• HCCnichigo

2020年10月11日ディボーション

使徒の働き1. 10章

【コメント】


 今まではユダヤ人(イスラエル人)だけに、イエス・キリストの福音が述べ伝えられ、異邦人には関係のない事でした。(自分たちは救われないものだと信じていました。)しかし、ここで神様の働きが起きます!なんと弟子のペテロの夢の中で神様が語りかけます。

11節~15節

 神様は夢の中で、きよくないとされていた動物をペテロに食べなさいと語ります。ペテロは困惑します。すると神様が「神がきよめたものを、きよくないと言ってはならない。」と言います。

しかしこの夢の理由が後からわかりました。清くない動物は、異邦人の事だったのです。清くない動物を食べるという意味は、異邦人にもイエス・キリストを受ける事ができる。ペテロに異邦人にも伝導しなさいという事でした。

なんと今こうやって私(異邦人)が聖書を読んでデボーションができるのもこの事がきっかけとなったからなんだと、神様のご計画に感動しました。


【祈り】

このイエス・キリストの愛がもっともっと多くの人に知ってもらって、沢山の人が救われますように。アーメン

19回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020年10月31日ディボーション

サムエル記第一 18章~23章 ヨナタンとダビデの、つるまない友情 “聖書人名小辞典”には、3,500人の聖書に登場する人々が紹介されている。実際にはそれ以上なのだろうけれど、あまたいる登場人物の中で、ヨナタンほど無私で高潔で、神さまの愛をただただ従順に実践した人物はいないと思う(念のため、イエスさま以外で)。 「人が自分の友のためにいのちを捨てること、これよりも大きな愛はだれも持っていません。」

2020年10月30日ディボーション

サムエル記 第一 19、20章 ダビデとヨナタンの美しい友情 サウルはダビデを妬み、その思いは彼を殺意にまで至らせた。「妬み」という人の罪は、非常に恐ろしい。 しかし、そのようなダビデの危機迫る人生で、ダビデ自身を慰め、守ったのは、サウルの息子ヨナタンの存在であった。 18:1「ダビデがサウルと語り終えたとき、ヨナタンの心はダビデの心に結びついた。ヨナタンは、自分自身のようにダビデを愛した。」 1

2020年10月29日ディボーション

旧約聖書:1サムエル記18章 「神から離れない」 神から退けられたサウル王は、精神的に病んでしまったようだ。極度の不安症から妄想に取りつかれてしまった。 それは「災いの霊」(悪い霊:共同訳)がサウルに臨んだからだ。(18:10)。ここで、神からの霊が悪い霊? という疑問がわくが、この解釈についてはここで触れない。 精神病の原因のすべてが悪霊によるとは、決して言えない。しかしサウルの場合は、神から退

​【お問合せ先】

お問合せメール:

  ⇒「こちら」をクリックして下さい。

住所: 2207 Oahu Avenue, Honolulu, HI 96822  U.S.A.

 

電話:808-973-4335

© 2020 by Honolulu Christian Church Nichigobu . Proudly created with Wix.com