top of page
  • hccnichigo

2020年10月15日ディボーション

1サムエル4章 


 この4章から7章には「神の箱」が一つのテーマとなっている。呼び方としては、他に「主の契約の箱」「主の箱」「契約の箱」などと呼ばれているが、みな同じ箱のことだ。

 この箱は、モーセがシナイ山で与えられた十戒が刻まれた石の板を入れるために造られたもので、のちにマナの入った金の壺、アロンの杖も収められた。

この箱は、神の栄光の臨在の象徴であった。モーセの幕屋、ダビデの幕屋、ソロモンの神殿は、それぞれこの箱を収めるために造られたのであって、だから幕屋、神殿は、神のお住まいであり栄光の臨在がいつも満ちていたのである。

 イスラエルの民がペリシテ人に負けている時「主の契約の箱が陣営に来たとき、全イスラエルは大歓声をあげた。それで地はどよめいた」(4:5)とあるのは、民にとって箱が来たことは、神が来られたと同じことだったのだ。

 しかし、その箱がペリシテ人に奪われてしまったとき、ピネハスの妻は「栄光がイスラエルから去った」(4:21)と言ったのだ。

 この箱は、この後ダビデの幕屋に収められ、ソロモンの神殿に収められ、そしてバビロン帝国によって南ユダ王国が滅亡した時から行方が分かっていない。今でもイスラエル国は、この箱を探している。

 さて、今の私たちにとって、この神の箱とは何か? そこには神と民との契約書が入っている。私たちにとっての契約、それはイエス・キリストと結んだ新しい契約である。その契約を覚える時が、聖餐式なのだ。私たちにとっての契約のしるし、それは箱ではなく、主の十字架である。

 私たちは、信仰によってイエスと新しい契約を結んだ。その信仰を目に見える形で現わすのが聖餐式なのだ。

 主の栄光の臨在(シャカイナグローリー)は、イエスの御名によって集まる中に、いつもあり続ける。


語られたこと

 私たちの集まりから、「主の栄光が去る」ことはない。聖餐式を行うたびに十字架を見上げ、主の栄光の臨在の中にあることを覚えていきたい。


祈り

天の父よ、あなたのご臨在を感謝します。あなたの栄光の臨在は、私たちから去ることは決しありません。私たちの集まりに、このシャカイナグローリーがいつも満ちていますように。

 主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン



閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年6月15日 サムエル記第一31章

サムエル記第一の最後の章は、サウル王の最期について語られています。 イスラエルの王サウルは、ペリシテ人との戦いで追い詰められ、彼の息子たちもこの同じ戦いで命を落とし、イスラエル軍は大敗してしまいます。そして、神さまに選ばれたイスラエルの王サウルは、自らの剣で命を絶つ道を選びました。 「サウルは道具持ちに言った。『おまえの剣を抜いて、私を刺し殺してくれ。さもないと、あの無割礼の者たちがやって来て、私

2024年6月14日 サムエル記第一30章

この章で目に留まったのは、「主によって奮い立つ」(6)というみことばだった。アマレク人に襲われて、街は焼かれ、家族も家畜もみな連れ去らわれたとき、ダビデの部下たちはダビデを石で打ち殺そうと言い出した。サウル王に追われ、逃げ回り、敵であるペリシテ人の地に住むことにすら従ってきた部下たちだった。戦い続きの上、その前の章ではペリシテ人の地に住むために、あやうく同胞をも襲わなければいけないような状況も味わ

2024年6月13日 サムエル記第一29章

29章は、ダビデが窮地に陥った時に主の不思議な摂理によってそこから抜け出ることができた事が記されています。 ダビデとその部下は、アキシュが率いる軍団に加わってその後に続いた。しかし、ペリシテ人の首長たちは、ダビデの一行と戦いに行くことを強く反対したのである。なぜならダビデが戦いの最中に心変わりして敵対することがあるかもしれないのでこの戦いから外してほしいことをアキシュに強く迫ってきたのである。 ア

Comments


bottom of page