• HCCnichigo

2020年10月13日ディボーション


旧約聖書:1サムエル記2章


長い間、不妊だったハンナさんは祭司エリの所へ行って神様に子どもが与えられるように祈りました。その結果、ハンナさんに子ども、サムエルが与えられました。

ハンナさんは喜び、神様を賛美している所から2章は始まります。ハンナさんはその喜びの気持ちで、息子のサムエルを祭司エリの所へ預けられ立派にサムエルは成長していきます。祭司エリさんの息子たちも同じように成長していきます。


●教えられたこと

神に祈って与えられたサムエルさんと、祭司エリの息子たちの対比です。お互いに同じ祭司エリさんから教育されましたが、何処かが違ったのです。

神さまを愛して生きる事は血筋や信仰によるのではなく、私自身、又あなた自身と天のお父様とのお付き合いによるのです。努力や修行によってではなく、神様から愛されていることに気付くことから始まります。その積み重ねが神様を大事にして、日々生きているかどうかに繋がります。 

 今回は、祭司の息子が裁かれて死んでしまいました。決して神様は私たちを裁こうとしてではなく、神の前に何時でも戻って来られるのを祝福を持って待っておられるのです。だから、ハンナさんやサムエルさんのように大胆に神様に近づきましょう。


●お祈り

天のお父様、私は、また自分たちにとって都合の良い方を選ぶのが好きです。 しかし、ここでは自分の都合で神を選んで生きた人が神様から離れて行きました。いつもあなたの愛に留まれるように助けて下さい。あなたの御言葉がなくては、祭司の息子たちと同じです。ハンナのようにいつも神様を賛美できるものと者になるよう助けて下さい。よろしくお願いします。イエス様の御名によってお祈ります。アーメン

14回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020年11月11日ディボーション

サムエル記 第一   31章 神から見放されたサウル王の最期 語られたこと: サウル王は最期の最期まで自分のプライドをすてきれずに、死ぬ間際までそれを通しぬいた。敵に打たれるよりは、味方の手にかかって死んだほうがましだと、道具持ちに自分を打ってほしいと懇願するが、それもできなくて最期は自分で剣をとりその上に倒れ込んだ。 サウルの心は完全に神から離れてしまっていた。 かっては、神から油注がれたサウル

2020年11月10日ディボーション

旧約聖書:1サムエル記30章 「神が共におられるとは」 サウル王のユダヤ人とペリシテ人最後の戦いが迫っていた。その時ダビデ一族はペリシテ人のアキシュの地を本拠地(ツィケラグの町)として暮らしていた。 ダビデはお世話になったアキシュからの願いでサウル王と戦う事になったが、他のペリシテ人の首長はそれを許さなかった。 それでダビデ達は自分たちの住んでいたツィケラグの町に帰ったら、驚くような事件が起きてい

2020年11月9日ディボーション

旧約聖書 サムエル記第一 29章 「ペリシテ人に信用されないダビデと神の御心。」 「あなたが私のところに来てから今日まで、あなたには何の悪いところも見つけなかったからだ。しかしあの領主たちは、あなたを良いと思っていない。」6節 ●学んだ事 以前は敵として戦っていたダビデを一年4ヶ月の間、僕として見てきたペリシテ人のアキシュ。彼の心はダビデの真っ直ぐな気持ちに動かされ、仲間としてダビデを向かい入れて