top of page
  • hccnichigo

2020年7月31日ディボーション 

更新日:2020年10月4日

ピリピ人への手紙 3章 13ー21節


貴方の国籍は今どこへ?


語られたこと。

「もちろん、日本国籍ですよ。」「アメリカですよ」とハワイでは色々な答えが返ってきそうな質問です。長年聖書を読んでいる方には馴染みの深い場所ですが、クリスチャンの私たちの国籍は、そうです天にあります。(20節)

パウロはこの時代にあったエピクロス派と言う哲学の考え方とキリスト教の考え方の対比をこの章の中で具体的に説明しています。エピクロス派は食べたり、飲んだりする事の快楽を提唱していました。でも食べたり飲んだり毎日するけど消化したら直ぐにまた食べたくなります。人間の肉は食べることを追い求めるきりのない欲望の塊です。若かりし頃、私も無性にケーキが食べたくなって10個ぐらい一度に食べてしまった事があります。でも直ぐにお腹は空きました。その時は肉に重きを置いているといつまでも満たされないと理解していませんでした。残ったのは体内脂肪だけでした。(笑)

国籍を天に置くとうことは、天に住うに値する人になる、霊をその場に値するように磨く必要があると思います。そのためにパウロも「後ろのものを忘れ、前のものに身を伸ばし」(13節)「目標を目指して走っているのです」(14節)とピリピの人へ語っています。人に教えを説くパウロでさえもまだ目標に達していないと話します。それなら私は登山で言ったらまだ入山口の付近をうろうろしているだけかもしれない。

イエスを追い求めて追い求めすぎる事は無い。クモの糸のカンダダのように後ろを振り向いて暗闇に落ちないように、一歩ずつでも全身するために毎日御言葉に耳を傾け、天の国籍パスポートを来るべき日にもらえるように歩んで行きたい。


祈り

天の神様。今日もこのように静かな朝に貴方の御言葉に触れる時間を与えてくださりありがとうございます。私たちの国籍は天にあります。しかし、その国籍に見合う人格にどうぞ私を作り替えて下さい。アーメン。

閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2023年3月27日 ディボーション

ピリピ人への手紙 4章 『いつも主にあって喜びなさい』 アイゾン直子 ピリピ人への手紙は、エペソ人への手紙やコロサイ人への手紙、そしてピレモンへの手紙と同じく、パウロがローマの獄中から書いた手紙です。しかし彼の場合、獄中と言っても、牢屋の中で鎖に繋がれていたわけではなく、番兵付きでしたが、一人で住むことが許され、また訪問客が出入りする自由も与えられていたと言います。パウロは獄中にてキリスト者迫害の

2023年3月26日 ディボーション

ピリピ人への手紙 3章 「私たちの国籍は天にあり。」 この御言葉はクリスチャンなら誰もが口にするほど有名な聖句である。今は、召された信仰の大先輩である姉妹もいつも口にされていた聖句であった。その聖句を口にされた時の姉妹の顔は、いつも喜びに満たされて美しさで溢れていた。小さな体にバックパックを背負って、色褪せた白い帽子をかぶり、運動靴を履き、ひょっこりと私の仕事場に来られて、さらりと聖書の御言葉で綴

2023年3月25日 ディボーション

ピリピ人への手紙 2章 『イエスの心を心とせよ』 確かにパウロの心は喜びで溢れている。獄中にあるというのに、嬉々としてイエスさまを喜んでいる。しかし2節から4節を実行するのは並大抵ではない。 「あなたがたは同じ愛の心を持ち、心を合わせ、思いを一つにしてください。何事も利己的な思いや虚栄からするのではなく、へりくだって、互いに人を自分よりすぐれた者と思いなさい。それぞれ、自分のことだけでなく、ほかの

Comments


bottom of page