top of page
  • hccnichigo

2020年10月16日ディボーション

サムエル記 第一 5章、6章

まことに畏れるべき、ただひとりの神


 ここには7ヶ月間、ペリシテ人によってイスラエルから、主の箱が奪われたときの様子が記録されている。

 5章の中で、あることばが私の心に留まった。


6節「主の手はアシュトデの人たちの上に重くのしかかり…」

9節「それがガテに移された後、主の手はこの町に下り…」

11節「神の手は、そこに非常に重くのしかかっていた。」


 神自らが、その御手をもって、ダゴンという偶像神を祭るペリシテ人を次々と打っていく。そのようなこともあって、主の箱は、町々にたらい回しにされる。しかし、神の御手の力と勢いは、その地でとどまることがなかった。


 6章1節~には、「主の箱をどうしたらよいでしょうか。」と、イスラエルの神を畏れるペリシテ人の姿がある。


 聖書を読んでいても、また、今日の私たちにおいても、神はご自分の民とともに、この地で働かれるのをよく見受ける。しかし、このような場面、イスラエルの民(神の民)すらも打ち負かされたその状況で、神は自らその大いなる御手をもって戦い、勝利を治められる。

 まことに畏れるべき唯一無二の神であることを、この地に証明される。


応答

天のお父様、

あなたは偉大な神です。その御手には、力があります。今朝、私にまことに畏れるべき神は、あなただけだということを教えていただき、感謝いたします。

あなたこそ私の神です。私はあなたを畏れます。あなたを拝し、あなたの民として歩み続けることができますように、私を導いてください。アーメン。

閲覧数:16回

最新記事

すべて表示

2020年12月31日ディボーション

旧約聖書:1列王記9章 ソロモン王は、20年を費やして主の宮と王宮を完成させた。主の宮が完成した後、まずしたことが契約の箱を運び入れることであった。契約の箱は、まさに神がここに住まわれることの徴であり、臨在の象徴であった。主の宮とは、この契約の箱を運び入れるために造られたのだ。だから主の宮の奉献式において「主の栄光が主の宮に満ちた」(8:11)のである。そして9章においては、支配地域の整理を行い、

2020年12月30日ディボーション

第一列王記 8章 語られたこと: 主の契約の箱が、イスラエルの長老たち、部族のかしらたちと一族の長たちがソロモンのもとに召集して、幕屋から神殿に運ばれた。ダビデの時は契約の箱を運ぶ時は牛を使って運んだ(第二サムエル記6章6~7節)。運んでいる時に牛がよろめいたために、ウザは神の箱に手を伸ばして、それをつかんだために神の怒りがウザに向かって、その場で打たれた。 ソロモンは、主の契約の箱を運ぶ人達は誰

2020年12月28日ディボーション

旧約聖書 列王記第一6章 『480年目に七年かけて出来た主の宮』 「イスラエル人がエジプトの地を出てから四百八十年目、ソロモンがイスラエルの王となってから四年目のジブの月、すなわち第二の月に、ソロモンは主の家の建築に取りかかった」1節 ●学んだ事、語られた事 1節にサラッと「480年かけて…」と書かれ、そして2節では神殿の長さ60キュビト(1キュビト約50cmにて、約30m)、幅20キュビト(10

Comments


bottom of page