• HCCnichigo

2020年10月23日ディボーション

サムエル記 第一 12章

イスラエルにとって新しい時代(王政)の幕開け ~サムエルのことば~


 年もとり、髪も白くなったサムエル。全イスラエルに向かって語る彼のメッセージは、「主」ということばが、とにかくたくさん出てくるほどに、この偉大なお方の存在を強く訴えている。

 イスラエルとともに歩んだサムエルという人は、民の声、その求めを真摯に聞き、自分の思いをやみくもに伝える前に、まず神に伺いを立てて、その御声の通りに実行する人だった。私自身、そのような彼の神と人との前に誠実に歩む姿を通して、とても教えられる。まさに、神様が召し出した、さばきつかさであったのだなぁ、と思う。


 その結果に、13節「今、見なさい。あなたがたが求め、選んだ王だ。見なさい。主はあなたがたの上に王を置かれた。」がある。


 自分たちのために王を求めた民であったが、神様はその憐みゆえに、その願いを退かず、イスラエルにサウルという王様が立てられて歩む道を、サムエルを通して開かれた。


 民に対する、神様と神様に仕えるサムエルの寛容さをここに見る。


 特に、22節以降のサムエルの最後のことば、神の約束が、私の心にも響いた。

「主は、ご自分の大いなる御名のために、ご自分の民を捨て去りはしない。主は、あなたがたをご自分の民とすることを良しとされたからだ。

 私もまた、あなたがたのために祈るのをやめ、主の前に罪ある者となることなど、とてもできない。私はあなたがたに、良い正しい道を教えよう。

 ただ主を恐れ、心を尽くして、誠実に主に仕えなさい。主がどれほど大いなることをあなたがたになさったかを、よく見なさい。

 あなたがたが悪を重ねるなら、あなたがたも、あなたがたの王も滅ぼし尽くされる。」


応答

天のお父様、

あなたの計り知れない寛容さに御名を崇めます。あなたの民として、決して捨て置かずに、今日も愛し導いてくださっている真実を感謝します。

私自身、サムエルのことばにあるように、あなたを恐れ、心を尽くして、誠実にあなたに仕えることができるように、日々私を整え、導いてください。あなたのなさった御業を覚えて、いつもあなたをほめたたえる者とさせてください。

そして、すべての悪から私を守ってください。

主イエス・キリストの御名を通してお祈りします。アーメン。

12回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020年11月11日ディボーション

サムエル記 第一   31章 神から見放されたサウル王の最期 語られたこと: サウル王は最期の最期まで自分のプライドをすてきれずに、死ぬ間際までそれを通しぬいた。敵に打たれるよりは、味方の手にかかって死んだほうがましだと、道具持ちに自分を打ってほしいと懇願するが、それもできなくて最期は自分で剣をとりその上に倒れ込んだ。 サウルの心は完全に神から離れてしまっていた。 かっては、神から油注がれたサウル

2020年11月10日ディボーション

旧約聖書:1サムエル記30章 「神が共におられるとは」 サウル王のユダヤ人とペリシテ人最後の戦いが迫っていた。その時ダビデ一族はペリシテ人のアキシュの地を本拠地(ツィケラグの町)として暮らしていた。 ダビデはお世話になったアキシュからの願いでサウル王と戦う事になったが、他のペリシテ人の首長はそれを許さなかった。 それでダビデ達は自分たちの住んでいたツィケラグの町に帰ったら、驚くような事件が起きてい

2020年11月9日ディボーション

旧約聖書 サムエル記第一 29章 「ペリシテ人に信用されないダビデと神の御心。」 「あなたが私のところに来てから今日まで、あなたには何の悪いところも見つけなかったからだ。しかしあの領主たちは、あなたを良いと思っていない。」6節 ●学んだ事 以前は敵として戦っていたダビデを一年4ヶ月の間、僕として見てきたペリシテ人のアキシュ。彼の心はダビデの真っ直ぐな気持ちに動かされ、仲間としてダビデを向かい入れて