top of page
  • HCCnichigo

2020年10月11日ディボーション

使徒の働き1. 10章

【コメント】


 今まではユダヤ人(イスラエル人)だけに、イエス・キリストの福音が述べ伝えられ、異邦人には関係のない事でした。(自分たちは救われないものだと信じていました。)しかし、ここで神様の働きが起きます!なんと弟子のペテロの夢の中で神様が語りかけます。

11節~15節

 神様は夢の中で、きよくないとされていた動物をペテロに食べなさいと語ります。ペテロは困惑します。すると神様が「神がきよめたものを、きよくないと言ってはならない。」と言います。

しかしこの夢の理由が後からわかりました。清くない動物は、異邦人の事だったのです。清くない動物を食べるという意味は、異邦人にもイエス・キリストを受ける事ができる。ペテロに異邦人にも伝導しなさいという事でした。

なんと今こうやって私(異邦人)が聖書を読んでデボーションができるのもこの事がきっかけとなったからなんだと、神様のご計画に感動しました。


【祈り】

このイエス・キリストの愛がもっともっと多くの人に知ってもらって、沢山の人が救われますように。アーメン

閲覧数:20回

最新記事

すべて表示

2022年10月19日 ディボーション

使徒の働き28章 使徒の働き最後の章である。長い航海でいろんな危険を通ってきたパウロ達がたどり着いた所はマルタと呼ばれている島だった。航海中もパウロは主の名によって奇跡をおこした。そして、今度はこのマルタ島でもパウロ自身が一匹のまむしにかまれたのに何も起こらなかった出来事が述べられているのである。島の人々は、パウロを見て、「この人は神様だ」と言い出した。さらに、この島の長官であるプブリウスの父が、

2022年10月18日 ディボーション

使徒の働き27章 『難破船の276人の命』 ヨット遭難の経験がある。ワシントン州のリバティー湾で小さなヨットに乗っていた時に死 にかけた。しばらく帆走した後に風が強い日に帆を大きく張って出発してしまったので突風を 受けてあっという間に浸水して小さなヨットは逆さまになって自分は海に落ちた。沈(チン) してもセールを元に戻せる自信があって風の中を出発したのだが、2回ほどセールを戻そうと ヨットの下に突

2022年10月17日 ディボーション

使徒の働き26章 『パウロの証し』 パウロの証しの章です。パウロは、囚われた後、アグリッパ王に弁明する機会が与えられました。しかしその弁明のほとんどは、パウロ自らの証しとなっています。そしてその証しは、聞いているアグリッパ王を回心させようとするほどでした。 パウロの証しを手本に、証しの手順について考えてみました。 聴衆に対して敬意を表し、忍耐をもって聞いていただけるよう、お願いする(1—3) 自己

bottom of page