top of page
  • HCCnichigo

2020年10月21日ディボーション

サムエル記 第一 10章


「主の霊があなたの上に激しく下り、あなたも彼らと一緒に予言して、新しい人に変えられます。これらのしるしがあなたに起こったら、自分の力でできることをしなさい。神があなたとともにおられるのですから。」(10:6~7)


●語られたこと

 神は、イスラエルの民が神を退けて、自分達の上に王を立ててほしいということをずっと心にとめておられた。そして、イスラエルの民の願いをまたもや聞き入れてここにサウルを王としてたてあげた。

 主は、実に愛のある忍耐深い方である。

 主はサムエルをとおしてサウルの頭の上に油を注ぎ、彼に口づけした。

サムエルは、主の教えを守り、従順な気持ちで神から語られたことをサウルに一つ一つ教えて、励ましていく。サウルは、サムエルの教えと励ましにとても感謝したと思う。「神があなたとともにおられる。」とは、なんと恵みに満ち溢れたことでしょうか。

 私達にも、それぞれ聖霊様が内住して下さっている。いつも祈って助けてもらっている。それも恵みであることに変わりない。感謝である。


●祈り

 天のお父様、きょうの御言葉をありがとうございます。

 私達の内に聖霊様を住まわせて下さってありがとうございます。

 いつも私の内におられる聖霊様に祈っていくことができますようにお願いします。

 感謝して主イエスキリストの御名によってお祈りします。 アーメン

閲覧数:15回

最新記事

すべて表示

2020年12月31日ディボーション

旧約聖書:1列王記9章 ソロモン王は、20年を費やして主の宮と王宮を完成させた。主の宮が完成した後、まずしたことが契約の箱を運び入れることであった。契約の箱は、まさに神がここに住まわれることの徴であり、臨在の象徴であった。主の宮とは、この契約の箱を運び入れるために造られたのだ。だから主の宮の奉献式において「主の栄光が主の宮に満ちた」(8:11)のである。そして9章においては、支配地域の整理を行い、

2020年12月30日ディボーション

第一列王記 8章 語られたこと: 主の契約の箱が、イスラエルの長老たち、部族のかしらたちと一族の長たちがソロモンのもとに召集して、幕屋から神殿に運ばれた。ダビデの時は契約の箱を運ぶ時は牛を使って運んだ(第二サムエル記6章6~7節)。運んでいる時に牛がよろめいたために、ウザは神の箱に手を伸ばして、それをつかんだために神の怒りがウザに向かって、その場で打たれた。 ソロモンは、主の契約の箱を運ぶ人達は誰

2020年12月28日ディボーション

旧約聖書 列王記第一6章 『480年目に七年かけて出来た主の宮』 「イスラエル人がエジプトの地を出てから四百八十年目、ソロモンがイスラエルの王となってから四年目のジブの月、すなわち第二の月に、ソロモンは主の家の建築に取りかかった」1節 ●学んだ事、語られた事 1節にサラッと「480年かけて…」と書かれ、そして2節では神殿の長さ60キュビト(1キュビト約50cmにて、約30m)、幅20キュビト(10

bottom of page