• HCCnichigo

2020年10月10日ディボーション

テモテへの手紙 第二 3章14~16節

けれどもあなたは、学んで確信したところにとどまっていなさい。あなたは自分がだれから学んだかを知っており、また、自分が幼いころから聖書に親しんできたことも知っているからです。聖書はあなたに知恵を与えて、キリスト・イエスに対する信仰による救いを受けさせることができます。

聖書はすべて神の霊感によるもので、教えと戒めと矯正と義の訓練のために有益です。

神の人がすべての良い働きにふさわしく、十分に整えられた者となるためです。


 使徒パウロから若いテモテに送られたこの手紙は、信仰継承とはいかなるものかを、私自身よくよく教えられる。テモテは、祖母ロイスと母ユニケに宿った同じ信仰を、彼自身も受け、養われて、キリストの弟子の道を歩んだ。(1章5節)

 そのような信仰を継承するテモテを導き、彼を働き人として立たせるのは、幼いころから親しんできた聖書である、とパウロは伝える。

 神の霊感によって記された聖書、それが私たちクリスチャンを建て上げ導く土台である。


 私自身も振り返ると、聖書を与えてくれた人、聖書のことばを説明してくれた人、聖書の感動を教えてくれた人(テモテにとってのおばあちゃんロイスやお母さんのユニケ、そしてパウロ先輩のような方々)を主は、私の人生に備えてくださっていた。

 今、そのような素晴らしい信仰の先輩方の顔が思い浮かぶ。そして、感謝が溢れる。主よ、感謝します!


 とこしえに変わらない聖書のみことばは、私を教え励まし、私を整え導いてくださる力として、今日もいつも、ともにあることに神の恵みを思わずにはおれない。


応答

天のお父様、

聖書を感謝します!私を聖書の祝福に導いてくれた信仰の先輩方の存在を感謝します。

聖書のみことばを、もっと知りたいです。聖書の力を、もっと体験したいです。ハレルヤ!アーメン!

21回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020年10月31日ディボーション

サムエル記第一 18章~23章 ヨナタンとダビデの、つるまない友情 “聖書人名小辞典”には、3,500人の聖書に登場する人々が紹介されている。実際にはそれ以上なのだろうけれど、あまたいる登場人物の中で、ヨナタンほど無私で高潔で、神さまの愛をただただ従順に実践した人物はいないと思う(念のため、イエスさま以外で)。 「人が自分の友のためにいのちを捨てること、これよりも大きな愛はだれも持っていません。」

2020年10月30日ディボーション

サムエル記 第一 19、20章 ダビデとヨナタンの美しい友情 サウルはダビデを妬み、その思いは彼を殺意にまで至らせた。「妬み」という人の罪は、非常に恐ろしい。 しかし、そのようなダビデの危機迫る人生で、ダビデ自身を慰め、守ったのは、サウルの息子ヨナタンの存在であった。 18:1「ダビデがサウルと語り終えたとき、ヨナタンの心はダビデの心に結びついた。ヨナタンは、自分自身のようにダビデを愛した。」 1

2020年10月29日ディボーション

旧約聖書:1サムエル記18章 「神から離れない」 神から退けられたサウル王は、精神的に病んでしまったようだ。極度の不安症から妄想に取りつかれてしまった。 それは「災いの霊」(悪い霊:共同訳)がサウルに臨んだからだ。(18:10)。ここで、神からの霊が悪い霊? という疑問がわくが、この解釈についてはここで触れない。 精神病の原因のすべてが悪霊によるとは、決して言えない。しかしサウルの場合は、神から退

​【お問合せ先】

お問合せメール:

  ⇒「こちら」をクリックして下さい。

住所: 2207 Oahu Avenue, Honolulu, HI 96822  U.S.A.

 

電話:808-973-4335

© 2020 by Honolulu Christian Church Nichigobu . Proudly created with Wix.com