• HCCnichigo

ディボーションの分かち合いガイド

私はあなたのみことばが見つかったとき、それを食べました。

そうして、あなたのみことばは、私にとって楽しみとなり、心の喜びとなりました。

エレミヤ書1516

●ご一緒に、ディボーション&分かち合いをしませんか?

みことばは、霊の糧です。私たちは生きていく上で肉の糧が必要なように、霊の糧も必要な存在です。

この日々の糧を、神の家族である皆さんと一緒に味わうことをしたい!という思いで、始めていきたく願います。

●皆さん全員が参加の対象者です!

 そもそも「ディボーションとは何か?」、「実際、どのようにするのか?」知りたいという方は、下記の「ディボーションの手引き」をご覧ください。

 あくまでも、これは「学び」ではありません。「恵みの分かち合い」です。ですから、正解や間違いはありません。自由に自分自身が響いた箇所や感じたことを分かち合える場としてオープンしたいと思います。決して互いを評価、または裁くことをせずに、恵みとして共有する喜びを体験しましょう。匿名希望の方は、匿名で参加もできます。

 用語の意味や解説を知りたい、という方は、個人的に牧師まで聞いていただいても良いですし、『聖書辞典』や『注解書』も紹介できますので遠慮なく仰ってください。

 下記のフォームを参考に、参加していただけたら感謝です。


ディボーション手引き HCC
.pdf
Download PDF • 57KB

●聖書箇所と文量について

 聖書箇所は、ホノルル教会の通読箇所、あるいはお好きな箇所をお選びください。特に指定はありません。もちろん文量も自由です。

●配信方法と頻度

 現在、ブログでの配信を検討しております。参加される方々のご意見も聞きつつ、皆さんが一番安心して参加できる方法で配信したく願っています。

 頻度としては「一日一章(毎日更新)」を目指しておりますが、参加者の人数と状況に合わせて、無理のないように配信していけたらと思っております。

 初めての試みですので、とにかく一度やってみよう!という気持ちです。

参加希望の方は、高木(808-219-4349または、makito1224@gmail.com) または、綾子さん( 808-388-6574 または、ayahawaii@me.com )までご連絡ください。

「最初は誰かと一緒にディボーションをしてみたい!」という方もご連絡いただけたら嬉しいです。

ともにみことばの糧を味わいましょう!


7回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年2月24日 ディボーション

歴代誌 第一  9章 ●語られたこと: バビロン捕囚から解放されて70年後に帰還して、それぞれの所有地に最初に住み着いたのは、イスラエルの人々、祭司たち、レビ人および宮のしもべたちであった。エルサレムには、ユダ族、ベニヤミン族、エフライムおよびマナセ続の者が住んだ。その系図が述べられている。そして、彼らのそれぞれの働きがここに詳細にのべられている。 門衛、主の宮の器具の管理、安息日にパンを用意する

2021年2月23日ディボーション

旧約聖書:1歴代誌8章 「ベニヤミンの系図」 ●ベニヤミンはヤコブ(イスラエル)の12番目に生まれた末っ子です。 その子孫の名がこの8章では述べられています。 ベニヤミン族はサウル王の家系でもあります。 しかもベニヤミン族はサウル王の不始末により、消滅しかかりました。(2サムエル記9章) しかしユダ族の王、ダビデの寛容によりわずかな人たちが残り、イスラエルが分裂した時には、南ユダ王国側に統合され、

2021年2月22日 ディボーション

歴代誌 第一 7章 『ヌンの子ヨシュア』 ●語られたこと: 第7章もヤコブの12人の子供達のうちの一部の家系が登場する。その中でも11男ヨセフの子供達の話に心引き寄せられた。なぜならエゼルとエルアデは家畜を奪おうとして殺されている。(21節)しかし、その後に続く人々の中からヌンの子ヨシュアが登場する(27節) ここで二つの事を考えた。まず一つ目。ヤコブの家族は主に祝福されていて、家畜を奪わなければ

​【お問合せ先】

お問合せメール:

  ⇒「こちら」をクリックして下さい。

住所: 2207 Oahu Avenue, Honolulu, HI 96822  U.S.A.

 

電話:808-973-4335

© 2020 by Honolulu Christian Church Nichigobu . Proudly created with Wix.com