ディボーションの分かち合いガイド

私はあなたのみことばが見つかったとき、それを食べました。

そうして、あなたのみことばは、私にとって楽しみとなり、心の喜びとなりました。

エレミヤ書1516

●ご一緒に、ディボーション&分かち合いをしませんか?

みことばは、霊の糧です。私たちは生きていく上で肉の糧が必要なように、霊の糧も必要な存在です。

この日々の糧を、神の家族である皆さんと一緒に味わうことをしたい!という思いで、始めていきたく願います。

●皆さん全員が参加の対象者です!

 そもそも「ディボーションとは何か?」、「実際、どのようにするのか?」知りたいという方は、下記の「ディボーションの手引き」をご覧ください。

 あくまでも、これは「学び」ではありません。「恵みの分かち合い」です。ですから、正解や間違いはありません。自由に自分自身が響いた箇所や感じたことを分かち合える場としてオープンしたいと思います。決して互いを評価、または裁くことをせずに、恵みとして共有する喜びを体験しましょう。匿名希望の方は、匿名で参加もできます。

 用語の意味や解説を知りたい、という方は、個人的に牧師まで聞いていただいても良いですし、『聖書辞典』や『注解書』も紹介できますので遠慮なく仰ってください。

 下記のフォームを参考に、参加していただけたら感謝です。


ディボーション手引き HCC
.pdf
Download PDF • 57KB

●聖書箇所と文量について

 聖書箇所は、ホノルル教会の通読箇所、あるいはお好きな箇所をお選びください。特に指定はありません。もちろん文量も自由です。

●配信方法と頻度

 現在、ブログでの配信を検討しております。参加される方々のご意見も聞きつつ、皆さんが一番安心して参加できる方法で配信したく願っています。

 頻度としては「一日一章(毎日更新)」を目指しておりますが、参加者の人数と状況に合わせて、無理のないように配信していけたらと思っております。

 初めての試みですので、とにかく一度やってみよう!という気持ちです。

参加希望の方は、高木(808-219-4349または、makito1224@gmail.com) または、綾子さん( 808-388-6574 または、ayahawaii@me.com )までご連絡ください。

「最初は誰かと一緒にディボーションをしてみたい!」という方もご連絡いただけたら嬉しいです。

ともにみことばの糧を味わいましょう!


閲覧数:14回

最新記事

すべて表示

使徒の働き13章 『パウロとバルナバ』 日本の友人の中で、パウロは大嫌いという者が二人おります。一人は聖書をもっと深く学ぼうと独学でギリシャ語からヘブル語までマスターしました。彼の語学の知識には脱帽せざるを得ません。キリストの教えをパウロ風に解釈したと言うのです。もう一人の人も今のキリスト教はパウロ教だと決めつけていて、本来の主イエスの教えと異なっていると主張してパウロ嫌いなのです。少し前の関先生

使徒の働き12章 『祈ることの大切さ』 アンテオケ教会からエルサレム教会へ物資等が送られ、義援金が集められていた頃、ヘロデ王は教会を抹殺しようと、使徒たちへの迫害を始めました。そこで、最初の殉教者となったのが、ヨハネの兄弟であるヤコブでした。彼は、ゼベダイの子で、その兄弟ヨハネと共に、雷の子という名が付けられた人です(マルコ3:17)。ヤコブの処刑は、ユダヤ人たちを喜ばせました。そしてそれを知った

使徒の働き11章 異邦人たちも神のことばを受け入れたことを耳にした使徒たちとユダヤにいる兄弟たちは、興奮して喜んでくれるかと思いきや、ペテロがエルサレムに上って来たときに非難したのである。彼らがペテロを非難したのは、割礼を受けていない者たち、つまり異邦人たちのところに行って、食事をしたということにこだわったのである。兄弟たちは、事情を知らなかったので、古い習慣で異邦人を差別してはならないということ