福音書 15章 マルコの福音書15章は、聖書通読をした時にいつも素通りしたくなる箇所だった。聖書の中で一番辛いところである。できたらディボーションブログの順番が自分にあたってほしくなかった。あまりにも、イエス様の十字架の悲しみへの道がリアルに書き記されていて心が重くなるのである。でも、反面そこは私達クリスチャンが決して通り越してはならない箇所でもあるので、感謝して示されたことを述べていくこ

マルコの福音書14章 『Via Dolorosa 十字架の道行』 いよいよイエスさまが捕らえられ、不当な裁判を受け、十字架の死までが書かれた章が始まる。マルコでは14章と15章に、どのようにしてイエスさまが十字架にかかられたのか、Via Dolorosa が記録されている。聖書の中でも十字架の道行はとくに大切に、心に刻みつけながら読み、黙想し、祈りたい。 この14章では、”さて”という場面転換を表