top of page
  • hccnichigo

2020年8月23日ディボーション

更新日:2020年10月4日

ヨシュア記 14−17章 「くじ引きで相続地が割り当てられた」

語られた事。

8月になって、アメリカでは多くの学校が新学期を迎えました。新学期と言えば、どんなお友達とクラスが一緒になるのかと言うのが大きな関心ごとの一つです。私が通った学校ではくじで座る場所が決められた事を覚えています。嫌な人が隣になった時には憂鬱な気分になりました。皆様はどんな経験をしましたか?

ヨシュアはカナンの地に入り、それぞれの部族に土地を与える際に、神様から語られた通りくじを使って割当地を決めました。

しかし17章14節にあるようにヨセフの子たちはくじで決まった場所に対して文句を言います。「割当地が狭い!」(自分たちでどうすれば良いか考えたのか?)「山を切り開くだけでは足りない!」(まだ切り開いてもいないくせにそんな事を言っている、、、)「敵は鉄の戦車を持っています」(それに対して作戦は立てたのか?神に祈ったのか?)などなど、、、与えられた場所で行動する前に自分の憶測だけで不満を言っている。

私も席替えの時は同じだったのだと思いました。

くじを引いた結果は神様があらかじめ定められた事に従っている、そこに不平を言う理由は無いと聖書の注釈書には述べられています。

日々、様々な選択肢を迫られることがありますが、それは神様が私たちに与えてくれた「くじ」の如く、私の為に神様が用意してくださったチャンスと考えて歩んで行きたいと思いました。

祈り。

天の父なる神様。

今日、このハワイの地に貴方が導いてくださった事を感謝いたします。何故この土地に私が与えられたのか、全ての貴方の計画はまだ分かりません。しかし貴方の御旨であり、貴方のご計画の一つとして私が用いられる為にここにいる事は確かです。どうぞこれから貴方のご計画を示してください。貴方の御手として用いられるような人格に育てて下さ

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年3月11日 ヨシュア記24章

『真の謙遜』 ヨシュア記最後の章を迎えました。彼はイスラエルの全部族をシェケムに集め、そこで最後のメッセージを語ります。シェケムは父祖アブラハムがカナンに入った時、最初の祭壇を築いた場所です(創12:5‐7)。それは父なる神から、土地の約束をいただいた場所です。イスラエルの民にとって非常に感慨深い場所だっただろうと思います。 そのような場所でヨシュアは、イスラエルの神が彼らや彼らの先祖のために成さ

2024年3月10日 ヨシュア記23章

『ヨシュアの遺言書』 ヨシュア記13章では、ヨシュアが年を重ねて老人になっていたが主の呼びかけはまだとどまらなかった。だが、この23章ではヨシュアはついに本当に老人になっていたので、主の呼びかけはなかった。そして、23章から終わりの章まではヨシュアの遺言書とも言われている。 ヨシュアは全イスラエルの指導者たちを集め、自分の死後にイスラエルの民がどう生きるべきかを諭すのである。 その諭しとは、主がな

2024年3月9日 ヨシュア記22章

22章は、ヨシュアがルベン人、ガド人、マナセの半部族に対して語る場面から始まります。 5節「ただ、主のしもべモーセがあなたがたに命じた命令と律法をよく守り行い、あなたがたの神、主を愛し、そのすべての道に歩み、その命令を守り、主にすがり、心を尽くし、いのちを尽くして主に仕えなさい。」 そして、祝福をうけたルベン族、ガド族、マナセの半部族は、イスラエルの子らと別れ、主の命によって彼らが得た自分の所有地

Comentários


bottom of page